SNOW BLIND WORLD - 2008/09

SNOW BLIND WORLD
カテゴリ
SNOW BLIND WORLD
SNOW BLIND WORLD/一覧 (2841)


楽天市場最大の品揃え!
ロックTシャツ専門店!?
ラスティエンジェル
ラスティエンジェル



2008年9月
 
       

新着エントリ
FRANZ FERDINAND 来日決定! (10/27)
CRADLE OF FILTH 来日決定! (10/16)
Louisiana Rain 〜 Tom Petty (10/3)
DREAM THEATER at 豊田市民文化会館 ライヴレポ (9/12)
MAYHEM at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (9/6)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(後半) (9/1)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(前半) (8/31)
ザ西院フェス2017 ライヴレポ (8/25)
MUSE 来日決定! (8/24)
MICHAEL MONROE 来日決定! (8/2)
KRANG at Hikone Cocoza ライヴレポ (7/27)
サマソニタイムテーブル発表! (7/19)
RUINS ALONE at ダンスホール紅花 ライヴレポ (7/13)
Hot Motto Gumbo 2017 at 西部講堂 ライヴレポ!? (7/4)
PRAYING MANTIS & LIONHEART at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (7/3)
PAUL SHORTINO at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (6/23)
REVELLERS at Hikone Cocoza ライヴレポ (6/20)
DREAM THEATER 来日決定!  (6/19)
MUTATION来日決定! (6/7)
MAYHEM来日決定! (6/1)
CAROUSEL KINGS at 彦根Cocoza ライヴレポ (5/25)
IZZY BIZU at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (5/24)
DEVIL SOUND MANIA Vol.4 ライヴレポ (5/2)
START AT ZERO at 彦根COCOZA ライヴレポ (5/1)
NORAH JONES at 名古屋センチュリーホール ライヴレポ (4/28)
サマソニ日割り&追加発表! (4/20)
PAUL SHORTINO 来日決定! (4/11)
PUNKSPRING 2017 FINAL KOBE ライヴレポ (4/7)
#lovefighters (3/31)

新着トラックバック/コメント





ヤングミセスの下着ショップ
「VIECET」

アーカイブ
2006年 (152)
9月 (22)
10月 (47)
11月 (29)
12月 (54)
2007年 (638)
1月 (75)
2月 (58)
3月 (76)
4月 (45)
5月 (41)
6月 (29)
7月 (76)
8月 (53)
9月 (56)
10月 (44)
11月 (43)
12月 (42)
2008年 (417)
1月 (50)
2月 (41)
3月 (36)
4月 (39)
5月 (39)
6月 (34)
7月 (41)
8月 (34)
9月 (44)
10月 (11)
11月 (21)
12月 (27)
2009年 (458)
1月 (35)
2月 (31)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (42)
6月 (43)
7月 (37)
8月 (39)
9月 (43)
10月 (44)
11月 (42)
12月 (35)
2010年 (317)
1月 (35)
2月 (28)
3月 (20)
4月 (28)
5月 (32)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (30)
12月 (23)
2011年 (238)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (14)
4月 (23)
5月 (28)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (13)
10月 (13)
11月 (9)
12月 (9)
2012年 (146)
1月 (11)
2月 (16)
3月 (15)
4月 (12)
5月 (12)
6月 (14)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (12)
11月 (13)
12月 (13)
2013年 (137)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (10)
4月 (13)
5月 (17)
6月 (11)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (12)
10月 (9)
11月 (10)
12月 (15)
2014年 (103)
1月 (16)
2月 (10)
3月 (7)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (7)
7月 (10)
8月 (9)
9月 (7)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (6)
2015年 (97)
1月 (15)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (9)
8月 (10)
9月 (3)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (5)
2016年 (93)
1月 (11)
2月 (4)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (7)
6月 (7)
7月 (8)
8月 (6)
9月 (8)
10月 (7)
11月 (7)
12月 (10)
2017年 (45)
1月 (5)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)


アクセスカウンタ
今日:382
昨日:747
累計:6,048,397


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年09月30日(Tue)▲ページの先頭へ
ドリームガールズ

中途半端に遅ればせながら映画「ドリームガールズ」を

観ました。

私、どうも黒人の顔の見分けが付かないみたいです。

みんな同じ顔に見えてストーリーがなかなか把握できなかった。

まあ、ストーリーはたいしたことないからいいんだけど、

これだけソウルミュージックを聴かされるとお腹いっぱい。

途中から完全に飽きてしまった。

眠いのなんのって・・・。

途中何度か寝てしまっていた。


ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション(2枚組)(DVD) ◆20%OFF!

ビヨンセの歌よりもジェニファー・ハドソンの声量の

凄さが圧巻。

上手いな〜というよりもうるさいぐらい。

ブラックミュージックは本来嫌いじゃないけどこの映画の

曲は魂を揺さぶられるようなものはなかった。

この映画にはブルースを感じないんだな〜。


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」






  

2008年09月28日(Sun)▲ページの先頭へ
SAXON情報

メタル界でいえば大ベテランの風格さえあるのに、

コツコツと地道な活動に好感の持てるSAXON。

どうやら新作が出来上がったみたいです。

リリースは来年の1月だとか・・・。

ってことは来年また来日公演してくれるかも。

5月のライヴの時、ビフが言ってくれてた

「次のアルバム出したらまた会おうねね〜」

こんな感じのことを・・・。


SAXON

これ↑シングルカット曲。

ジャケットがいつものようにいい感じだ!

10月17日リリースらしい。

"Live To Rock"だなんてまさにSAXONらしいね。

私もLive To Rockだよ〜。

アルバムタイトルは「Into The Labyrinth」

収録曲は下記の通り。

01. Battalions Of Steel
02. Live To Rock
03. Demon Sweeney Todd
04. The Letter
05. Valley Of The Kings
06. Slow Lane Blues
07. Crime Of Passion
08. Premonition in D Minor
09. Voice
10. Protect Yourselves
11. Hellcat
12. Come Rock Of Ages (The Circle Is Complete)
13. Coming Home (Bottleneck Version)



♪ロックTシャツ/バンドTシャツ♪  サクソンTシャツ


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  


2008年09月27日(Sat)▲ページの先頭へ
WiLDHEARTS情報!!

ワイルドハーツ来日まであと2ヶ月!!

ということで、ロンドン、ヘルシンキでの

15周年ライヴのセットリストはこちら。

1部
GREETINGS FROM SHITSVILLE
TV TAN
EVERLONE
SHAME ON ME
LOVESHIT
MILES AWAY GIRL
NEWS OF THE WORLD
DRINKING ABOUT LIFE
MY BABY IS A HEADFUCK
SUCKERPUNCH
LOVE U TIL I DON'T

2部
DANGERLUST
SHOW A LITTLE EMOTION
DOWN ON LONDON
GIRLFRIEND CLOTHES
CAFFINE BOMB
SHUT YR FUCKING MOUTH AND USE YR FUCKING BRAIN
AND THE BULLSHIT GOES ON
BEAUTIFUL THING YOU
TWO WAY IDIOT MIRROR
29 X THE PAIN

2部構成になってるんだ・・・。

全部で21曲も演ってくれているぅ。

しかも、初期のマニアックな曲まで網羅して。

たっぷり2時間は演りそうだな。

こいつぁ〜たまんね〜ぜぇ〜。


ヘルシンキでのライヴ模様

THE WILDHEARTS "Loveshit"



WILDHEARTS


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」






  


WRATHCHILD

WRATHCHILDをご存知だろうか!?

80年代半ばに活躍(そんなにでもない)したバンド。

UKのヴィジュアル系グラムメタルなのかな。

デビューは1984年ごろだったと思う。

当時、輸入盤しか発売されてなく、彦根には輸入盤を

扱うレコード店が無かったので京都まで買いに行った

記憶がある。

ケバケバしいジャケットデザインで、中から出てきた

のは色鮮やかな緑色の塩化ビニールLP。

これが一部のマニアの間では名盤といわれた

「STAKK ATAKK」

WRATHCHILD

これはジャケット裏面。


演奏がハンパじゃなく下手、歌も下手。

だけど、曲がカッコイイ!!

ポップでキャッチーなバッドボーイズロックンロール。

KISSとHANOI ROCKSを掛け合わせたような感じ。

見た目は44マグナム。(これも懐かしい)

爆弾にやられたのかと思うほど爆発したブロンドヘアー。

ビッシリ鋲打ちレザージャケットにピッタリ革パン、

露出度高めのグラマラスなファッション。

当時高校生だった”チェリーボーイロッカー”の私は、

そんなグラマラスなWRATHCHILDに入れ込んでいた。

セカンドアルバムは国内盤が出るものの、その後2枚は

国内発売なし、泣かず飛ばずで消えていった。

そんなWRATHCHILDのLIVE DVDが出ている。

何年も前から目はつけていたんだけど、amazonでは

リージョン1となっていたので買うのをためらっていた。

パソコンでもいいから観たいという想いがつのって

とうとう購入することに・・・。

注文から商品到着まで2ヶ月以上かかったけど、

先日ようやく商品到着!

WRATHCHILD「LIVE IN LONDON」

実際はリージョン・フリーでした。

ウチのDVDプレイヤーで見ることができた。

時々こうゆうことがあるから不思議だ。

内容は1984年のロンドンでのライヴ。

お粗末な演奏と安っぽいロケンロール。

その上、音のバランスが非常に悪い。

カメラワークもチョー下手。

すべての面で最悪なLIVE DVDなんだけど・・・。

なんだろう!?何なんだ!?

この胸がキュンとなるこの感覚は!?

在りし日の青春を思い出させる色褪せたR&R。

私にとって思い出のロックンロールなのだ。

Do You Remember!?


WRATHCHILD "Kick Down The Walls"



WRATHCHILD


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

情熱の赤

情熱の赤〜、哀愁の青〜♪

今混ぜながら夢の世界へ〜♪

あ〜そこから先は〜♪

You Make Me Feel Good!

なんて鼻歌まで飛び出す情熱の赤パンツ



新作!メンズスーパーローライズボクサーパンツ

ただいま生産中です。

今回は生地にサテンパワーネットを使ったから

締め付けるような履き心地がFeel Good!

股上浅すぎてゴメンナサイ!

男の勝負下着といったところかな。

連戦連勝を祈る!


販売はもうしばらくお待ちください。


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月26日(Fri)▲ページの先頭へ
セクシービキニオークション開催!!



SWEET LEAFマイクロビキニ(ローライズ)

PIGマイクロビキニ(ローライズ)

POPマイクロビキニ(Tバック)

カーナルスパーオークション開催中

1円スタート!!

送料・代引き手数料 コミコミ

だから、絶対お得!!

10月5日午後10時まで



SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

将軍様

平成の時代にもはや将軍なんて呼ばれている人は

金正日しかいないんじゃないかな!?

そんな将軍様を意識したのかしてないのか、

TRIVIUMの新作タイトル「将軍 SHOGUN」

よくぞこんなダサかっこ悪いタイトルを選んだもんだ。

インナースリーブの絵はとんでもないことになっている。

このタイトル以上にダサさ満点なのだ。


トリヴィアム/将軍(CD)

昨夜はかなり聴きこんだ。

70分にも及ぶ音の洪水に溺れた。

ぎっしり隙間無く音が詰め込まれているのだ。

一分の隙もない。

これがメタル・コアの特徴なのか!?

聴き続けていると相当疲れる。

TRIVIUMはキイチ君の個性的なヴォーカルが特徴。

個人的にはキイチ君の物凄く苦しそうなデス声が

ちょっと苦手。

いや、かなり苦手。

全編クリーンヴォイスで歌ってくれたほうが断然良い

と思うのは私だけかな・・・。

決してデス声が嫌いな訳じゃないんだけど・・・。

むしろ、ダートラのミカエルなんて大好きな声。

なんだか否定的なことばかり言ってるけど、

今回の「将軍 SHOGUN」は嫌いじゃないです。

いや、むしろ好きかも。

複雑な楽曲、メランコリックなヴォーカルメロディー、

メロディアスなギターソロ、どれをとっても好み。

様式美に彩られ、これぞヘヴィー・メタルというような

まさに王道を貫く楽曲なのだ。

あとはデス声だけなんとかして欲しいな〜。

聴いてるとなんだかキイチ君が内蔵吐き出すんじゃ

ないかなと心配になってくる。

普通に歌ってくれていんだよ〜。


TRIVIUM "Kirisute Gomen"



トリヴィアムTシャツ

  



SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月25日(Thu)▲ページの先頭へ
SEXY GIRL 蓮ちゃん

お釈迦様が生まれた時、その歩いた足跡に

蓮の花が咲いたといわれる極楽浄土の象徴、

蓮の花

そして、その蓮の花の上でのご一声が

「天上天下唯我独尊」

この意味は

「この世の中で私が一番偉い!」

ではなく、

「世の中の全てのものは尊い存在である」

ということらしい。

お釈迦様の言葉、ありがたや〜。


そんな蓮の花を思わせる名前の西音寺蓮ちゃん。

実際はワイルドなセクシーガールなのだ。

今回、我がブランド「SNOW BLIND」を纏っていただいた。

撮影カメラマンはennzoさん。


西音寺 蓮 フォトギャラリーへ画像クリック


ちなみに蓮の花言葉は、

「雄弁」「休養」「沈着」「神聖」

「清らかな心」「離れゆく愛」

やはり神聖なのだ。

ありがたや〜。




SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

「LIVE IN THE LBC」A7X

アヴェンジド・セヴンフォールド(以下A7X)のLIVE DVD

LIVE IN THE LBCが完璧すぎる。

完璧すぎて不満だ!!

AVENGED SEVENFOLD Live in the LBC & Diamonds in the Rough
アヴェンジド・セヴンフォールド Avenged Sevenfold
Live In The LBC & Diamonds In The Rough (w/DVD)


完璧ならいいじゃないか!?

いや、違う!!

こんな完璧なLIVE DVDはありえない。

ライヴならではの臨場感がまったく無いのだ。

音が物凄く綺麗で、各楽器のバランスも完璧。

コーラスの入れ方も抜群。

スタジオ録音かと思うくらいなのだ。

相当録り直しをしたんだろうな〜。

IRON MAIDENなんか、まったく手を加えず

LIVE DVD出しているというのに・・・。

AVENGED SEVENFOLD
    "Beast and the Harlot"



この曲はサビ部分の息継ぎがするタイミングが無い。

それを完璧に歌いこなしている。

サマソニで2年連続で観たけど、こんな風には歌えてなかった。

コーラスも然り。

う〜ん、だけどこれいい曲だな〜。

独特のメロディ・センスを持ってるな〜。

他の曲もいいぞ。

どれをとってもいい曲ばかりじゃないか。

パフォーマンスもかっこいい。

さすが地元でのLIVEということでオーディエンスの

盛り上がり方も尋常じゃない。

やっぱりこのLIVE DVD良い出来栄えなんじゃないか。

まったく不満が無い!!

A7XのLIVE IN THE LBC最高じゃないか!!

あれ、結局結論はこうなってしまうのか。

10月の名古屋単独公演行きたくなってきた。

アヴェンジドセヴンフォールドTシャツ

  

  




SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月24日(Wed)▲ページの先頭へ
「DEATH MAGNETIC」METALLICA

ようやくamazonから届いたメタリカの新譜。

「DEATH MAGNETIC」METALLICA


メタリカ(輸入盤) METALLICA / DEATH MAGNETIC

ジャケットが凝っていてくり抜かれているタイプ。

歌詞カードも全てくり抜かれている。

この作業に手間取ってなかなか届けられなかたんだな。

まあ、手の凝ったことしてくれているけど、今回の

メタリカの楽曲も手が込んだものになっている。

なんせ、1回聴いただけでは良いのか悪いのかわからない。

そんでもって、かれこれ5〜6回聴いたけどまだわからない。

だけど、これだけは言える。

ギターソロがたくさん入っていて、どれもいい!!

カークの真骨頂を見た思いがする。

速い曲も何曲かあるけど、ジェイムスの唄い方が昔の

ような吐き捨て型じゃなく、ちゃんと唄おうとしているのが

歯痒い感じがするんだな〜。

バラードやミドルテンポの曲はそれでいいんだけど、スピードの

ある曲は昔のような吐き捨て型ヴォーカルを求めてしまう。

これが、オールドメタリカファンの嘆きなのかも。

聴き込めば今のメタリカの良さがもっとわかるのかな。

噛めば噛むほど味の出るスルメ盤かもしれない。

しかし、スルメを噛んでもどんどん味がなくなっていくと

思うのは私だけ!?

スルメ盤の定義に疑問だ〜。


METALLICA「Death Magnetic」


メタリカTシャツ

  

  

  

 





SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」






  

2008年09月22日(Mon)▲ページの先頭へ
スラッシュドミネーションLIVEレポ(2日目)その2

いよいよLIVE本編のレポです。

開演時間ピッタリに幕が落とされ出てきたのは

おデブちゃん2人を擁したFORBIDDEN。

私は右側のスマートな方のギタリスト前で観戦。

アームを駆使したテクニカルなギターを観たかった

のに、おデブちゃんヴォーカルがやたらと私の前に来る。

ブヨブヨの肉が醜いことこの上ない。

だけど、歌の上手さは絶品!!

伸びやかなハイトーンシャウトもほぼ完璧にこなしてた。

見せ場である"STEP BY SETP"のとき、サビを客席に

歌わせるためマイクを突き出す二の腕がブヨンブヨンと

揺れていたのにはマイッタ!!

かっこいい曲なのに、このルックスじゃ台無しだ〜。

もう1人のギターのおデブちゃんはお腹の上でフライングV

を弾くというロック史上最もかっこ悪い姿。

だけど、FORBIDDENの両ギタリストのテクニックは最高!

アームを多用したハモリ、ユニゾンも完璧で、メロディアスかつ

テクニカルなギターに大満足でした。

スペシャルゲストに元FORBIDDEN,SLAYER,

現TESTAMENTのポール・ボスタフが3曲ほどドラムを

叩いてくれた。

これが今のドラマーの立場が無くなるほど凄かった。

ステージ脇で座って見ていたドラマーさんが心なしか

寂しげに見えた。

そして、この日はサプライズが!!

ヴォーカルでぶの誕生日だったのだ〜。

TESTAMENTのチャックがケーキを持って乱入。

チャックの音頭でみんなでHAPPY BIRTHDAYを歌った。

なぜかヴォーカルでぶはケーキに灯されたローソクを

吹き消さなかった。

このデブ、行動が読めない。

なんやかんやで楽しいいFORBIDDENでした。

曲はいい!演奏もいい!あとはルックスだけ・・・。

FORBIDDEN


続いてはVOIVODの登場。

このバンドのギタリストもおデブちゃんだった〜。

フワフワカールのブロンドヘアーは物凄く綺麗なのに

いかんせんおデブちゃんなのだ〜。

レスポールをお腹の上で弾くという、ロックでは

あってはならない奏法なのだ。

しかも最近、新加入したばかりと言うではないか。

即刻ダイエットをしていただきたいものです。

このバンドの予備知識はまったく無かったけれど、

ヴォーカルの表情で客を煽るという顔芸にかけた

芸人魂に惹かれて楽しいライヴでした。

途中、日本語タイトルの"TATSUMAKI"では何度も

「タ・ツ・マ・キ〜」と叫んで変な顔で笑わせてた。

ヴォーカルのアクションもちょっとヘンテコだった。

曲はまったく知らなかったけど、複雑な展開が多くて

ちゃんと聴いたらいい曲なんだろうな〜と思う。

CD買ってみるか・・・いや、お金が無い。

最後に、先日亡くなったリック・ライトに捧げると

言ってPINK FLOYDの"ASTRONOMY DOMINE"を演奏。

これには鳥肌が立った。

目頭熱くしながらヘドバンで応酬してやった。

本当はヘドバンするような曲ではないんだけど。

VOIVOD


というわけで、ここまでおデブちゃん率の高い今年の

スラッシュ・ドミネーションだけど、大トリもデブだ!

そう、TESTAMENTの登場なのだ。

これはアレックスのギターを間近で観たいからと、

ステージ左のモニターアンプの無い最前2列目を確保。

この、モニターアンプの無い場所というのが重要。

必ずこの場所でギターソロを弾いてくれるから。

だけど、この場所もかなりの割合でチャックに取られてた。

このおデブチャックを下から見上げると相当デカかった。

最近お気に入りのデス声も交えながらの表現力豊かな

ヴォーカルは最高なんだけど、見た目が怖い。

アレックスのギターは文句無し!!

前日はトラブルが多かったみたいだけど、この日は

ご機嫌な感じで、楽しそうにギターを弾きまくっていた。

もちろん、お得意のスウィープを多用したソロは完璧。

まめにコーラスも入れていた。

"Apocalyptic City"では、チャックがギターソロ後の

歌い始めを間違って見失ってしまったところをアレックスが

ちゃんとフォローして歌っていた。

この時のチャックのオロオロした姿が笑えた。

アンコールではチャックが「ステージに上がれ!」と

煽るもんだから、お言葉に甘えてステージに上がらせて

いただいた。

何人かステージに引っ張り上げたりしながら気が付くと

もうステージは何十人も上がってきて、ヘドバンとモッシュ

でわやくちゃでんがな〜って感じ。

私はチャックと肩組んで"Disciples Of The Watch"を

歌ったりヘドバンしたり。

汗だくのチャックの背中はデカかった〜。

最後にチャックと握手した。

手もデカかった〜。

TESTAMENT


初めてのチッタでステージまで上がってしまった。

いい体験させてもらいました。

その後、疲れと興奮でしばらくのあいだ放心状態に・・・。

TESTAMENTのライヴはなんだか夢のようでした。

4年前にキャンセルで観ることのできなかったバンド。

その積年の思いが爆発した一夜になりました。

この日、チッタに集まったヘッドバンガー達も最高!!

やっぱり東京!?(川崎)のライヴはひと味もふた味も

関西とは違う素晴らしいライヴでした。

来年もスラドミ参加することを決意した。

来年は是非、EXODUS、OVERKILLをよろしく・・・。

スラッシュドミネーション
終演後のステージ

スラッシュドミネーション
放心状態で締まらない顔してる私

このTシャツ、絞れるほどに汗でびしょ濡れです。


スラッシュ・ドミネーション


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

スラッシュドミネーションLIVEレポ(2日目)その1

スラッシュドミネーション08参戦レポいってみようか〜。

しかし本日、運転疲れ、ヘドバン筋肉痛、寝不足の三重苦。

個人的に7年ぶりの関東ライヴ遠征でした。

7年前は真夏だというのに冷房がほとんど効かなかった

悪夢の横浜ベイホールのMEGADETHライヴ。

しかし、今回は初チッタ。

期待に胸を膨らませて参戦してきました。

まず、チッタの設備の良さに驚きました。

天井が高くて圧迫感はないし、フロアも広い。

ステージも広くてドラムセットを台車に組んだまま入れ替えが

できるから、セットチェンジがスムーズ。

各バンド20分ほどでステージが組み替えられていた。

それより、なにより、びっくりするほど音が良かった。

全ての楽器の音がくっきり、はっきり。

ステージ最前にいててもPAの音がちゃんと聞こえる。

普通、最前に陣取るとギターアンプやベースアンプの

音が直接聞こえてバランスが悪くなるもんだけど、

そこんとこが全然大丈夫。

前日(20日)のTESTAMENTの音響は酷かったらしいけど。

ステージの高さも高すぎず、低すぎず、ちょうど見やすい

高さでした。

フロアの柵はもうちょっと少なめでも良かったのでは・・・。

モッシュが狭くてやりにくそうでした。

だけど、ほとんど良いことずくめのライヴハウスに感心しきり。

会場通路では輸入盤CDやロックTシャツの販売で飽きさせない。

というか商魂の逞しさに思わずやられてしまうとこだった。

こんなの関西にはないな〜。

いや〜、クラブ・チッタ川崎は素晴らしい。

というわけで、ライヴ本編はまた後ほど・・・。


スラッシュ・ドミネーション


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

川崎より生還

ただいま午前3時。

スラッシュドミネーションの川崎より無事生還しました。

往復844km、走行時間10時間以上でした。

ほとんど雨の中の運転。

そしてライヴは開場から終演まで6時間立ちっぱなし。

ものごっつう疲れました・・・。

というわけで詳しいライヴレポはまた今度。

とにかく、川崎まで行く価値は十分あったということ。

最高のスラッシュ・メタルに打ちのめされました。


スラッシュ・ドミネーション


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月20日(Sat)▲ページの先頭へ
いざ川崎!!

かつて、鎌倉幕府の執権職を辞した北条時頼が僧侶に

扮して全国を行脚した。

ある日、落ちぶれた武士のあばら屋で一夜の宿も求めた

折りに、武士が言った言葉。

「いざ鎌倉!!」

これは、たとえ落ちぶれた武士であっても幕府に一大事が

あれば、すぐにでも馳せ参じるという侍らしい言葉。


今日、明日とスラッシュ・メタルの祭典であるスラッシュ

ドミネーションが川崎で行われる。

これは一大事だ!!

社会から落ちこぼれたメタラーだけど、川崎へ馳せ参じる!!

いざ川崎!!

スラッシュ・ドミネーション


こちら川崎は川崎でも川崎優ちゃん!

川崎優

SNOW BLINDの水着を着て活躍中。

こちらもよろしく・・・。

★with ZX-10R★川崎優 official site


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月19日(Fri)▲ページの先頭へ
マイクロミニデニム★プライスダウン

見えようが見えまいがどうでもいいんだけど、

どうしても目がいってしまうもの。

それがマイクロミニ!!

プライスダウン★マイクロミニデニム

ほんと、どうでもいいんだけど見えたらラッキー!

何の話だ・・・。

いくつになっても気になるんだな〜。

男は煩悩に縛られているのか。

いや、かつて精神学者フロイトはこう言った、

「全ての人間はリビドーに生かされている」と・・・。

フロイトよ、身をもって理解したぜ〜!!


というわけで、マイクロミニデニム大幅値下げ!!

この世の中はフェロモンとリビドーに溢れている。

なんと素晴らしき世界なんだ!!

尻滅裂支離滅裂。



SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月18日(Thu)▲ページの先頭へ
裁判員制度

今、私の一番の関心事は裁判員制度。

いよいよ来年5月から施行されるこの制度。

今年の12月には候補者に通知が来る。

先日、友人と裁判員に選ばれたらどうする!?と、

喧々諤々話し合った。

選ばれたらテンション上がるよな〜とか、

絶対、守秘義務守る自信がないとか、

被告人の風貌で罪の重さを決めてしまいそうとか。

こんな甘い考えでは裁判員になれないか・・・。

というわけで、ちょこっと裁判についてただいま

勉強中なのです。

まずは本から学ぼうという事で選んできたのがこれ

裁判長!ここは懲役4年でどうすか
裁判長!ここは懲役4年でどうすか


裁判傍聴マニアの北尾トロ著のこのゆるいタイトルに

惹かれました。

この著者もまったく私と同じ目線で裁判を捉えていて

ゆるくて読みやすい!

ていうか、これではあまり勉強にならない。

実際の裁判は、窃盗、恐喝、覚せい剤、強制猥褻(痴漢)

というような比較的小さな事件が多い。

この辺りの裁判には裁判員制度は適用されない。

凶悪犯罪のみに適用されるようだ。

凶悪犯罪の判例集なんかを読み漁らないとだめか・・・。

しかし、そんな考え方も良くないらしい。

裁判員とは、自分の生きてきた人生の尺度で事件を

捉えて、罪の判断をすることが重要らしい。

これからは判例に頼らない裁判をしようとしてるんだから

そりゃそうか・・・。

自然体で臨むことにする。

いや、まだ候補者に選ばれたわけじゃないし、こんなに

準備している輩は絶対選ばれないんだろうな〜。


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月17日(Wed)▲ページの先頭へ
Macにはまる

「Macにはまる」なんて言うと、今どきじゃ

アップル・コンピューターのことだと思われるかも

しれませんが、FLEETWOOD MACのこと。

先日、「噂」を中古で280円という最安値で購入。

マックの名作「噂」をちゃんと聴いたことがなかった

なんて猛省です。


Fleetwood Mac/Rumours

ピーター・グリーン在籍時の「ENGLISH ROSE」は

ブルース・ロックの傑作としてかなり聴きこんだけど、

ピーターのいないマックはほとんど聴いてこなかった。

私にはポップすぎる。

そんなフリートウッドマックを敬遠してきた帰来がある。

それは間違いだったと頭を垂れなければならない。

なんだか全てにやる気を失いかけている最近の自分に

喝を入れてくれた。

"DON'T STOP"では、

立ち止まるな、明日を考えよう!

昨日よりマシなはず

昨日なんておさらばさ!


"Go Your Own Way"では、

自分の道を歩むんだ、君自身の道を

寂しい道かもしれないけれど

自分の道を歩むんだ、君自身の道を


FLEETWOOD MAC "Don't Stop"



FLEETWOOD MAC "Go Your Own Way"



あまりにストレートな歌詞で今どきじゃないかも

しれないけど、そんな古臭い表現に感銘を受けた。

FLEETWOOD MAC


こんなポジティヴな音楽を創っていたフリートウッドマック

だけど、これ以前もこれ以降もメンバーのドラッグ中毒で

バンドはボロボロだったらしい。

そんなボロボロな状態でもこんな名作が生まれるなんて・・・。

ロックって摩訶不思議だ。

だからロックが好きなのかも。


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

ババシャツ

台風13号が沖縄上陸。

明日には九州に接近。

どうやら今週末は本土直撃になりそうな雰囲気。

この進路で行くとスラッシュ・ドミネーションの

日曜日は台風明けになりそう。

車での移動になるから台風被害が出ないことを祈る。

台風

台風が過ぎたらいよいよ秋が来たなって感じ。

ここらで秋物インナーをちょっくら宣伝させてもらいます。





レディーは体を冷やしてはいけませんから。

無理してお洒落をするのもいいけど、しっかり

ババシャツで保温・保湿することも大事です。

お求めやすいお値打ち価格になっております。


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」






  

2008年09月16日(Tue)▲ページの先頭へ
リック・ライト死去

2年前のシド・バレットの死去に続いて、この度

リック・ライトまでもが天に召された。

これにて、ピンクフロイドの再結成は完全に無くなって

しまったのだろう。

3年前のLIVE 8では、ロジャー・ウォータース、

デヴィッド・ギルモア、ニック・メイスンそして

リック・ライトという黄金のメンバーでステージに立ち、

全盛期と違わぬ演奏を聴かせてくれたのをネット上で

観て興奮したものでした。

いつかこのメンバーでワールドツアー、そして来日公演を

してくれるんじゃないかと期待していた。

ピンクフロイドにはリックの織り成す独特の浮遊感の

あるキーボードが必要不可欠。

決して目立つようなパフォーマンスはしないけど、

プロ意識の高いミュージシャンといったイメージ。

シドが60歳で、リックが65歳で亡くなるなんて、

まだまだ若いじゃないか・・・。

今夜はPINK FLOYDを大音量で聴いてリックを追悼しよう。

PINK FLOYD "Comfortably Numb"



Richard Wright


ピンクフロイドTシャツ

  






SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

OFF THE RAILS

I'm goin' off the rails on a crazy train〜♪

オジー・オズボーンのクレイジー・トレインのサビ部分の

歌詞だけど、これを聴くたびに飛行機から脱線したかの

ような事故で亡くなったランディ・ローズを思い浮かべる。

ヘヴィーメタルに革命を起こしたギタリスト。

スタジオ録音はたったの4枚しか残されていない。

しかも、才能が発揮されたのはオジー時代の2枚だけ。

ランディが今も生きていたらどんなに革命的なギターを

聴かせてくれたことだろう。

そんなランディの旧友であるルディ・サーゾがオジーと

共にツアーに明け暮れた2年間を日記形式で綴った本。

「OFF THE RAILS」RUDY SARZO


オフ・ザ・レイルズ


1981年3月からスタートするこの日記には、当時の

へヴィメタル・シーンが克明に記されていて、

MOTORHEAD,SAXON,GIRL,DEF LEPPARD,UFO,

QUIET RIOT,MOTLEY CRUEなどなど、

私がこの頃聴いていた(今も聴いている)バンドの

素行がリアルに伝わってきて非常に面白い。

もちろん、オジーの有名な奇行の数々も、最も

身近に見ていたルディだから克明に綴られている。

それよりなにより、この本を読んで、ルディの人の

良さが伝わってくるのが一番印象的。

長年、いろんな一流バンドを渡り歩くルディだけど、

音楽に対するモチベーションの高さと、性格の良さが

彼を引っ張りだこにさせる要因なのだろうと思う。

RUDY & RANDY
ルディ・サーゾとランディ・ローズ


この本のハイライトはやはり1982年3月19日。

時系列で綴られたこの日記は、非日常な世界である

ロックスターのありのままの姿が非常に興味深くて、

どんどん読み進められるのだけど、この日が

近づくにつれ、だんだん息苦しくなってくる。

メンバーの目の前でランディが死亡するという悲惨な

飛行機墜落事故。

わかっちゃいるけど涙が溢れてくる。

そして、そこには今まで知らなかった真相があった。


その後のバーニー・トーメ加入・脱退、ブラッド・ギルスの

加入・脱退、そしてルディの脱退にまつわるエピソードは

ほとんど知らなかったので興味深かった。

バーニーって気取っているようで本当はいい奴だったんだ。

その他、いろんなロッカーたちのエピソード満載で、

40歳代のすべてのへヴィメタル・ファン必読の書です。


飛行機事故から26年以上が経つけれども、ランディのギターは

今でも私にとって最高のロックギターであり続けている。

"CRAZY TRAIN"のリフもソロもいまだにランディの

ように弾くことが出来ないけれど。

OZZY OSBOURNE "Crazy Train"



この本は2007年3月19日に発行されているけど、

その8ヶ月後、ルディの旧友であるケヴィン・ダブロウ

までもが亡くなってしまうことになる。

ルディ・サーゾの輝かしいロック人生の影には

常に友の死がつきまとっているのか。

QUIET RIOT "Cum On Feel The Noise"


US FESTIVALでのクワイエット・ライオット映像。

オジー・オズボーンも出演していたこの時、ルディは、

酔っ払ったオジーに殴られている。


RUDY SARZO
ルディ・サーゾ【ベーシスト】

キューバ系アメリカ人。

キューバ革命によりアメリカに亡命。

QUIET RIOT〜OZZY OSBOURNE BAND〜

QUIET RIOT〜WHITESNAKE〜DIO

DIO "Rainbow In The Dark"



  


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月15日(Mon)▲ページの先頭へ
「BLACK BUTTERFLY」BUCKCHERRY

ここ10年間で、一番よく聴いているのがバックチェリー

じゃないかなと思う。

そういえば、バックチェリーは来日公演の度に観に行ってる。

一度解散という頓挫もあったけど、再結成してから、より

いっそう強力なバンドに成長しているんだな〜。

今回の新作「BLACK BUTTERFLY」も素晴らしい。

オーソドックスなR&R、パンキッシュなR&R、

レイドバックしたR&R、ブルージーなR&R、

ファンキーなR&R、そしてパワーバラードなR&Rと、

すべての要素を満たしたロックンロールアルバム。

バラエティの豊富さでいえば過去最高のアルバム。

いつもと変わらぬジョシュの個性的な声色でのシャウト、

それに極上の歌メロがたまらなくカッコイイ。

バックチェリーに関してはいつだってそうなんだけど、

今回もズバリ!!捨て曲なし!!

ボーナストラックだって強力なナンバーだ!!

前作「15」もアメリカでジワジワとヒットしていったけど、

今作は最初から爆発的ヒットの予感。

どうやらクラブ級のバンドから、アリーナ級のバンドへ

成長してしまいそうだ。

それはそれで嬉しいような寂しいような・・・。

ちなみに、私、バックチェリーのことマックスフェバリット

のため客観的に聴くことは不可能ですから悪しからず。


「BLACK BUTTERFLY」Buckcherry

インタビューで来日公演が楽しみだと言ってくれている。

どんな時もバンドを応援してくれたのは日本のファンだと・・・。

長年バックチェリーを見守ってきた日本のファンへの

感謝も忘れないところが憎い。

TATOOだらけで強面なバンドだけど意外といい人たちなんだな〜。

今回の来日単独公演は日程的に厳しい各入りになるかも

しれないけれど、真のバックチェリーマニアを信じて欲しい。

これだけ強力な新作を出してきたんだから、

最高のROCK'N ROLL PARTYになるはず。

BUCKCHERRY "Don't Go Away"



BUCKCHERRY


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月14日(Sun)▲ページの先頭へ
バーベキュー in BIWAKO

本日、同業者組合のバーベキュー大会。

9月も半ばだというのに真夏のような暑さでした。

そんな暑さの中で肉を焼く係りを仰せつかった。

肉以外にも秋刀魚だのイカだのいろんなものを焼いてやった。

そりゃ〜暑いの暑くないのって・・・。

まあ、参加した皆さんに満足していただけたようで良かった。

焼き続けていたから写真撮る暇無し。

001-1.jpg

これ、みなさんの食べた残骸の一部。


003-1.jpg

じゃんけんゲームでは優勝者に名誉のTシャツが・・・。

その後、これを着ていなければならないという、

ある意味罰ゲームだった。


004.jpg

今日の琵琶湖は風が強くてウインドサーフィンにはうってつけ。

多くのサーファーが来ていた。

とても気持ち良さそう。


002.jpg

そんなサーファーを眺めるじゃんけんウイナーと私。

いつかウインドサーファーになろうと決意した。


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月13日(Sat)▲ページの先頭へ
火災発生!!

火事と喧嘩は江戸の華なんてことを言いますが、

実際に火事を間近で見ると怖いものです。

ただいま近くで火災発生!!

野次馬と化して見に行ってきました。

火災現場は古くからの民家が密集したところ。

消防車が近くまで入っていけない地域。

おそらく全焼ですな。

類焼を防ぐのも大変だろうな〜。

炎に包まれた民家と立ち上る煙が凄かった。

火事

火事


どうやら空き家が4軒燃えたらしい。

不審火とのこと。

放火なのか!?

物騒な世の中です。


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

狂気

明日は同業者組合のバーベキュー大会。

どうやら天気も大丈夫そうです。

琵琶湖畔でのバーベキューなので酔っぱらって

何人か琵琶湖に沈むんじゃないかな。

それもまたいとおかし・・・。

琵琶湖

ゲームをするからSNOW BLIND商品を景品で出せ!とのこと。

狂気なTシャツを提供してやろう。

ダークサイドTシャツ(LADY'S)

決して地球上から見ることのできない月の裏側には

人を恐怖に陥れる狂気が潜んでいることだろう。

浮かれた酔っぱらいを恐怖のどん底に陥れる最凶アイテム。

バーベキューに最も似つかわしくないSNOW BLIND Tシャツ。


この画像が本当の月の裏側。

月

ウサギはどうも見あたらなかったようだ。

折しも明日は中秋の名月。

人は満月になると心がかき乱されるらしい。

そして犯罪が増えるらしい。

まさに狂気なのだ。

今日のYou Tube画像はもちろんピンクフロイド。

「The Dark Side Of The Moon」からこの曲。

PINK FLOYD "Time"


会場内に飛行機を飛ばすところも狂気だ!!


ピンクフロイドTシャツ

  






SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月12日(Fri)▲ページの先頭へ
EXTRA公演取りまとめ

すでに周知のことと思われていたCARCASSの

新規公演がようやく発表されて一応これで

EXTRA公演はすべて出揃ったところか!?

あまりにEXTRAが多いので混乱をきたしているの

ではないでしょうか。

そこで覚書のため取りまとめてみました。

CARCASS JAPAN TOUR 2008
2008/10/20(月)名古屋 Club Diamond Hall
2008/10/21(火)大阪 BIG CAT

AVENGED SEVENFOLD vs
BULLET FOR MY VALENTINE SPECIAL GIG

2008/10/20(月)東京 新木場STUDIO COAST

AVENGED SEVENFOLD JAPAN TOUR 2008
2008/10/15(水)大阪 なんばHATCH
2008/10/16(木)名古屋 Club Diamond Hall
2008/10/20(月)東京 新木場STUDIO COAST

BUCKCHERRY JAPAN TOUR 2008
2008/10/21(火)東京 新木場STUDIO COAST
2008/10/22(水)名古屋 Club Diamond Hall
2008/10/23(木)広島 広島CLUB QUATTRO

SLIPKNOT Guest: MACHINE HEAD
2008/10/8(水)名古屋 Zepp Nagoya
2008/10/10(金)東京 新木場 STUDIO COAST
2008/10/11(土)東京 新木場 STUDIO COAST
2008/10/14(火)大阪 Zepp Osaka
2008/10/15(水)大阪 Zepp Osaka
2008/10/16(木)仙台 Zepp Sendai

MÖTLEY CRÜE
2008/10/26(日)さいたまスーパーアリーナ
2008/10/21(火)福岡 Zepp Fukuoka
2008/10/22(水)広島 厚生年金会館
2008/10/23(木)名古屋 Zepp Nagoya
2008/10/25(土)大阪 大阪城ホール

MESHUGGAH Live In Osaka 2008
2008/10/20(月)大阪 心斎橋クラブクアトロ

名古屋と大阪と東京を色分けしてみたけど、どのライヴへ

行くのか注意しないと間違えそう。

もう何がなんだか・・・。


LOUD PARK


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月11日(Thu)▲ページの先頭へ
キューバ土産

ゲバラをリスペクトする先輩がキューバ旅行より

帰ってこられて、今日お土産を頂いた。

もちろん、ゲバラ関連グッズ。

ゲバラTシャツ、ポスター、絵葉書、切手、

そしてキューバ紙幣と硬貨。

本当にありがたいことです。

革命後、ゲバラがキューバ国立銀行総裁になって

初めて行った仕事はキューバ紙幣の刷新であった。

「紙幣なんてものはただの紙切れである」という

皮肉を込めて"CHE"と殴り書きのサインをした。

そのデザインがいまだに使われているのだ。

キューバ紙幣

これは3ペソ紙幣のため"CHE"のサインではない。



そして、ゲバラの没後40年を記念して昨年発行された切手。

ゲバラ没後40年記念切手

キューバ国民のゲバラへの敬愛が感じられる。


キューバは日本・アメリカとの国交が無いため行くだけでも

大変だったとか・・・。

今日はあまりお話しする時間が無かったので今度ゆっくり

旅行話を聞かせていただきたい。

一度は行ってみたい社会主義の小国・キューバ。

ヘミングウェイも愛したハバナの海が見てみたい。

ハバナ


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月10日(Wed)▲ページの先頭へ
The Cosmos Rocks

QUEEN + PAUL RODGERSのNEW ALBUM

「The Cosmos Rocks」

QUEEN + PAUL RODGERS

間もなくリリースということで、新曲が

You Tubeにアップされてました。

さすがYou Tube!!情報が早い!!

QUEEN + PAUL RODGERS "C-lebrity"


曲の方はいかにもクィーンとポールのコラボって感じで、

両方の特徴がよく出ている。

だけど、いい曲かといわれるとそうでもない感じ。

個人的な感想だけど・・・。

アルバムタイトルが「The Cosmos Rocks」という

くらいだから、クィーンらしいスペイシーな音に、

ポールのブルージーな唄がのるという曲を期待したい。

スペシャルエディションには2005年のさいたまスーパー

アリーナでのライヴDVDがつくらしい。

収録曲は下記の通り。

01. Reaching Out
02. Tie Your Mother Down
03. Fat Bottomed Girls
04. Another One Bites The Dust
05. Fire And Water
06. Crazy Little Thing Called Love
07. Teo Torriatte (Let Us Cling Together)
08. These Are The Days Of Our Lives
09. Radio Ga Ga
10. Can't Get Enough
11. I Was Born To Love You
12. All Right Now
13. We Will Rock You
14. We Are The Champions
15. God Save The Queen

これはスペシャルエディションを買わずには

いられないじゃないか。

まったく商売上手な連中ときたもんだ。


QUEEN + PAUL RODGERS

クィーンTシャツ

 



SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月09日(Tue)▲ページの先頭へ
音楽嗜好性格判断

本当に音楽の好みによって、性格がわかるのか!?

エジンバラの大学が、3万6,000人以上のミュージック・ファンを

対象にその音楽的嗜好と性格(自己申告)を調査して

新しい学説を発表したとのこと。

調査結果は下記の通り。


インディーズ・ファン
 
自己評価が低く、それほど勤勉ではないし、

親切でも寛大でもない。しかしながらクリエイティヴである。


ロックンロール・ファン

自尊心が高く、とてもクリエイティヴ。

勤勉で悠々としているが、あまり親切でも寛大でもない。


ブルース・ファン

自尊心が高く、クリエイティヴ。

社交的で気楽。


クラシック・ファン

自尊心が高くクリエイティヴで、鷹揚(おうよう)。

しかし、社交的ではない。


ヘヴィ・メタル・ファン

とてもクリエイティヴで鷹揚だが、あまり外交的でも

なければ勤勉でもない。


レゲエ・ファン

自尊心が高く、クリエイティヴで外交的、

親切で寛大でもあり気楽。

しかし勤勉ではない。


カントリー&ウェスタン・ファン

とても勤勉で外交的。


ダンス・ファン

クリエイティヴで外交的。

しかしながら、親切でも寛大でもない。


ラップ・ファン

自尊心が高く、外交的。



以上が調査結果である。

当っているでしょうか!?

私は、ブルースとメタルとロックンロールが好み。

共通するのはクリエイティヴであること。

あとは社交的であったり無かったり。

勤勉であったり無かったり。

自尊心は高そうである。

う〜ん、当っているような、当っていないような・・・。

まあ、調査結果なんてこんなもんだろう。


しかし、「クリエイティヴである」なんてこと言われたら

調子にのって新作のボクサーパンツを紹介するぜ〜!!

           


本日より楽天ショップ「カーナル」にて販売中!!



SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

死をポケットに入れて

先日観たDVD「酔いどれ詩人になるまえに」で、

チャールズ・ブコウスキーの作品を読んでなかった

自分を反省した次第であったけど、このたび晴れて

ブコウスキーの作品「死をポケットに入れて」を読んだ。


死をポケットに入れて

何故もっと早くブコウスキーを読まなかったのかと

思うほどツボにはまった。

この作品は、ブコウスキーの晩年である91年〜93年に

書かれた33編の日記。

日記というよりもエッセイといったほうがいい。

もしくは今でいうところのブログである。

ブコウスキー71歳〜73歳という死ぬ1年前までの作品。

その日の出来事をブコウスキー流の自惚れと皮肉を込めて、

深夜にMacコンピューターに向かって書き綴ったエッセイは

老人の知己とユーモアに溢れている。

70歳を過ぎた老いぼれが書いたとは思えないリズミカルな

文章のタッチなのだ。

老いぼれてはいても書くべき文章が泉のごとく溢れる、

まさに天才の一端が垣間見られる。

「自分の能力に疑問を感じたら他人の作品を読むことにする。

そうすれば自信を取り戻せる」なんてことは天才しか書けない。

「若いということは馬鹿げている、

年を取っているということは馬鹿そのもだ」

これには深く感銘を受けた。

大酒のみの競馬好きで、娼婦に囲まれた人生を歩んだ

ブコウスキーであったが、晩年は奥さんのリンダと

仲睦まじく暮らしながら、昼間は競馬、夜はパソコンに

向かって毒を吐き続けるパンク詩人であった。

そんなブコウスキーの作品に心酔した。

まだまだ日本語に訳されていないブコウスキーの作品が

あるらしい。

これから読み漁っていく楽しみが増えた。


余談だけど、テスタメントは読書のBGMには向かないことが判明。

テスタメント週間危うし・・・。

Charles Bukowski


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

2008年09月08日(Mon)▲ページの先頭へ
スラドミ予習中

待ちに待ったスラッシュ・ドミネーションまで

2週間をきって、メタラーのみなさんは予習に

余念が無い毎日をお過ごしのことでしょう。

私も今週はテスタメント週間と名付けまして、

「THE LEGACY」から順を追って聴いているところです。

そんな折、スラドミ公式HPにTシャツがアップされてました。

THRASH DOMINATION

これはライヴ後の着替え用にゲットしておかなければ・・・。

なんせ、川崎から彦根まで車で5〜6時間はかかるだろうから

汗臭いままでは帰れない。

ちなみに、当日、私の着用Tシャツはこちらになる予定。

TESTAMENT

アポカリプティック・シティのいかしたデザイン。

このTシャツを見かけたら私です。

自作Tシャツなので、他にはいないはず。

ライヴ中もお手柔らかに願いたい。

TESTAMENT "Apocalyptic City"


THRASH DOMINATION


TESTAMENT


SNOW BLIND 楽天ショップ「カーナル」





  

1 2    全44件