SNOW BLIND WORLD - 2009/10

SNOW BLIND WORLD
カテゴリ
SNOW BLIND WORLD
SNOW BLIND WORLD/一覧 (2841)


楽天市場最大の品揃え!
ロックTシャツ専門店!?
ラスティエンジェル
ラスティエンジェル



2009年10月
       

新着エントリ
FRANZ FERDINAND 来日決定! (10/27)
CRADLE OF FILTH 来日決定! (10/16)
Louisiana Rain 〜 Tom Petty (10/3)
DREAM THEATER at 豊田市民文化会館 ライヴレポ (9/12)
MAYHEM at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (9/6)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(後半) (9/1)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(前半) (8/31)
ザ西院フェス2017 ライヴレポ (8/25)
MUSE 来日決定! (8/24)
MICHAEL MONROE 来日決定! (8/2)
KRANG at Hikone Cocoza ライヴレポ (7/27)
サマソニタイムテーブル発表! (7/19)
RUINS ALONE at ダンスホール紅花 ライヴレポ (7/13)
Hot Motto Gumbo 2017 at 西部講堂 ライヴレポ!? (7/4)
PRAYING MANTIS & LIONHEART at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (7/3)
PAUL SHORTINO at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (6/23)
REVELLERS at Hikone Cocoza ライヴレポ (6/20)
DREAM THEATER 来日決定!  (6/19)
MUTATION来日決定! (6/7)
MAYHEM来日決定! (6/1)
CAROUSEL KINGS at 彦根Cocoza ライヴレポ (5/25)
IZZY BIZU at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (5/24)
DEVIL SOUND MANIA Vol.4 ライヴレポ (5/2)
START AT ZERO at 彦根COCOZA ライヴレポ (5/1)
NORAH JONES at 名古屋センチュリーホール ライヴレポ (4/28)
サマソニ日割り&追加発表! (4/20)
PAUL SHORTINO 来日決定! (4/11)
PUNKSPRING 2017 FINAL KOBE ライヴレポ (4/7)
#lovefighters (3/31)

新着トラックバック/コメント





ヤングミセスの下着ショップ
「VIECET」

アーカイブ
2006年 (152)
9月 (22)
10月 (47)
11月 (29)
12月 (54)
2007年 (638)
1月 (75)
2月 (58)
3月 (76)
4月 (45)
5月 (41)
6月 (29)
7月 (76)
8月 (53)
9月 (56)
10月 (44)
11月 (43)
12月 (42)
2008年 (417)
1月 (50)
2月 (41)
3月 (36)
4月 (39)
5月 (39)
6月 (34)
7月 (41)
8月 (34)
9月 (44)
10月 (11)
11月 (21)
12月 (27)
2009年 (458)
1月 (35)
2月 (31)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (42)
6月 (43)
7月 (37)
8月 (39)
9月 (43)
10月 (44)
11月 (42)
12月 (35)
2010年 (317)
1月 (35)
2月 (28)
3月 (20)
4月 (28)
5月 (32)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (30)
12月 (23)
2011年 (238)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (14)
4月 (23)
5月 (28)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (13)
10月 (13)
11月 (9)
12月 (9)
2012年 (146)
1月 (11)
2月 (16)
3月 (15)
4月 (12)
5月 (12)
6月 (14)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (12)
11月 (13)
12月 (13)
2013年 (137)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (10)
4月 (13)
5月 (17)
6月 (11)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (12)
10月 (9)
11月 (10)
12月 (15)
2014年 (103)
1月 (16)
2月 (10)
3月 (7)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (7)
7月 (10)
8月 (9)
9月 (7)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (6)
2015年 (97)
1月 (15)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (9)
8月 (10)
9月 (3)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (5)
2016年 (93)
1月 (11)
2月 (4)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (7)
6月 (7)
7月 (8)
8月 (6)
9月 (8)
10月 (7)
11月 (7)
12月 (10)
2017年 (45)
1月 (5)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)


アクセスカウンタ
今日:1,572
昨日:3,056
累計:6,047,157


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2009年10月31日(Sat)▲ページの先頭へ
日本シリーズ第1戦

ついに始まった日本シリーズ。

日ハム対巨人という夢のような対戦。

我が愛しのファイターズが人気球団ジャイアンツと対戦できるなんて、

嬉しくてたまらない。

なんたって28年ぶりの顔合わせだからね。

勝ち負け関係無しに楽しめるというもの。

いや、できたら勝ちたい。

28年前は怪物・江川に手も足も出なかった。

今回はいい試合ができるんじゃないかな。



初戦は4対3で負けたけど、大接戦の素晴らしい試合だった。

ファイターズの選手もそれぞれ持ち味を出したし、いつも通りの

戦いが出来たと思う。

明日以降に期待が持てる試合だった。

ダルビッシュが絶望的なのが残念だけど・・・。

ダルは球界の宝なんだから、無理せず来期以降に備えて欲しい。

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

「AFTER THE GOLD RUSH」NEIL YOUNG

ラウドパーク以降、ヘヴィーメタルの話題をまったくエントリーして

いないのはご存じでしょうか!?

どうやらメタルからの揺り戻しでヘヴィーでないものばかり聴いてます。

そして、ついに今回取り上げるのは孤高のロッカー、ニール・ヤング。

ある意味、ヘヴィーメタルよりもヘヴィーな部分を持っている。

そして、真のロッカーと言えばニール・ヤング。

これに関しては、どちら様も異論はないでしょう。

今年はリマスター大豊作の年で、ストーンズ中期のリマスター、

ビートルズ全作品リマスターと来て、ついにニール・ヤングの

初期4作品がリマスターされたのだ。

ニール・ヤングの最高傑作と誉れ高い3rdアルバム、

「AFTER THE GOLD RUSH」リマスター盤を輸入盤で入手した。


Neil Young/After The Gold Rush(輸入盤CD)

ここに収められているのは、美しくも切ないメロディーの数々。

ニール・ヤングのセンチメンタリズムが際だっているのだ。

"After the Gold Rush"でのニール・ヤングのか細いハイトーンヴォーカルが

とても痛々しくて切ない。

華やかな60年代の終焉を告げる哀愁に満ちあふれている。

人種差別に怒りをぶつける"Southern Man"でのニール・ヤングのへたうま

ギターソロは、聴く者の魂をグワングワン揺さぶる。

テクニックを超越した感情が心の琴線に響くのだ。

その他、"Birds","I Believe In You"など、思わず涙腺が弛みそうな

美しい楽曲のオンパレード。

歌詞を読まずともニール・ヤングの世界に引き込まれる。

このリマスター盤は、輸入盤であっても全曲手書きの歌詞がついている。

嬉しいんだけど、字が下手で結構読み辛い。

下手なのは字だけではない。

ニール・ヤングという人は、歌もギターも決して上手くない。

そんな技術的なことは関係なく、魂で表現するのが彼の持ち味。

そこにロックを感じるのだ。

ブッシュ政権を批判したり、アメリカの戦争を批判したり、相変わらず

熱いメッセージをロックにぶつけるニール・ヤング。

今も尚、老いて盛んな孤高のロッカーなのだ。

このライヴ映像はクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングでのもの。

みんなジジィだけどかっこいい!!

CSN & Y "Southern Man"







来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

「罪と罰」を読む(その1)

近所の本屋は非常に品揃えが悪い。

お年寄りが多く住む旧市街地だからなのだろうか、

時代小説がやけに充実しているのが特徴だ。

読みたい本が見つからなかったので、いつか読まなければと

思っていたドストエフスキーの「罪と罰」上巻を買ってしまった。

 

文学界の最高峰と言われるロシア文学である。

私の最も苦手な分野なのだ。

何故苦手かというと、まず登場人物の名前が覚えられない。

ロシア人の名前は読みにくくて長い。

名前の呼び方が文中では正式名と変わっていたりする。

ただでさえ覚えづらいのにこれは勘弁して欲しい。

それから、帝政ロシアの時代背景がよく分からない。

高校時代、受験で選択しないからと世界史を軽んじていたツケが

ここでまわってきたのだ。

帝政ロシア時代の文化、風習、風俗等を知らないから理解できない

ところも多少ある。

炎天下の暑さを不快だと主人公は表現しているのに、なぜか外套を

着込んだりしているのだ。

どういう気候なんだろう。

昨夜、やっとの思いで上巻の半分ほど読み進めた。

主人公のラスコーリニコフが罪を犯して、その後熱病に冒され

病床でようやく目を覚ましたところだ。

妹の婚約者が訪問してきたり、事件の全貌が明らかになり始めたりと

物語が大きく展開していくところ。

ここまで読むのに何度諦めかけたことか・・・。

ドストエフスキーは心理描写がくどすぎる!!

ここまで250ページほどだけど、このストーリーであれば現代作家

なら半分で書き上げていることだろう。

ロシア文学恐るべし。

エントリータイトルに「その1」とつけたけど、「その2」は

あるのだろうか。

まだまだ苦難の読書が続きそうだ。




おすすめ!!★マイクロミニスカ★

おすすめ!!★マイクロビキニ★
ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月30日(Fri)▲ページの先頭へ
週末はマダムギター

どうやら今週末は大寒波がやってくるとか・・・。

そんな週末、日曜日の予定はマダムギター長見順のライヴ。

「酔いどれはしご酒ツアー in Osaka」なのだ。

今回はソロで全国をはしご酒。

マダムのブルースが大阪でも炸裂!

前回のアコースティック・ツアーがよほど気に入ったのか、

あの酔っぱらいぶりに懲りず今度は一人旅。

誰も止める人がいないのが少々怖い気がするが、

マダムの指令とあらば従うしかない。

と いうことで南森町にあるブルース・バー、

CHICAGO ROCKと南堀江のカフェ、bigcakeをはしごする。

BigcakeにはCHICAGO ROCKの貴重なブルース・アルバムを

引っさげてお店のスタッフがDJとして駆けつけてくれる。

どちらもブルースを肴に酒が進む夜になりそうだ。


ということ。

嵐の週末、ディープなブルースナイトになりそうだ。

ウチの猫マダムがマダムギターのCDを抱いて寝ている。



マダムギターの直筆サイン入りなのだ。

「アリガ十」という表記がとても素敵だ。

”夫婦円満の秘訣は ときどき 愛想笑いをしたり

返事は「はい」と正確に、

「おかえり」はむやみに大きい声で”


という歌詞が素晴らしいマダムギターのスローブルースを聴いてみて。

マダムギター長見順 ”723”


おすすめ!!★マイクロビキニ★
ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月29日(Thu)▲ページの先頭へ
仲良きことは

「仲良きことは美しきなり」

武者小路実篤のようにつぶやいてしまうこの光景。



レミーとマダムは寝る時いつも一緒。

ケンカもするけど寝る時は一緒。

エサの奪い合いもするけど寝る時は一緒。

なんて仲のいい奴らなんだ。



仲良きことは美しきなり

おすすめ!!★マイクロミニスカ★

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

「カラフル」森絵都

生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。

だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。


輪廻転生ファンタジー作品ということで、あまり得意分野では

ないけど、森絵都の軽快なタッチは一気に読み切れる。

なんやかんや言いながらも森絵都の作品が好きだ。


カラフル

ファンタジー作品だけど、いじめを題材にした社会派小説でもある。

社会派なのに暗かったり、重苦しく描かないところが森絵都のいいところ。

世の中は非常にカラフルなのだ。

黒だと思っていたものが白だったり。

赤も黄も青もある。

角度によっては違った色にも見える。

いじめていると思っていた人も、実は思いやっている部分があったり、

無視されていると思っていたけど、見守ってくれていたり。

言葉では表さないけど、本当は激励している人もいたりする。

誰にも愛されていないという思いこみが一番いけない。

人間にはいろんな面があっていろいろ色とりどりなのだ。

世の中はとてもカラフルということ。

そのことに気づくと楽しいね。

LSDが無くてもカラフルなんだと・・・。(ちょっと違うか!?)

そう!!カラフルといえばクリーム。

サイケデリックなジャケットがぶっ飛んでいる。

ここまで極彩色の世の中だと疲れるかもね。


カラフル・クリーム/クリーム[CD]

CREAM "Sunshine of Your Love"


おすすめ!!★マイクロミニスカ★

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月28日(Wed)▲ページの先頭へ
「Thirty Seconds Over Winterland」JEFFERSON AIRPLANE

ジェファーソンエアプレインほど時代とともに音楽性を変えたり、

メンバーを変えたりした節操のないバンドは他にないのでは!?

JEFFERSON AIRPLANE→JEFFERSON STARSHIP→STARSHIP

このようにバンド名が変わるごとに商業主義になっていく。

1960年代後半、カウンターカルチャーの申し子と呼ばれた時代、

JEFFERSON AIRPLANEとして最も充実してたというのは万人の認めるところ。

それも「フィルモアのジェファーソン・エアプレイン」というライヴの

名盤を出した頃までのことだろう。

1970年代に入り、フラワームーブメント、ヒッピー、サイケデリック

なんていう文化が廃れはじめると同時にエアプレインも失速する。

インディーズから2枚のアルバムを出し、結局解散することになった。

エアプレインが解散してから発表された1973年のライヴアルバム

「Thirty Seconds Over Winterland」の紙ジャケを格安で入手した。


サーティ・セカンズ・オーヴァー・ウィンターランド(紙ジャケット仕様)/ジェファーソン・エアプレイン

もちろん、ライヴの名盤「フィルモアの〜」には遠く及ばないが、

ひとつの時代の終焉を告げる意義深い作品であることは確かである。

ハート悲しくマーティ・バリン脱退後の作品から構成されたセットは

かなり地味な選曲になっているけど、演奏はまったくひけを取らない。

「フィルモアの〜」における緊張感漲る演奏は、聴いてるだけで疲労困憊するが、

こちらの方は非常にリラックスして聴ける。

カウンターカルチャーから脱却した証なのだろう。

商業主義への移行が少なからず垣間見えてくる。

それが後に、MTV御用達のスターシップにまで発展するとは・・・。

当時、エアプレインはサンフランシスコの豪邸を買い取り、コミューン

としてヒッピーたちと共同生活していた。

エアプレインはヒッピーとしての社会を実現させようとしていたのだ。

もちろんドラッグ漬けだったことは間違いないだろう。

紅一点だったグレイス・スリックはバンドメンバーと浮き名を流して

いたけど、フリーセックスを実践していたというのは私の持論。

まさか、後々「シスコはロックシティ」と歌ってしまうとは・・・。

反戦活動、共産主義思想、ドラッグ等々、カウンターカルチャー的な

ところで評価されることが多いエアプレインだけど、音楽的には

R&B、ブルース、ビートルズ、東洋音階、ジャズ等をクロスオーバー

した多種多様な楽曲があり、今聴いても決して古臭くはない。

Jefferson Airplane "When The Earth Moves Again"



フィルモアのジェファーソン・エアプレイン

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

「ララピポ」奥田英朗

「紳士淑女のみなさまにはお薦めできません。」と、

作者自らがのたまう奥田英朗の「ララピポ」


「ララピポ」奥田英朗

これは何が何でも単行本で入手した方がよい。

表紙がとても小粋だからだ。

黒いカバーの鍵穴からなにやら艶っぽい絵が見える。



このカバーを優しく脱がせてあげるとこんな春画になる。



ブックオフで250円で入手できた。

とてもラッキーだった。

物語は、この表紙が示す通りとてもお下劣。

コンプレックスを持ち負け組に属する者達の歪んだ性欲を描いている。

ユーモアに満ちあふれた物語なんだけど、そこはかと流れる哀愁。

生活弱者だってありあまる性欲を持っている。

そんな生活弱者の性欲の悲哀が面白可笑しい。

お下劣だけどみんな憎めないキャラクターたち。

奥田英朗にかかるとどんなキャラもいい味に仕上がる。

哀愁のお下劣文学としてこの作品は絶倫!!いや、絶品!!

紳士淑女は決して読んではいけない本という意味がよく分かる。

私は紳士でなくて良かったと思う次第である。

ちなみにタイトルの「ララピポ」は英語の「A Lot Of People」のこと。

ネイティヴ発音では「ララピポ」と言うらしい。

今度試してみるべし。

いろんな人がいるからこの世の中はおもしろい。

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月27日(Tue)▲ページの先頭へ
さらにスキナード

レーナードスキナードの新譜「神と銃」があまりにも素晴らしいため、

オリジナル・スキナード時代のアルバムを聴き直している。

これがまたいい!!

レーナードスキナードは、飛行機事故によりロニー・ヴァン・ザンド等、

主要メンバーが亡くなってしまい、解散を余儀なくされた不運のバンド。

新生スキナードは、弟のジョニー・ヴァン・ザンドを中心として活動して

いるが、まったく別もののバンドと考えた方がよい。

それぞれに良さがあるというもの。

オリジナル・スキナードを聴くならこれがオススメ。


Lynyrd Skynyrd/Collector's Edition (Tin Can) (輸入盤CD)

缶ケースに入った3枚組で、代表曲はほぼ網羅されている。

なんたって缶ケースというのがスキナードらしいところ。

これで砂埃からも守られるというもの。

レーナードスキナードの骨太サザンロックは、アメリカ南部の乾いた空気と

舞い上がる砂埃を存分に味わえる。

これぞ古き良きアメリカだ。

メタルファンには、METALLICAが「Garage Inc.」でカバーしたことで

有名な"Tuesday's Gone"だけど、こちらも絶品なのだ。

原曲なんだから当たり前だけど・・・。

バイオリンを加えた豪華編成による新生スキナードのライヴ映像。

LYNYRD SKYNYRD "Tuesday's Gone"


LYNYRD SKYNYRD


Lynyrd Skynyrd/God & Guns(輸入盤CD)

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月26日(Mon)▲ページの先頭へ
「GOD & GUNS」LYNYRD SKYNYRD

レーナードスキナードのスペルが難しい。

よく間違えるから何度もチェックする必要がある。

なんて思うのは私だけか!?

LYNYRD SKYNYRD これでレーナードスキナードと読む。

「南部のサザンロックバンドだろう」なんて甘く見てはいけない。

誰も甘く見てないか!?

かく言う私が甘く見ていた。

だって、昔の"Sweet Home Alabama"のイメージが強すぎるんだもん。

しかし、最近のレーナードスキナードは全然違う。

骨太ロックなのだ。

しかも超極太!!

久々に聴いた最新作「GOD & GUNS」が素晴らしい。


Lynyrd Skynyrd/God & Guns(輸入盤CD)

1曲目の"Still Unbroken"で完全に打ちのめされてしまった。

なんという極太なロックなんだと・・・。

脳天から極太の鉄槌を打ち込まれたようだ。

とにかく聴いて欲しい。

LYNYRD SKYNYRD "Still Unbroken"


これぞアメリカンロック!!

これぞ骨太ロック!!

このアルバムはその他にも素晴らしい楽曲が目白押し。

バラードもブルースも素晴らしい。

レーナードスキナードのことをサザンロックだなんて甘く見ていたことを

今になって深く反省している次第である。

ロックの奥深さをこの歳になって見せつけられるなんて・・・。

まだまだ私は甘かったということか。

レーナードさんゴメンナサイと深く頭を垂れて聴き入っている。

一応言っておくけど、サザンロック時代のレーナードスキナードが

決して嫌いというわけじゃないんだよ。

どちらかというと、それはそれで好きだった。

"Free Bird"なんていつ聴いても痺れる名曲だ。

LYNYRD SKYNYRD "Free Bird"




ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

U2 on You Tube

史上最大規模のステージセット組む今回のU2のライヴ、

それをYou Tubeが史上最大規模でライヴ配信された

Rose Bowl Stadiumでのライヴを堪能させてもらった。

それも平日の昼間に・・・。

これほど自由人であることがありがたかったことはない。

やればやるほど赤字になるという今回のU2のライヴ。

それをタダで観られるというんだから嬉しい。

お金と暇さえあればロスアンゼルスまで観に行きたいと

思ったほどなんだから。

しかし、暇はあるけどお金は無い!!

こんな素晴らしいライヴ映像を、しかも生中継で観させてもらって

太っ腹なU2に敬服いたすところだ。

しかし、こんな映像を観させてもらったら余計に生で観たくなる。

おそらく今回の大規模なステージセットを空輸することは不可能だろう。

総重量は390トン、トラック180台分の容量、搬入に2日間、

設営に4日間かかるらしいから・・・。

ステージセットは何もなくていい。

ただ、U2のメンバー4人だけ来てくれたらいいから。

来日公演を切に願うばかりだ。



さっそくYou Tubeに映像がアップされている。

You Tubeで配信してたんだから当たり前か・・・。

U2 "One"


U2 Tシャツ
    

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月25日(Sun)▲ページの先頭へ
「まほろ駅前番外地」三浦しをん

三浦しをんの最新作は直木賞受賞作品「まほろ駅前多田便利軒」の

サイドストーリーとなる「まほろ駅前番外地」


「まほろ駅前番外地」三浦しをん

これが非常に面白かった。

それぞれのユニークなキャラがさらに魅力を増した感じ。

特に、いつも冷静沈着な多田が恋に墜ちるというのがいい。

行天と多田という奇妙な男二人の妖しい生活には、これまで

女性との恋の気配はまったく無かったから。

この二人はボーイズラブではなかったのか。

なんだかホッとした。

三浦しをんにかかると、なんでもかんでもボーイズラブにされて

しまいそうで恐ろしい。

しかし、ここもまた三浦しをんの魅力でもあるんだけどね。

「まほろ」という街は言わずと知れた東京都町田市のことである。

町田には遠い昔にお世話になったところだ。

20年近く昔、南町田というところに半年ほど住んでいたことがある。

まわりは畑と住宅地になる前の更地ばかりでかなりの田舎だった。

当時、町田と南町田では全然違うのだった。

今はどうなっているのか知らないけど・・・。

「まほろ駅前番外地」を読むならまずこれを先に読むべし。


まほろ駅前多田便利軒

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

「美女と竹林」森見登美彦

モリミー作品はすべて読破したと思っていたらこれが抜けていた。

森見登美彦氏の妄想エッセイ。


「美女と竹林」森見登美彦

ほぼ机上の妄想がベースとなっているだけあって、摩訶不思議な

エッセイに仕上がっている。

モリミー好きにはたまらない内容。

しかし、これが初モリミー体験なら読み切るのは難しい。

なんせテーマが美女と竹林なんだから・・・。

このテーマを一刀両断に斬るなんてことは一切無い。

美女と竹林は等価交換の関係にあるとかなんとか・・・、

森見氏が学生時代に詭弁論部で鍛え上げたという、まさに詭弁で

煙に巻かれてしまうのだ。

妄想と詭弁からなるエッセイなんて・・・。

人気文士!?森見登美彦氏の日常生活と妄想が垣間見られる

オモチロ随筆集としてモリミーファン必読の書。

美女に会ったら伝えてくれ。

俺は嫁を大事にする男だと。


この名文句だけでもありがたや〜。

なむなむ・・・。


おすすめ!!★マイクロミニスカ★

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月24日(Sat)▲ページの先頭へ
ファイターズ日本シリーズ進出決定!!

クライマックスシリーズという制度が始まってから、

リーグ優勝してもどうもすっきりしない。

ここで負けたらリーグ優勝してもなんにもならないから。

しかし、今年のクライマックスシリーズは感動した。

スレッジの逆転サヨナラ満塁ホームランに始まり、

金森のノーアウト満塁から1点も与えないセットアップ、

楽天マー君の気迫の完投勝利。

そして今日のひちょり奇跡のホームラン、リリーフ岩熊から

スレッジの3ランホームラン。

ノムさんの両チームによる胴上げには涙出そうになった。

見所満載の素晴らしい試合に感動しっぱなしだった。

野球ってホントいいもんだね〜。

勝ったから良かったんだけどね・・・。

さて、次は日本シリーズの相手が気になるところ。

是非ともセリーグ王者、ジャイアンツとやりたいところだ。

ダルビッシュの復帰が間に合うのかも気がかり・・・。



おすすめ!!★マイクロミニスカ★

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

「ジョン・レノン 1940ー1966」レイ・コールマン

ブックオフにて250円で手に入れたレイ・コールマン著の

「ジョン・レノン 1940-1966」の上巻。

そう、上巻だけなのだ。

下巻はどうした!?

なぜ上・下巻一緒に売ってくれないのだ。



ジョンの少年時代からの奇才ぶりをあらゆる関係者の証言を元に

赤裸々に描いた著書。

なかでもポール・マッカートニーとの出会いがおもしろい。

ジョンはポールの類い希に見る才能に惚れ込むと言うより

嫉妬していたのだ。

他のグループに取られてライバルとなるくらいなら自分のバンドで

飼い慣らそうと考える。

ジョンは生涯ポールの才能に嫉妬し続けていたのだ。

そして、自分の声が嫌いで歌声にやたらとディレイをかけたがった。

そのことでジョージ・マーティンとは結構対立したらしい。

ソロになってからは自由にディレイをかけまくっていたからね。

ディレイのかかった歌声も魅力的だったけど、ビートルズ時代の

ナチュラルな歌声の方がどちらかというと好きだ。

魅力的な歌声なのに何故嫌っていたのだろう。

きっとポールの美しすぎる歌声に憧れていたのだろう。

ジョン・レノンの声がたまらなくセクシーなこの曲。

THE BEATLES "You're Going To Lose That Girl



自分の作る曲なんてすべてまねごとだよと言うジョン。

プレスリーやチャック・ベリーがロックンロールの基本はすべて

やりつくしてしまったからね〜なんて・・・。

ジョンにそれを言われてしまったら、ビートルズ以降のロックなんて

まねごとのまねごとでしかない。

そんなことを考えさせられた。

この本は、いろんなエピソードが事細かに書かれた名著である。

ビートルズ・ファンなら必読の書だ。

ジョン・レノンのすべてを知ってるつもりでいたけど、この本を読んで

さらにジョン・レノンの奥深さを知ることとなった。

知れば知るほど魅力を増すジョン・レノン。

さて、これから下巻を探さなければならない。

★ジョン・レノンTシャツ★


ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月23日(Fri)▲ページの先頭へ
ゆるキャラまつり〜みうらじゅん

今日から始まった「ゆるキャラまつり in 彦根」

オープニングイベントに私がリスペクトするみうらじゃん氏が

ゲスト出演するということで見に行ってきた。



こんなところでもみうらじゅん節が炸裂。

「キャラの素材は何でもいいんです。

目と口を付ければいいだけですから」


とか、

「着ぐるみは永遠の命を授かっている。

破れたら作り直せばいい。

中の人は誰が入ってもいいんだし・・・。」


とか、

「雄琴のオゴトンに注目してます。

なんせ、あの雄琴ですから・・・。」


終始こんな調子なのだ。

私は大笑いさせてもらった。

しかし、会場に集まったちびっ子達は退屈しはじめる始末。

ゆるキャラまつりに最も相応しくないコメントばかりなのだ。

しかし、これもゆるキャラの名付けの親だから許される横暴なのだ。

みうら氏の「ご開帳」の発声とともに幕が上がって出てきたのがこれ。



うようよとうごめくゆるキャラ達は圧巻だった。

中には決してゆるくない、どっちかというと濃いめのキャラもいた。

やたら腰をくねらせているこの女性キャラは何者だ!?



明日、明後日も引き続き彦根市内にゆるキャラ達がうごめくのだ。

まだまだ人気!?ひこにゃんもいるよ。

    

おすすめ!!★マイクロミニスカ★

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

ロッカー in 原宿

アキバの美少女抱き枕を鑑賞した後は、リアル美少女のメッカ、

原宿の竹下通り、表参道をぶらついてみました。

さすが数々の美少女達がスカウトされた街というだけあって、

平日にもかかわらず気合いの入ったオシャレをした女の子で

溢れかえっている。

そこにあらわれるおじさんロッカー。

しかし、ラウパ帰りで観光をしていると思われる人もちらほら。

スレイヤーTシャツ着た外国人達や、ドッケンTシャツのおじさんも

見かけたのだ。

行動パターンがおのぼりさんの私と同じだな。

コジャレたオープンカフェでコーヒーを飲むロッカー


向かいのテーブルでは子犬を抱いたスカしたカップルがいた。

会話しているようだけど話し声が全然聞こえない。

東京の人たちはなぜ声が小さいのだ!?

こっちとら、前日のラウパのおかげで耳がちょっと遠い。

必然的に声も大きくなるというもの。

しかも、関西弁。

コジャレたオープンカフェに最も相応しくない客だった。

そんなことだから早々に退散した次第なのだ。


ここでラウパこぼれ話をひとつ。

ARCH ENEMYで怒濤のモッシュが繰り広げられている最中、

靴を振りかざして飛び跳ねている人がいた。

これは新しいタテノリのひとつなのかな〜なんて見ていたら

どうやらその靴が脱げた人がいたらしい。

無事、持ち主に返されたようだ。

その後、今度は財布を振りかざしている人がいる。

どうやら財布が落ちていたらしい。

これも無事返されたようだ。

激しいモッシュの中でちょっと微笑ましい光景だった。

ちなみに、DEAD BY APRILのライヴ中、Wall Of Deathでぶつかり

終わった後100円玉を拾った。

これはありがたく頂戴しておいたけど、これくらいいいよね。

ラウドパーク★バンドTシャツ特集
ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月22日(Thu)▲ページの先頭へ
ロッカー in 秋葉原

ラウドパーク翌日はせっかく東京まで来たんだからと、

外国からの観光客もたくさん来るという秋葉原を散策。

しかし、私の興味を惹くようなものは何もない。

アキバ名物・メイドカフェの呼び込みのオネェーちゃんが、

平日にもかかわらずがんばっていた。

もののふカフェなる侍コスプレの店もあるようだ。

これが今、世界に発信されてる日本文化なんだね・・・。

つわものどもは夢の後・・・。





オタク文化の聖地に立つおのぼりさんロッカー


オタク文化の第一人者・宅八郎と髪型はそんなに変わらない。


ここに写っている美少女抱き枕を作っている業者を私は知っている。

リアルなエロ美少女抱き枕は高価取り引きされているという。

行く末恐ろしや・・・。

おすすめ!!★マイクロビキニ★

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月21日(Wed)▲ページの先頭へ
ラウドパーク'09 in 幕張メッセライヴレポ(18日)

ラウドパーク2日目は前日の疲れが若干、いや、かなり残っている。

しかし弱音を吐いてはいられない。

決死の覚悟で臨んだラウドパークなんだから・・・。

【DEAD BY APRIL】
この日はオープニングからちゃんと間に合った。

スウェーデンの新人バンドDEAD BY APRILはマイスペで曲を聴いた程度

なんだけど、メロディアスで非常にわかりやすい曲。

しかもノリがいい感じ。

メタルって感じでは無いダンサブルな曲もあったりするけど、朝一は

これくらいがちょうどいいな〜なんて軽くノッていた。

しかし、最後の曲になってWall Of Deathを指示してきやがった。

「朝からなんでやねん!!」なんてブツブツ言いながらもちゃんと

指示に従う良い子の私。

人が少ないから結構巨大サークルが出来ている。

サークル中央でお約束の煽りでちょっといちびってみた。

1,2,3,4のコールで突っ込んでいったら速すぎたみたいで誰とも

ぶつからなかったのが惜しい。

その後高速回転サークルになってそれはそれで楽しかった。

ヴォーカルのクリーンヴォイスとモヒカンギターのコーラスが

絶妙で、とても美しいハーモニーも聴かせてくれたこのバンド。

これから注目してみたいと思った。

この日の音響は前日より音量抑え気味で聴き易かった。

DEAD BY APRIL

【H.E.A.T】
メロディアスハードロックバンドということでまったりと観る。

ヴォーカルのハイトーンがとても綺麗で耳に心地良い。

ツインギターのアンサンブルもこれまた心地良い。

楽曲もどこかで聴いたことあるようなメロディ満載で心地良い。

心地良すぎてなんだか印象に残ってないな〜。

BGMとしては最高のような気がした。

いいバンドなんだろうけど華がないというのか、クセがない。

まあ、たまにはこんなバンドも良かろう。

HEAT

【LAZARUS A.D.】
この日一番楽しみにしていたバンド。

いや、今回のラウパで一番の新人注目株LAZARUS A.D.の登場。

新進気鋭のスラッシュメタルバンドということで、どれほどザクザク切り刻んで

くれるのか楽しみにしていたのだ。

みんな期待度が高いのか、モッシュエリアには結構な人が集まりだす。

1曲目からいきなりサークルピットが高速回転し始めた。

もちろん私も高速回転。

ちょっとした運動会気分の回転なのだ。

回転ばかりも面白くないのでピット中央でエアギターをやり始めた。

そしたらけっこうエアギター仲間が増え始めたのだ。

私の隣にはエアベーシストまで現れた。

負けじとエアギターソロや風車ヘドバンもお披露目してあげた。

この演出のために髪の毛を伸ばしていると言っても過言じゃない。

そんなことして遊んでるもんだからステージをあまり観ていなかった。

ギターのリフ刻みはとても気持ちよかったような気がする。

スラッシュメタルはギターの刻みが要だからね。

ヴォーカルがちょっと弱いかな〜なんて気もする。

モッシュとエアギター&ヘドバンでクラクラしていたからよく分からないけど。

全然レポになってなくてゴメン。

単独公演でもう一度ちゃんと観たいバンドだ。

でもまた暴れてしまうんだろうな〜。

スラッシュメタル大好きだから・・・。

LAZARUS AD

【HIBRIA】
ブラジルからやって来た陽気なラテン系の奴らだ。

1曲目からお約束のタイガーパンチ!!

ヴォーカルが坊主頭でハードコアっぽいのにハイトーンが美しい。

ツインギターの奏でるメロディも美しい。

ドラムも手数が多くてお見事なのだ。

しかし、それより何より凄かったのがベーシストのマルコ。

6弦ベースでギターソロを弾くかのように歌っているのだ。

ベースのフレーズが歌っているという表現はどうよ!?って感じだけど。

なんせフレットからフレットへと縦横無尽に左手が動き回る。

時にはライトハンドタッピングまでやってのける。

しかもずんぐりむっくりな体で常に走り回っているし。

こんなベーシストは今まで観たこと無い。

終始マルコの動きに圧倒されっぱなしだった。

頭のてっぺんが寂しいことになっていたけど、肩から二の腕にかけて

毛がボウボウに生えているのも見逃せなかった。

というわけで、楽曲はあまり好みじゃないんだけどバカテク集団の

技とステージパフォーマンスは素晴らしかった。

いいもの見せてもらったよ〜。

HIBRIA

【ROYAL HUNT】
ここで今回初めてサブステージに移動することになった。

一度は観てみたかったROYAL HUNT

楽曲の良さと演奏の腕前には定評があるだけにどんなステージを

見せてくれるのか非常に楽しみだった。

しかし、この日は選曲があまり良くなかったな〜。

持ち時間が短いのでもっと昔の名曲をやって欲しかったんだけど、

新曲とか聴かされてもよく分からなかった。

彼らの楽曲は聴き込んで良さが分かるのだから新曲は辛い。

ヴォーカルのマーク・ボールズのハイトーンは素晴らしいんだけど、

中低音域は若干苦しそうだった。

ギター&ベースのルックスは美しいし、もちろんキーボードの

アンドレはオーラを感じる存在感だった。

それより目を惹いたのはバックコーラスの女性。

美しことはいいことだと思った次第である。

ラストに演奏された名曲"Last Goodbye"はやっぱりいい曲だ。

「ラスッ!ラスグバ〜イ!」の掛け合いがたまらなく気持ちよかった。

いろいろ不満もあったけど、これ聴けただけでも良しとする。

ROYAL HUNT

【GOTTHARD】
メインステージからNAPALM DEATHの轟音が響いてきてたけど、ここは

大事なGOTTHARDのためサブステージでじっと待機する。

ライヴには定評のあるGOTTHARDがその噂に違わぬ素晴らしいステージを

見せてくれたのだ。

まず、ヴォーカルのスティーヴの歌が上手い!!

そしてステージパフォーマンスが上手い!!

ツインギターの掛け合いも最高!!

観客への煽りも上手いし、シンガロングさせる楽曲を随所に散りばめて

ステージとの一体感が素晴らしい。

ロックのライヴの醍醐味をすべて盛り込んだ楽しさなのだ。

スイスのBON JOVIなんて言われているけど、最近のBON JOVIより数段

GOTTHARDの方がいいと思える。

キャッチーでポップな曲もいいし、ノリのいいロックンロールもいい。

バラードもいいし、ブルージーなところもいい。

いいとこずくめの素晴らしいバンドなのだ。

しかし、日本での人気はいまいち。

是非今度は単独来日公演を観に行きたいと思った。

この日のベストアクトはGOTTHARDで決定!!

2日通しで考えてもMEGADETHに負けず劣らず素晴らしいライヴだった。

ちなみにGOTTHARD終演とメインステージのFAIR WARNINGの時間が若干

重なっていたため急いでダッシュしたが、すでに2曲目の"Save Me"が

2コーラス目に入っていた。

美しいサビのメロディを聴きながら走ったけどメインステージに着いた時には

ギターソロも終わりエンディングに入っていた。

"Angels Of Heaven"と"Save Me"が聴きたかっただけに非常に残念。

同じ思いをしている人たちが多かったのか、ダッシュしている人がかなりいた。

FAIR WARNINGは来年1月の単独公演が決まったようだからまた観る機会はあると、

今回はスッパリ諦めて、またまたサブステージ待機に入る。

GOTTHARD

【ANVIL】
FAIR WARNINGは単独来日が決定したことだし、ここはひとつ夢を諦めきれない

男たちANVILをじっくり観ることに徹する。

来週公開の映画のプロモーションとしても良い機会だったのだろう。

映画監督の挨拶からライヴは始まった。

しかし、いきなりLIPSはステージから降りてきてギターを弾きまくっている。

もうこの時点で私も含めて観客は興奮のるつぼと化してしまった。

ギターのピックアップをマイク代わりにMCするLIPS

ヘンテコなパフォーマンスで魅了するのは相変わらず。。

ギター弾きながらの顔芸は25年前に観たSUPER ROCK'84とまったく変わっていない。

ギターにバイブレーターを押し当てるパフォーマンスも変わっていない。

そして、バイブをくわえるふりをしたり、股間に当てたりしながらフェ○が

どうのこうのなんていうシモネタも相変わらずだ。

どうしようもない下品な奴なんだけど憎めない。

名曲"School Love"の演奏では死ぬほどヘドバンしてしまったし、

"Metal On Metal"での大合唱も大声出して楽しかった。

曲間では常にANVILコールして無茶苦茶盛り上がってしまった。

まるでSAXONのライヴを彷彿させた。

スロー〜ミドルテンポの楽曲が多いからゆったりしたヘドバンなんだけど、

これが後々大きなダメージとなることをこの時は知るよしもない。

熱いアンコール要請にも応えてくれて、この日ここまでで最高の盛り上がりだった。

観客も40歳代、長髪バンドマン風な人たちが多くて、夢を諦めきれない

男たちが多数いたようだった。

私も含めてなのだけど・・・。

"School Love"以外楽曲はたいしたことないんだけどライヴは最高に盛り上がる。

これからも是非応援していきたいバンドなのだ。

ANVIL

【ROB ZOMBIE】
メインステージに戻るとChildren Of Bodomが激しい演奏を展開している。

こんなハードコアなバンドだったけな〜なんて思いながら遠目に眺めた。

昔のようなメロデス系の楽曲中心にやってくれたらな〜。

疲れがかなり溜まっているためROB ZOMBIEはスクリーン前の柵に寄りかかって観る。

ステージはテレビがセットされ、さすがテレビっ子のゾンビといった感じ。

飛び跳ねたり、ヘンテコなダンスをしたりで上機嫌なゾンビ。

すぐにステージから降りてきて客席に飛び込もうとするゾンビ。

観ていて楽しかった。

しかし、楽曲が私の好みとちょっと違うためか退屈してきて、いつのまにか

睡魔に襲われてウトウトしてしまった。

ここにきて2日間の疲れが一気に襲ってきた感じ。

これじゃSLAYERまで持たないと思い、喫煙場所に座り込んで体力回復に努める。

そんなわけでROB ZOMBIEのレポは書く資格無しです。

ゴメンナサイ!!

ROB ZOMBIE

【SLAYER】
ほとんど体力が回復していない。

しかし、SLAYER観ずしてラウドパーク'09は語れないということで、モッシュピットを

諦めて、人気の無いギターのジェフ側最前近くで観ることにした。

案外後ろからの押しがほとんど無く、ヘドバンスペースを確保できているのが不思議。

オープニングから新曲を持ってきたのは新作への自信が窺われるというもの。

心配されたトム・アラヤの声もまったく大丈夫。

音響も素晴らしいし、帝王に相応しい完璧な状態でライヴが始まった。

ケリーもジェフも力技でのギターリフ、バッキング、ソロを繰り出す。

ギターってそんなに腕力が必要な楽器だったのかと思わせる。

それにしてもケリーの風貌は間近で見ると怖い。

SLAYERで一番の見所はやはりデイヴ・ロンバートのドラム。

鳴り物がたくさん備え付けられた豪華なドラムセットで、これでもかと

いうくらい音数が多いのだ。

デイヴはいったい何本の手と足を持っているのだ!?

普通の人間ならこんなに叩けるはずがない。

瞬きするのも惜しいくらいじっくりドラムさばきを観させてもらった。

どうやらデイヴは2本の手と2本の足しか持ってない。

これは私たちと同じだ。

しかし、神業でもってドラミングしているようだ。

ミドルテンポの"Dead Skin Mask"の演奏でも決して休まず音数を叩き

込んでくるデイヴの神業に悶絶しっぱなしだった。

SLAYERの魅力は誰がなんと言おうとデイヴのドラミングだと断言する。

デイヴ・ロンバート

そんなSLAYERのライヴでは口をぽか〜んと空けて観ていたわけではない。

どんな時でも私はヘドバンなのだ。

そのための長髪だと何度も言ってるだろう!!

もうすでに悲鳴を上げすぎて、悲鳴も出せなくなってきた首と肩と腰。

後半の"Hell Awaits","Angel Of Death"あたりではもう限界を超えていた。

最後の"Raining Blood"では2日間の締めくくりだと、そしてこれで

もう終わってしまうのだという感慨も含めて死ぬ気でヘドバンした。

2日間、最高に楽しい思いをさせてもらったラウドパークに感謝のヘドバン。

SLAYER

終演後しばらく放心状態だった。

音響面の不満や、演奏面での不満など細かな問題はもうどうでもいい。

こうやってヘヴィーメタルのフェスを開催してくれて、全国から多くの

仲間達が集まって、みんなが楽しく盛り上がれるというのは本当に幸せだ。

感謝の気持ちで一杯になった。

ここに集まった仲間達と来年もまた会いたいと心から思った。

ヘヴィーメタルを信じてきて良かった。

ラスティエンジェル SNOW BLIND
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月20日(Tue)▲ページの先頭へ
ラウドパーク'09 in 幕張メッセライヴレポ(17日)

ヘヴィーメタルの祭典、ラウドパークに4年目にして初めて参戦して参りました。

2日間で観たのは18バンドのライヴ。

まずは初日のライヴレポからどうぞ。

かなり長いので適当に読んでね。

【BLESSED BY A BROKEN HEART】
リストバンド交換、そしてクロークに荷物を預けるのに長い行列だったため、

オープニングに少し間に合わなかった。

会場のBIG ROCK STAGEに入ってまず驚いたのが音のデカさ。

いきなり爆音で、しかも非常に音の分離が悪い。

メタルコアなサウンドが塊となって耳に突き刺さってくる。

これじゃ鼓膜が最後までもたないよ〜なんて思った。

途中から耳が慣れたのか、PAが改善されたのか少しだけ聴き易くなった。

LAメタル的なメロウなメロディラインの曲もあったりしてバラエティに富んでいた。

最後は「ムビョバディ」として一部で有名な"Move Your Body"

決して多くはないフロアも楽しそうにノリノリだった。

BUCKCHERRYのジョシュを彷彿させるヴォーカルの筋肉質ボディはカッコ良かった。

若さは最大の武器、これから先が楽しみな若者達。

BLESSED BY A BROKEN HEART

【STEEL PANTHER】
BLESSED BY A BROKEN HEARTとは正反対の若作りおじさんバンド、

STEEL PANTHERの登場!!

ULTIMATE STAGEでは熱狂的なパンサーサポーター達が集まってきた。

1曲目から若者達の激しいモッシュなのだ。

モッシュするような曲調ではないんだけどな〜なんて思いながらも

盛り上がるからすごく楽しい。

午前中なのにすでに汗だくになってしまっている。

ヴォーカル&ギターのMCではシモネタ満載で、ベースは鏡で相変わらず

ヘアースタイルを気にしている。

曲中にヘアースタイルを気にしてベースから手が離れてもベース音が鳴っていた。

深くは考えたくないが、とんでもない技を繰り出してベースを弾いていたのだろう。

そう信じたい。

MCと名曲ギターリフ大会で曲数が少なかったのがちょっと残念。

アメリカのクラブ・ギグで鍛えた演奏レベルの高さとコミックバンドとしての

質の高さをまざまざと見せつけてくれた。

非常に楽しいライヴで、こういったフェスには最高のバンドだね。

ちなみに音響は非常にクリアで聴き易かった。

音量も程良くBLESSED BY A BROKEN HEARTの時とは全然違った。

この日はBIG ROCK STAGEの方が総体的に音が大きいように感じた。

STEEL PANTHER

【FIREBIRD】
OUTRAGEの時間を食事に当てたんだけど、もの凄い爆音が響いていた。

FIREBIRDを待機しながら2曲ほど聴いたけどタイトな素晴らしい演奏だった。

OUTRAGEさんごめんね、今度機会があったらちゃんと観るから。

さて、楽しみで仕方なかったのがオールドなロックスタイルのFIREBIRD

たった3人という最小ユニットでスケールの大きなブルースロックを

聴かせてくれるのがこのバンド。

ラウドパークで唯一場違いなバンドかもしれないけど私の大好物なのだ。

ドラムはタムとスネア1個ずつと1バス、ハイハット、シンバル3枚という

必要最小限のセットを組んでいる。

ギター&ベースのシールドはジャバラのようにぐるぐる巻いてるやつ。

ビル・スティアーのギターはオールドなレスポールにP-90のような古い

シングルコイルの1ピックアップというスタイル。

音がとんでもなく古臭くていい感じなのだ。

最新アルバムで私が一番好きな"Fool For You"もやってくれた。

この時はライティングをピンクや紫に変えて、妖艶なこの曲のムードに

合わせていたのも良かった。

ギターソロのチョーキングで悶絶していたのは言うまでもない。

ギターを置いて、ハーモニカを吹く姿も絵になる男だ。

なんせビル・スティアーがカッコイイのだ。

ビルの一挙手一投足に釘付けだった。

金髪の長髪ストレートにピタピタのTシャツ、ベルボトムというリアル70'Sの

ファッションが、抜群のスタイルを誇るビルにお似合いだった。

音響も音圧低めで、最小ユニットの良さを引きだしていた。

期待通りの最高のライヴパフォーマンスだったのも言うまでもない。

FIREBIRD

【LOUDNESS】
エース・フレーリーの替わりに急遽決まったLOUDNESS

「君が代」が荘厳に流れて登場するのが日本を代表するメタルバンド

といった雰囲気で良かった。

ちなみに左翼かぶれの私は「君が代」はあまり好きではない。

今回のLOUDNESSは、コアなファン以外の人たちに気を遣ったのか、

昔の有名曲を連発してくれた。

懐かしい曲ばかりでノスタルジーに浸れて至福の時間を過ごした。

メンバーの風貌は昔とは変わり果ててしまっていたけど。

最後にひぐっつぁんに捧げると言った曲はバラードかな、なんて

思っていたらもの凄く激しい曲で思わず笑ってしまった。

しかし、急遽出演が決まったにも関わらず、完璧なライヴをこなす

ところがLOUDNESSの凄いところ。

日本を代表するメタルバンドであると再認識した。

音響は爆音過ぎて耳が痛かったけど・・・。

LOUDNESS

【DOKKEN】
懐かしさで言えばDOKKENもなかなかのもの。

なんせ80年代はヒット曲連発していたバンドだから。

ドン・ドッケンの風貌がメタボってしまい残念なことになっていたけど、

それ以上に残念だったのは声が出ないこと。

観客にスクリームを煽るように「I Can't Hear You!!」と何度も言う

のだけど、そのセリフはこっちが言いたい!!

あの往年の透き通るような声がないと名曲が台無しなんだよ!!

ギターのジョン・レヴィンはジョージ・リンチを彷彿させるギタープレイ

だったし、他の楽器陣も堅実で非常に良かった。

音響もクリアで聴き易かったし、問題はドンなんだよ!!

そんな思いでいまいちやりきれない気分で観ていたら、ジョージ・リンチが

突然ステージに乱入してきたではないか。

一瞬唖然とした。

ジョージだと分かると思わず「奇跡だ〜!!」と叫んで意味もなく前の方まで

駆け寄ってしまった。

どうやら周りの人たちも同じだったみたいで、いきなり大盛り上がり。

スピードチューンの"Tooth And Nail"を一緒に演奏するのを観ながら

涙が溢れそうになる。

なんだかわけがわからないけど、感動しまくった。

ジョンとジョージのツインリードもたっぷり見せてくれたし、最後は

ドンとジョージの熱い抱擁まで見せてくれた。

とんでもないハプニングを観ることができた。

これだけでも幕張までわざわざ観に来た甲斐があったというもの。

チケット代と新幹線代とホテル代の元はじゅうぶんに取った感じがある。

それほどこの光景には感動した。

オリジナル・ドッケンが観られる日も近いのかも・・・。

しかし、そのためにはドンよ、ヴォイス・トレーニングとシェイプアップが

必要不可欠だからな!!

最後にやったのは"In My Dreams"なんだろうけど、

そんな声じゃ私は認めないぞ!!

DOKKEN

【ANTHRAX】
スラッシュ四天王の一角だけど、人気の面でイマイチのANTHRAX

しかし、この日は巨大サークルピットが大いに盛り上がっていた。

私はというと、かなりこの時点でバテ気味。

ARCHE ENEMY側で待機しながらまったりとスクリーンで観させてもらった。

ジョン・ブッシュの顔が面白くてカメラがわざとアップばかり撮ってるんじゃ

ないのかと疑ったくらいジョンが個性的だった。

ただ、またまたBIG ROCK STAGEの音は爆音で作り上げていて、何を演奏して

いるのかわからない。

観客も曲が分からないからサークルピットを回るしかなかったのか。

なんせ盛り上がっているんだけどカオス状態だった。

ANTHRAX

【ARCH ENEMY】
ANTHRAXの悪い音響が引き継がれたのか、ULTIMATE STAGEで今日初めて

音響がグチャグチャになったのがARCH ENEMYだった。

ギターの音がキンキンで耳が痛い。

アンジェラの声はエフェクトのかけすぎなのか、とても籠もっている。

ドラムはバスドラしか聞こえない。

最悪の音響で、こちらもサークルピットがヒドイ状況になっていた。

ARCH ENEMYはギターソロや、サビのメロディを一緒に歌うところに

楽しさがあるのに音響が悪すぎて歌えないのだ。

One For Allとかなんとか歌ってるな〜と思ったらマイクをこちらに向けるから

おそらく"Nemesis"を演奏しているのだろうといった感じなのだ。

音響の悪さに対する怒りのサークルピットだったのだろうか。

曲と関係無しに回っている人が多数いた。

せっかく、初期の"Beast Of Man","Demonic Science"なんてレアな

選曲をしてくれていたのに非常に残念だった。

セットリストも短いような気がしたけど、これ以上爆音を聴かされるのも

辛かったので終わった時にはなんだかほっとした。

バンド側は一切悪くないのに音響ですべて台無しという可哀相なことだった。

ちなみにアンジェラ以下メンバー全員シェイプアップしていたのは良かった。

衣装を統一するのはヴィジュアル系バンドのようで好きになれないけどね。

ARCH ENEMY

【MEGADETH】
この日最大のお楽しみだったのはMEGADETH

ARCH ENEMYが終わってからタバコ吸いに行ってBIG ROCK STAGEに行ったら、

もうすでに満杯状態になっている。

1バンド終わるごとにタバコ吸いに行くというのが出遅れる原因なんだけど、

ニコチン補給が欠かせないから致し方なし。

仕方なく正面中央よりやや後ろで観ることになった。

しかし、ここが熱いオールドメガデスファンの集まり場所だった。

周りがMEGADETHの曲を知り尽くしている人たちばかりなのだ。

"Sweating Bullet"では、あのややこしい歌詞をモノマネのように歌う。

MEGADETH特有のキメのポイントでは必ず拳を振り上げる。

MEGADETHの楽曲に予定調和はほとんど無いからこれが結構難しいのだ。

超レアな"Rattlehead"が演奏されてもまったくたじろいだりしない。

インテレクチャルなメガデスファン達に囲まれて幸せだった。

ヘドバンもみんな熱かったし・・・。

この日のMEGADETHは選曲も良かったし、音響も抜群に良かった。

ギターが特にクリアに聞こえて、今までのBIG ROCK STAGEの音作りは

なんだったのかと思えるくらい。

楽曲の良さと安定した演奏、音響の良さで3拍子揃った素晴らしいライヴだった。

新加入のクリスのギタープレイも完璧。

"Holy Wars"の中間部でのクリーントーンの中近東音階もマーティとほぼ同じ

フレーズで弾いていた。

技巧派アル・ピトレリでもちゃんと弾いていなかったフレーズなのに。

この新加入ギタリストはかなりの強者とみた。

デイヴと最強のタッグになるのではないかと期待する。

デイヴの方は相変わらず髪の毛が多くてゆるくウェーブしている。

これがステージ映えしてとても綺麗だった。

デイヴのヘドバンはお掃除用のモップに見えると思うのは私だけ!?

最近のデイヴは機嫌が良すぎるのがちょっと気になるのだけど・・・。

今日のベストアクトはMEGADETHで決まり!!

MEGADETH

【JUDAS PRIEST】
お待ちかね、ヘッドライナー・メタルゴッドの登場!!

またまた煙草吸いに行ってる間に後ろまでぎゅうぎゅうになっている。

そこをかき分けかき分けなんとかグレン側の前の方まで行ってみると、

前の方は正面以外はゆったりしていたのだ。

なんだ、みんな後ろで観たかったのか!?

オープニングから「BRITISH STEEL」の完全再現。

ステージセットにいつもの豪華さが無いのがちょっと残念だけど

フェスだから仕方がないのだろう。

ロブが思ったより動いている。

前々回の来日公演で、ほとんどうつむいて動かず歌っていたのとは大違いだ。

あの時はステージ衣装が重そうだったから仕方ないのか。

本来はもっと動いて欲しいんだけどね。

それよりもロブの声が良く出ていることに感動した。

随所にハイトーンをちゃんと散りばめ、"Victim Of Chabges"では最後の見せ場

である金切りハイトーンを再現していた。

ロブ凄すぎる〜!!

音響はさっきのMEGADETHよりさらに良くなっている。

個々の楽器の音が抜群のバランスでくっきりはっきり聞こえる。

埋もれてしまいやすいシンバルの音までちゃんと聞こえる。

なんだ!?これはちゃんとしたホールで聴いているような音だ。

この日はさんざん悪い音響を聴いてきただけに最初はそんな音ばかりに感動していた。

さて、ライヴの方は定番の"Breaking The What?(Low)","Living After Midnight"

のようなシンガロングで大盛り上がり!!かと思いきや、私の周りの人たちは

恥ずかしがり屋さんのようで腕が上がらないし、声もあまりで出せないみたいだった。

私一人大声で歌って迷惑だったんじゃないかと心配したよ。

ライヴじゃ恥ずかしがらずに、もっと阿呆になっていいんだよ。

まあ、それぞれ楽しみ方があるからいいんだけどね。

"United"のシンガロングも楽しかったし、レアな"The Rage"やタイトルが長くて

覚えられない"You Don't Have To Be Old To Be Wise"も良かった。

"Electric Eye"の無いJUDAS PRIESTのライヴなんてどうなんだろうと思ったけど、

全然問題なかった。

なんか特別なライヴが観られたようで得した気分。

決して「British Steel」は大好きというアルバムではないんだけどね。

アンコールの"Freewheel Burning"を聴けたのは85年以来だし、

"Diamond And Rust"のエレクトリック・ヴァージョンは初めて体験。

このあたりの選曲も大好きな曲だからとても嬉しかった。

定番中の定番「オ〜ウ、オ〜ウ、オ〜ウイェ〜」でスクリームする

"You've Got Another Thing Comin'"は何度聴いてもやっぱり楽しい。

しかもヘドバンに最適のリズムなのだ。

首がもうダメ〜って悲鳴をあげていたけど容赦してくれない。

さすがメタル・ゴッドという素晴らしいライヴで魅せてくた。

JUDAS PRIEST

とても楽しいラウパ初日はこうして終了したのだった。

私はオールドタイプのメタラーなので基本的にヘドバン&エアギターで

長髪を振り乱してほぼ1日頭を揺さぶっていた。

そのため脳細胞がいくつか破壊されて記憶違いのところがあるかも

しれないけど悪しからずご了承願いたい。

ラウパ2日目につづく。

ラスティエンジェル SNOW BLIND
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月19日(Mon)▲ページの先頭へ
ラウパより無事生還

ラウドパーク'09より生きて帰ってくることが出来ました。

かなりの肉体的疲労で、今日はフラフラだったけど、

アキバ&原宿の東京観光をちょっとだけして今生還。

ラウドパークは夢のような楽しい2日間でした。

終始顔がにやけて仕方がなかったよ〜。

詳しいレポはまた後ほどということで、まずは無事生還の報告まで。

大阪のライヴ会場でいつも目にする人たちを何人かお見かけした。

関西からの遠征組もがんばってるんだな〜と感心。

負けてられない!!来年も絶対行くぞ!!と決意したのであった。

ラウドパーク★バンドTシャツ特集
ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月16日(Fri)▲ページの先頭へ
私的業務連絡

ついに明日から始まるラウドパーク'09

朝早くから出発しなければならないのでこの通りです。

楽天ショップ「ラスティエンジェル」

尚、19日の帰宅時間が未定のため20日より通常営業です。

ご迷惑をお掛けしますがご了承くださいますようお願いします。

FAIR WARNING "Save Me"


おすすめ!!★マイクロミニスカ★

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

メガデスTシャツがヤバイ

今回のラウドパークで一番楽しみなのがMEGADETH

そのMEGADETHのオフィシャルツアーTシャツがようやく

ラウドパーク公式サイトにアップされた。

メガデスTシャツ

ヤバイ!!

どのデザインにしようかと迷うほど・・・・






デザインがひどい・・・。



無駄遣いはやめとこう。

MEGADETH "Headcrusher"


ちなみに、ラウパ出撃の準備は万端。

1日目はシンプルなメガデスTシャツで武装する。

2日目はヘッドライナーに敬意を表しスレイヤーTシャツ。


ロレアル パリ エクセランススムースコントロール ヘアパック 240g

この1週間、痛みが激しくなりつつある我が黒髪をロレアルの

ヘアパックトリートメントでダメージ補修したけどあまり効果無し。

不惑の42才、関西在住、黒髪の長髪ロッカーが関東へ乗り込むので、

どうか温かく迎えて欲しい。

激しいモッシュで可愛がってもらってもいい。

おすすめ!!★マイクロビキニ★

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月15日(Thu)▲ページの先頭へ
猫増殖中

近所にまたまた黒い子猫を発見。

黒い毛玉のようなのが4匹ほど転がってた。

どうやらこの地域は猫の街のようだ。

特に黒猫率が非常に高い。

過疎化が進む旧市街地なだけに人間よりも猫の方が多いかも。

しかし、猫は見てるだけで和むね〜。


狸かと思った。


なんて顔してんだよ〜。

Buddy Guy "Black Cat Blues"


猫の目の色がジワジワ変わっていく変な映像。

バディ・ガイのブルースは渋い!!

おすすめ!!★マイクロビキニ★

ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

AC/DC詳細

AC/DCの呼び屋はやっぱりH.I.Pだったか〜。

3月12日(金)さいたまスーパーアリーナ
Open:18:00/Start:19:00
S:¥12,000 A:¥10,000 B:¥8,000 C:¥6,000(税込)

3月16日(火)京セラドーム大阪
Open:18:00/Start:19:00
S:¥12,000 A:¥10,000 B:¥8,000 C:¥6,000(税込)


GUNS N' ROSESのドーム公演と似たパターンだな。

S席12000円は高い気がするけど・・・。

海外まで観に行くこと考えたら安いとひとりごちてみる。

さいたまも行きたかったけどこの値段じゃ自重するしかない。

京セラドーム大阪公演一本で勝負する。

H.I.P会員先行予約が10月17日正午ってことはラウパ中じゃないか。

苦手なモバイルを駆使するしかないね。

来日記念★AC/DC Tシャツ特集
ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月14日(Wed)▲ページの先頭へ
ラウドパーク行動計画(その2)

2日目は千葉みなと駅前のホテルに宿泊しているため

ゆっくりめに行動できるというのがありがたい。

どれだけ体力が回復しているか鍵となるのだが・・・。

11時開演のDEAD BY APRILでこの日も軽く肩慣らし。

さらに11:35からのH.E.A.Tもさらに肩慣らしなのだ。

じゅうぶんに肩慣らしも終わった頃になんといっても楽しみに

している12:10からのLAZARUS A.D.がある。

このバンドで全力投球する覚悟がある。

アメリカからの新進気鋭スラッシュメタル・バンド。

スラドミで鍛えた私がモッシュ、ヘドバン受けて立とう。

さらに12:55からのHIBRIAもその勢いでタイガーパンチ!!

ワイハのサッカーパンチほどでは無いにしろ、タイガーパンチも

受ける覚悟がある。

おっと、ここまで休憩無し。

食事&休憩を取るのか、13:45からのHATEBREEDを取るのか!?

これは当日の体力と気分次第でいいだろう。

この後が怒濤の重なりスケジュールで大いに悩んでいるところ。

まずはサブステ移動で14:15からのROYAL HUNT

アンドレの紡ぎだす素晴らしいメロディとマーク・ボールズの歌唱に

まったりと身を委ねたい。

その後、既に始まっている14:40からのNAPALM DEATHを観るのか、

それとも大いに楽しみにしている15:35からのGOTTHARD

良い場所確保するためサブステにとどまるのか。

悩みの種は尽きない。

しかし、ライヴが非常に良いとあちこちから評判を聞くGOTTHARD

できるだけ間近で観たいからサブステというのは嬉しい。

GOTTHARDが終わるとダッシュでULTIMATE STAGEへ行く。

16:30からのFAIR WARNINGが最初に演奏するであろう

"Angels Of Heaven"と"Save Me"を聴きたいのだ。

間に合うかどうかわからないけど、ここがこの日の勝負所。

それが終わったらまたまたダッシュでサブステに移動。

17:05からの夢を諦めきれない男達ANVILを観るのだ。

名曲"School Love"を絶対聴き逃してはならない。

これさえ終われば後はメインステージで18:55からのROB ZOMBIE

そしてラウパオーラスを務める20:20からのSLAYERへとなだれ込むだけ。

おそらくSLAYERがラストに演奏するであろう"Raining Blood"では

すべての気力・体力を振り絞って、最後には死ねる覚悟がある。

メタラーとしての生き様であり死に様を見せる。

こうして2日間のメタルの祭典、夢のラウドパークが幕を閉じる。

予定通りの行動にはならないだろうけど、これだけ観られたら

もう思い残すことは何もない。

「ヘヴィーメタルを信じてきて良かった」と遺言を残す。

ラウドパーク★バンドTシャツ特集
ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

ラウドパーク行動計画(その1)

いよいよ3日前と迫ってきたラウドパーク。

初めての参戦ということで計画を練らなければいけない。

なんたって国内最大のメタルフェスだからね〜。

アタフタしている間に2日間なんてあっという間に過ぎてしまう。

まずは計画が大事!!

計画的無計画ではダメなのだ。

17日は、朝6時半に最寄りの彦根駅から電車に乗って、新幹線の

ひかり、のぞみを乗り継ぎ、東京から京葉線で海浜幕張に10時に着く。

なんとかオープニングの11時には間に合いそうだ。

11時からBLESSED BY A BROKEN HEARTで軽く肩慣らし。

11:40からのSTEEL PANTHERで一気にボルテージを上げる。

こんな昼間っからエロモード全開になってしまっていいのだろうか。

その後はOUTRAGEなんだけど、昼食の時間に充てるかもしれない。

申し訳ないOUTRAGEさん。

大好きな愛知県民、名古屋出身のバンドだから応援してあげたいんだけど、

空腹では戦が出来ぬというわけで・・・ゴメン。

13:15からは楽しみにしているFIREBIRD

午後のひととき、オールドなブルースハードロックにまどろむ。

そして、この後が問題。

エース・フレーリーがキャンセルだとか・・・。

それに変わってLOUDNESSなのか!?

エースのギタープレイも観たかったけど、場合によっては

LOUDNESSもありかも・・・。

15:05からは我が青春のDOKKEN

過ぎ去った青春の日々に思いを寄せてノスタルジーに浸る時間だ。

そんなまったりした時間を過ごした後は怒濤のライヴが待っている。

まずは16:10からのANTHRAX

初期の曲をやってくれなかったらいまいちノレないけど・・・。

17:30からは見飽きた感もなきにしもあらずなARCH ENEMY

しかし、今回はセットリストは初期アルバムをやるらしい。

"Beast Of Man","The Inmortal"なんかもやってくれるのだろう。

いつもと違うARCH ENEMYに期待したい。

18:50からはこの日最大のお目当てであるMEGADETH

新作が素晴らしいだけにそこからからたくさんやってほしいけど、

おそらく定番曲のセットリストになるのだろう。

それはそれでいいんだけど。

大佐のいつもの変な声とギタープレイに悶絶することだろう。

20:20からは大トリのメタルゴッドJUDAS PRIEST

「British Steel」完全再現ということで、超レアな"United"や

"The Grinder","The Rage"が聴けるのが楽しみ。

"You've Got Another Thing Coming"のしつこいぐらいのシンガロング

まで我が体力が持つのかちょっと心配だけど。

こうしてとても楽しいラウドパーク初日は終わるはず。

どこまで体力が持つのかわからないけどね。

あくまで計画ということで・・・。

ラウドパーク★バンドTシャツ特集
ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月13日(Tue)▲ページの先頭へ
「UNDER BLOOD RED SKIES」DISMEMBER

ラウパ前だというのになぜこの時期にお届け物が多いのか。

注文してたんだから仕方ないか・・・。

今日もamazonから小粋なお届け物があった。



スウェーデンのベテラン・デスメタル・バンド、DISMEMBERの

「UNDER BLOOD RED SKIES」なのだ!!

リージョンが心配だったけど問題なく観ることが出来ました。

内容はディスク1がLIVE AT THE PARTY SAN FESTIVAL 2008という

野外ライヴの映像、ディスク2が世界各国でのオフステージでの

お馬鹿映像とつまらないインタビュー。

インドネシアまで行っておきながら、日本に来ないとは何事!?

再来日公演実現を早期に希望する。

しかし、このバンドには華がない。

このDVDも完全マニア向けということは言うまでもない。

なんせディスメンバー自体がマニアックなのだから。

IN FLAMES,ARCH ENEMYらにどんどん先を越されている。

彼らは売れないことに美学でも持っているのだろうか。

しかし、90年代後半、私をデスメタルに目覚めさせたのはこのバンド。

IRON MAIDENの影響をストレートに表したデスメタルが、なぜか

私のハートを鷲掴みしたのだ。

このライヴ映像を観ても、観客のほとんどが男。

男が惚れるデスメタルバンドなのだ。

そのへんが日和った売れ筋デスメタルバンドと違うところ。

最前列の長髪の奴らはほとんどステージも観ないでヘドバンしている。

むさ苦しい男同士、見つめ合う必要は無いのだ。

しかし、ギターのDAVIDのハゲ散らかした落ち武者ヘドバンは見もの。



写真真ん中が数年前の髪の毛があるDAVID

落ち武者ヘドバンが観たければDVD買うべし。

惚れても知らないぞぅ。


ディスメンバー Dismember /Under Blood Red Skies [US輸入2DVD]

DISMEMBER "Dismembered (Live Blasphemies)"


ラウドパーク★バンドTシャツ特集
ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

AC/DC来日決定!!

来年の話をすると鬼が笑うと言うが、鬼が笑おうが

泣こうが知ったことじゃない。

来年3月にAC/DCの9年ぶり来日が決定したのだから。

前回は19年待ったんだから、今回の9年ぶりは早かった。

3月12日 さいたまスーパーアリーナ
3月16日 京セラドーム大阪

今回、大阪はドームなのか・・・。

それはちょっと買い被り過ぎじゃないのか!?

だけど、何が何でも行く。

これが最後かもしれないのだから。

AC/DC "Highway to Hell"


来日記念★AC/DC Tシャツ特集
ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2009年10月12日(Mon)▲ページの先頭へ
MSGアニヴァーサリー

どうも私はアニヴァーサリーという言葉に弱い。

マイケルシェンカーグループが「神」を出して30周年。

そのアニヴァーサリーということでスペシャルラインナップで

来日すると言うんだからちょっと食指が動いている。

ヴォーカルはもちろんゲイリー・バーデンなのはいいとして、

ドラムにサイモン・フィリップスというのが地味。

だけど、ベースがニール・マーレイというところにスペシャル感がある。

最近噂も聞かなくなったニール・マーレイ。

元気でいてくれたのだ。

95年頃にBLACK SABBATHとして来日した時以来観てないから、

今回はニール・マーレイを観るだけでも価値がありそう。

MSGなんてスーパーロック'84以来観てなかったし、最近は正直言って

まったく興味も無かった。

84年は1月の来日公演も観に行ったくらい好きだったんだけどね。

「神」,「神話」,「限りなき戦い」は当時聴きまくっていたし、

ギターもコピーしまくっていた。

高校生の頃、どのバンドもMSGのレパートリーを持っていたもんだ。

FM-NHKで放送されたマイケルシェンカーの武道館公演はカセットテープ

に録音して何度も聴いた。

ゲイリーのヘロヘロなヴォーカルを録り直した2枚組ライヴアルバム

「飛翔伝説」は、私にとってまさに神盤だった。

マイケルは、あの当時の最高のギターヒーローであり、ロックスターだった。

マイケルといえばジャクソンよりもシェンカーだったのだ。

そんな昔を懐かしんでいたら観に行きたくなってきたな〜。

MICHAEL SCHENKER

1/12(火)東京:中野サンプラザ
1/13(水)東京:中野サンプラザ
1/14(木)名古屋:ダイアモンドホール
1/15(金)大阪:なんばHatch
OPEN 6:00PM / START 7:00PM
前売 ¥8,000(税込・1Fスタンディング・ドリンク代別途)


ノスタルジーに浸るためだけに8000円は高い気がするけど・・・。

「神」の完全再現でもするのだろうか!?

「飛翔伝説」完全再現が観てみたいものなんだけど。

そう考えるとコージー・パウエルの早すぎる逝去が悔やまれる。

Michael Schenker Group "Armed and Ready"


クリス・グレンやテッド・マッケンナは昨年来日したようだけど、

誰もが忘れているであろうアンディ・ナイはどうしているのだ!?

アンディ・ナイ作曲のポップな名曲。

MSG "Rock My Nights Away"


ラウドパーク★バンドTシャツ特集
ブラジリアン水着・マイクロビキニ Tバック水着・マイクロビキニ
送料無料★マイクロビキニ★Tバック水着
マイクロビキニ★レッド★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★パイピングブラウン#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ピンク#2★Tバック水着【送料無料】マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着【送料無料】

来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ
ラスティエンジェルのスーパーオークション
ラスティエンジェル SNOW BLIND
西音寺蓮フォトギャラリー(PART 2) 川崎優マイクロビキニフォトギャラリー(PART 4) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

1 2    全44件