SNOW BLIND WORLD - 2011/07

SNOW BLIND WORLD
カテゴリ
SNOW BLIND WORLD
SNOW BLIND WORLD/一覧 (2841)


楽天市場最大の品揃え!
ロックTシャツ専門店!?
ラスティエンジェル
ラスティエンジェル



2011年7月
         
           

新着エントリ
FRANZ FERDINAND 来日決定! (10/27)
CRADLE OF FILTH 来日決定! (10/16)
Louisiana Rain 〜 Tom Petty (10/3)
DREAM THEATER at 豊田市民文化会館 ライヴレポ (9/12)
MAYHEM at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (9/6)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(後半) (9/1)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(前半) (8/31)
ザ西院フェス2017 ライヴレポ (8/25)
MUSE 来日決定! (8/24)
MICHAEL MONROE 来日決定! (8/2)
KRANG at Hikone Cocoza ライヴレポ (7/27)
サマソニタイムテーブル発表! (7/19)
RUINS ALONE at ダンスホール紅花 ライヴレポ (7/13)
Hot Motto Gumbo 2017 at 西部講堂 ライヴレポ!? (7/4)
PRAYING MANTIS & LIONHEART at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (7/3)
PAUL SHORTINO at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (6/23)
REVELLERS at Hikone Cocoza ライヴレポ (6/20)
DREAM THEATER 来日決定!  (6/19)
MUTATION来日決定! (6/7)
MAYHEM来日決定! (6/1)
CAROUSEL KINGS at 彦根Cocoza ライヴレポ (5/25)
IZZY BIZU at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (5/24)
DEVIL SOUND MANIA Vol.4 ライヴレポ (5/2)
START AT ZERO at 彦根COCOZA ライヴレポ (5/1)
NORAH JONES at 名古屋センチュリーホール ライヴレポ (4/28)
サマソニ日割り&追加発表! (4/20)
PAUL SHORTINO 来日決定! (4/11)
PUNKSPRING 2017 FINAL KOBE ライヴレポ (4/7)
#lovefighters (3/31)

新着トラックバック/コメント





ヤングミセスの下着ショップ
「VIECET」

アーカイブ
2006年 (152)
9月 (22)
10月 (47)
11月 (29)
12月 (54)
2007年 (638)
1月 (75)
2月 (58)
3月 (76)
4月 (45)
5月 (41)
6月 (29)
7月 (76)
8月 (53)
9月 (56)
10月 (44)
11月 (43)
12月 (42)
2008年 (417)
1月 (50)
2月 (41)
3月 (36)
4月 (39)
5月 (39)
6月 (34)
7月 (41)
8月 (34)
9月 (44)
10月 (11)
11月 (21)
12月 (27)
2009年 (458)
1月 (35)
2月 (31)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (42)
6月 (43)
7月 (37)
8月 (39)
9月 (43)
10月 (44)
11月 (42)
12月 (35)
2010年 (317)
1月 (35)
2月 (28)
3月 (20)
4月 (28)
5月 (32)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (30)
12月 (23)
2011年 (238)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (14)
4月 (23)
5月 (28)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (13)
10月 (13)
11月 (9)
12月 (9)
2012年 (146)
1月 (11)
2月 (16)
3月 (15)
4月 (12)
5月 (12)
6月 (14)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (12)
11月 (13)
12月 (13)
2013年 (137)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (10)
4月 (13)
5月 (17)
6月 (11)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (12)
10月 (9)
11月 (10)
12月 (15)
2014年 (103)
1月 (16)
2月 (10)
3月 (7)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (7)
7月 (10)
8月 (9)
9月 (7)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (6)
2015年 (97)
1月 (15)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (9)
8月 (10)
9月 (3)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (5)
2016年 (93)
1月 (11)
2月 (4)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (7)
6月 (7)
7月 (8)
8月 (6)
9月 (8)
10月 (7)
11月 (7)
12月 (10)
2017年 (45)
1月 (5)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)


アクセスカウンタ
今日:1,566
昨日:3,056
累計:6,047,151


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2011年07月31日(Sun)▲ページの先頭へ
「Mirrorball Live & More」DEF LEPPARD

デフレパード初のフルレンスライヴアルバム「ミラーボール」です。

今までライヴアルバムを何故出さなかったのだろう。

ほぼ同期のIRON MAIDENなんてアルバム出すたびにライヴアルバムと

ライヴDVDを出してるというのに。

MIRROR BALL- LIVE & MORE/DEF LEPPARD

¥3,098
Amazon.co.jp

「Pyromania」のスペシャルエディションではボーナスCDとして

当時のライヴ音源が付いてたり、グレイテストヒッツにもライヴ

音源が付いてたりと小出しにいろいろあったけど、まとめてライヴ

まるごと2枚組というのはやっぱりいいね。

しかもキャリア総集するようなベストヒット選曲。

つくづくいい曲が多いなぁと感心する。

ただ、演奏はかなりゆっくりめ。

「Pyromania」スペシャルエディションのボーナスCDと聞き比べてみると

スピード感が全然違うのだ。

当時はドラムのリック・アレンが事故する前で両腕があったからね。

片腕のドラマーということで演奏スピードを下げざるを得ないのか。

それともゆったり演奏するのがベテランの貫禄なのか。

そういえば最近のBON JOVIもライヴでは演奏がゆったりしている。

ライヴではアルバムよりもちょっと速いめに演奏してくれるのが

好みなんだけどな〜。

デフレパードの魅力は多重録音されたサウンドの厚み。

特にコーラスが決め手なのだ。

ライヴでは実際に歌われているのかテープを流しているのか分からないけど

このライヴアルバムではしっかりとコーラスも入っている。

ジョー・エリオットの音程がうわずり加減なのはいつものこと。

これがライヴの臨場感だからね。

実際のライヴでは散々な調子の時もあると聞く。

ジョーの出来不出来もライヴの醍醐味だね。

さて、今度の来日公演ではどんな調子だろう。

ヒット曲満載で会場が大合唱になるだろうから問題ないけどね。

このアルバムに収録されたスタジオ録音の新曲もLEPPSらしいものばかり。

なかでもQUEENを思わせる"Kings of the World"は圧巻。

これをライヴで演奏してくれたら嬉しい。


←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月30日(Sat)▲ページの先頭へ
「Goodbye Lullaby」AVRIL LAVIGNE

昨日からフジロックが始まり、いよいよ夏本番といった感じ。

Twitterではどしどしとフジロックのツイートが目立ち始め

あ〜行きたかったな・・・と悔しがることしきり。

しかし、新潟は大雨だとか。

大雨の野外フェスというのもテンション上がるんだけどね。

昨夜は関西から新潟へ行く急行きたぐにが大雨のため運休に

なっていた。

もしフジロックへ行くのならその急行きたぐにに乗ろうと

思っていたから大変なことになってた。

今夜のFACESのステージに間に合ったかどうか・・・。

そんなことを思いながら来年こそはと決意を新たにした次第。

さて、私の参戦するサマソニ大阪2日目のマウンテンステージのトリは

キュートでワイルドなアヴリル・ラヴィーン。

最新アルバム「Goodbye Lullaby」はちょっと大人の魅力も加味された好盤。

Goodbye Lullaby/Avril Lavigne

¥1,078
Amazon.co.jp

前作「The Best Damn Thing」ではアイドル路線のポップなアルバムだったけど

今回は初期2枚のロックな部分とアイドルポップな部分を融合させた感じ。

オープニングのしっとり歌いあげる"Black Star"からポップなイントロで

始まる"What The Hell"への流れは最高。

元気が出るアヴリルらしい女の子達への応援歌。

シングルカットされた"Smile"は笑顔を届けるポジティブソング。

しっとりとしたラヴソング"I Love You"、哀愁のある"Everybody Hurts"

その他どれもこれも佳曲揃い。

ちょっとバラード系が多すぎる気がしないでもないけど。

アヴリルも大人になって落ち着いた曲を歌いたくなったのかな。

アヴリルの顔つきがいっきに大人っぽくなってきたと感じる。

大人といってもまだ26歳だけどね。

元気いっぱいのパンキッシュな曲もまだまだやって欲しいね。

結婚、離婚そしてまた恋人がどうのこうのと、スキャンダラスな一面も

ある彼女だけどブリトニー・スピアーズのようになって欲しくはないね。

キュートでワイルドなロックンローラーとしていつまでも輝いて欲しい。

サマソニのステージではバラード少なめでお願いしたいところなんだけど・・・。










←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月28日(Thu)▲ページの先頭へ
「Light Me Up」THE PRETTY RECKLESS

サマソニ大阪では午前中に明るい時間が最も似合わないバンドが登場する。

女優、モデル、ミュージシャンというマルチな才能溢れるテイラー・モンセン

率いるプリティ・レックレス。

このテイラーちゃんは2日前が誕生日で18歳になったばかり。

しかし世の男性達を虜にするほど色気に溢れているのだ。

初めて彼女の写真を見た時はサングラスをかけてるのかと思った。

それほど目のまわりを真っ黒に塗りたくったメイク。

素顔はというとこれがかなりの美人さん。

メイクがもったいない気がしないでもない。

しかし彼女の魅力はなんといってもステージ衣装。

往年のランナウェイズを思わせる下着姿のような衣装なのだ。

ボディコンシャスでガーターベルトとか・・・。

もう、たまりません!

お色気ムンムンのロックンロール!

昼間から大丈夫だろうか。

Light Me Up/Pretty Reckless

¥2,113
Amazon.co.jp

アルバムはお遊び程度に作ったものかと思いきやこれがどうして。

全編通して素晴らしいロックンロールなのだ。

グランジロックとハードロックを融合したようなサウンド。

それでいてキャッチーなメロディ。

テイラーの咳払いから始まる"My Medicine"なんて色気たっぷりで

まるでベテランロッカーのよう。

"Make Me Wanna Die"のヘヴィーなロックンロールもガツンと歌いこなす。

パワーバラード"Nothing Left Lose"はしっとりと歌いこなしてる。

ノリノリのロックンロール"Factory Girl"ではジョーン・ジェットを

彷彿とさせる力強い歌いっぷり。

中でもポップでキャッチーでパンキッシュな"Miss Nothing"が一番好みだな。

歌いっぷりにティーンエイジャーの可愛らしさが顔を覗かせるところに

胸がキュンとなる。

セクシーを気取ってはみてもまだまだ子供だな〜といったところに好感。

若さと美貌だけでもじゅうぶん武器なのにそれにお色気まで兼ね備えた

末恐ろしい逸材テイラー・モンセン。

サマソニでのプリティレックレスのステージは絶対見逃せない。











←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月27日(Wed)▲ページの先頭へ
MOTLEY CRUE来日決定!

モトリークルーの来日詳細決定!

今回はなんとZEPPツアー!

これは昨年のボブ・ディランに引き継いでの快挙だな。

モトリーをZEPPで観られるなんて嬉しすぎる。

前回の名古屋公演もZEPPだったけどその時は前日のバックチェリーを

観に行ったため外したんだな〜。

ものすごく後悔したのを思い出す。

今回は是非とも観に行かなければ!

チケット代が10500円とちょっとお高いけど。

アリーナやスタジアム級のハコでやって当然のバンドがZEPPで観られ

るんだから少々お高くても我慢しよう。

観に行くのは初日の名古屋を予定。

9/28 Zepp Nagoya OPEN 18:00 / START 19:00
9/29 Zepp Osaka OPEN 18:00 / START 19:00
9/30 Zepp Osaka OPEN 18:00 / START 19:00
10/3 Zepp Tokyo OPEN 18:00 / START 19:00
10/4 Zepp Tokyo OPEN 18:00 / START 19:00
10/5 Zepp Tokyo OPEN 18:00 / START 19:00

1階立見¥10,500(税込/1Drink別)
2階指定席¥13,000(税込/1Drink別)
一般プレイガイド発売日:8/28(日)10:00〜

←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月26日(Tue)▲ページの先頭へ
「One Night Only」ONE NIGHT ONLY

サマソニ大阪2日目に出演するワンナイトオンリー。

フロムUK!

そのバンド名とは裏腹に真っ昼間に出演する。

そのワンナイトオンリーの2枚目はセルフタイトルで気合いの入った

なかなか素晴らしいアルバムなのだ。

ワン・ナイト・オンリー/ワン・ナイト・オンリー

¥2,500
Amazon.co.jp

デビューアルバムではプロデューサーにあの大物スティーヴ・リリーホワイト

を迎えたというんだからたいした新人バンド。

この人は初期U2サウンドを作り上げたことで有名。

エッジの効いたジ・エッジのギターサウンドが好きだったな〜。

しかし、このワンナイトオンリーではまろやかなポップロックサウンドが

いい感じに作られている。

全編にシンセサウンドを被せた分厚い音作りがどこか80年代の香りがする。

ULTRAVOXやSPANDAU BALLETのような・・・。

楽曲はとことんメロディアス。

そんなところもエイティーズを感じるところなんだな〜。

ヴォーカルにエコー処理が施されとことん甘い歌声。

そういえばルックスもとことん甘い。

甘くとろけるようなロックバンド。

女の子にモテモテといったところじゃないのか!?

いや、この手のバンドがウケたのも80年代だったんだな〜。

雑誌「VIVA ROCK」があったらアイドル扱いで特集したに違いない。

今はこの手のバンドはどうなんだろう。

一夜限りの愛を求めるグルーピーにはもってこいのワンナイトオンリー。

真っ昼間のサマソニでしかも大阪は野外と来たもんだ。

甘く切ないポップロックと暑さにとろけるだろうな〜。





←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月25日(Mon)▲ページの先頭へ
「Let's Be Animals」THE DOWNTOWN FICTION

サマソニ大阪2日目のオープニングを務めるのは活きのいい

新人バンド、ダウンタウンフィクション。

メジャーデビューとなるアルバム「Let's Be Animals」がかなりいい!

ジャケットのアートワークはかなりヘンテコなものだけど。

Let’s Be Animals/Downtown Fiction

¥994
Amazon.co.jp

アメリカはヴァージニア州フェアファックスというところを拠点に

活動しているバンドらしい。

平均年齢21歳という若さ溢れるスリーピースバンド。

イケメン揃い!

ロックンロールは見た目も重要だからね。

サウンドはポップロックそのもの。

キャッチーなメロディがなかなかいいね。

新人バンドのクセして楽曲の練り込みやアレンジはかなりのもの。

最近の若いもんはなかなかやりよるな〜。

と、年寄りじみたことをつぶやいてしまう。

確かに最近の若手バンドはどれもこれもレベルが高い。

だからこそ生き残っていくのも大変なんだろうね。

ダウンタウンフィクションにも頑張ってもらいたい。

プロデュースはアメリカンハイファイのシンガーであるステイシー・ジョーンズ。

確かにアメリカンハイファイのような楽曲、音作りもそうだな。

私好みの青春ロックンロール炸裂!

彼ら自身がまだまだ青春真っ只中だからね。

サマソニのオープニングにピッタリのバンド。

どんなパワフルなステージを見せてくれるのか楽しみ。





←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月24日(Sun)▲ページの先頭へ
「Get Your Heart On!」SIMPLE PLAN

今年もサマソニ参加することになったことだし出演アーティストの

アルバムでもぼちぼち紹介していこうかと・・・。

まずは今年のサマソニで個人的にいちおしのバンド、

カナダはモントリオール出身のシンプルプラン。

ゲット・ユア・ハート・オン!(初回限定ヴァリュー・プライス)/シンプル・プラン

¥2,180
Amazon.co.jp

ポップパンクというジャンルに括られるバンドだけど、

とにかくメロディがピカイチなのだ。

パンキッシュな曲からバラードまですべてメロディアス。

しかも日本人好みのメロディばかりなんだな〜。

この作品ではさらにそのメロディに磨きがかかっている。

一緒に口ずさめるような楽曲のオンパレード。

捨て曲無し!

というか神曲ばかり!

シンプルプランとしてもこれは最高傑作だな。

なかでも"Jet Lag"のメロディの良さはたまらない。

最近、気が付けばいつもこのメロディを鼻歌で口ずさんでいる。

この曲はナターシャ・ベディングフィールドとデュエットする英語ヴァージョン

とマリー・メイとデュエットするフランス語ヴァージョンがある。

さすが英語とフランス語が共存する国カナダのバンドといった感じ。

ちょっと違和感のあるフランス語ヴァージョンの方が好きかな。

ライヴではどっちのヴァージョンでやってくれるのだろう。

それよりデュエットする女性歌手が必要なんだけどね。

サマソニでは同じカナダ出身で同じステージに出るアヴリル・ラヴィーンが

デュエットしてくれたら最高なんだけど。

とにかく彼らのポップでパンキッシュなライヴが楽しみだ。

夏にピッタリの青春ロックンロール!





←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月23日(Sat)▲ページの先頭へ
甲子園の夢はまた来年

高校野球滋賀大会3回戦、母校・彦根東の応援に行ってきました。

相手は昨年決勝戦で惜敗した北大津高校。

結果からいうと今年も惜敗。

延長12回、1-0というまったく互角の試合で負けました。

なぜか北大津には勝てないな〜。

甲子園の夢を北大津に託しますよ。

それにしてもよく頑張った我が後輩達。

随所にファインプレーを見せた彦根東の守りは凄かった。

よく練習したんだろうな〜。

県内の高校で最も狭いグラウンドで、練習するにも大変だというのに。

文武両道の精神の学校だから勉強もおろそかに出来ないし・・・。

試合に負けはしたけど素晴らしいプレーにたくさんの感動をもらいました。

選手の皆さん、お疲れ様でした。

甲子園への夢はまた来年。

いつか母校の応援で夏の甲子園へ行きたいものだ。













←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月22日(Fri)▲ページの先頭へ
「412 Days of Rock 'n' Roll」THE ANSWER

ジ・アンサー待望のライヴアルバム。

しかもライヴDVDとセットというのが嬉しい!

ライヴDVDだけじゃない。

今まで発表したすべてのPVも収録。

さらにはインタビューを交えたFootageもたっぷり収録。

アンサー・ファンにはたまらない内容ですよ。

412 Days of Rock ’n’ Roll/Answer

¥2,079
Amazon.co.jp

AC/DCのワールドツアーにサポートアクトをこなしたことはアンサー

にとって大きな成長をもたらしたんだね。

2年前に観た心斎橋クアトロでのライヴも良かったけど、このライヴ映像を

観るとさらに成長したことがよく分かる。

なんといってもヴォーカルのコーマック。

彼のパフォーマンスが素晴らしい。

歌が上手いのはもちろんのこと、ステージアクションがカッコイイ。

ヴォーカリストの表現力は歌の上手さだけではない。

アクションによってさらに観客を惹きつけることが重要。

コーマックはそこのところをよく踏まえているんだな〜。

英語の歌詞が聞き取れなくても歌の内容が伝わってくるほどなのだ。

彼を観ているだけでゾクゾクするよ。

まるで往年のロバート・プラントやポール・ロジャースを感じさせる。

全盛期の彼らのパフォーマンスを実際に生で観たことはないけど。

凄いのはコーマックだけではない。

リズム隊も素晴らしいグルーヴなのだ。

アンサーのようなブルースロックはリズムが重要だからね。

そのグルーヴに絶妙な絡みをみせるのがポールのギター。

ブルージーなフレーズも素晴らしいけどそれ以上にフレーズのタメがたまらない。

まるで全盛期のジミー・ペイジだな。

これもまた生で観たことはないけどね。

ペイジ&プラントを思わせるポール&コーマック。

次代のロックスターになる魅力をじゅうぶん備えている。

AC/DCのようなスタジアム級のライヴバンドになること間違いなし!

私が見込んでビッグになったバンドは皆無だけどね。

とにかく次のアルバムはどんな作品になるのかとても楽しみだ。





←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月21日(Thu)▲ページの先頭へ
「Lionville」LIONVILLE

またまたライオンなにがしというバンドが出てきた。

イタリアはミラノからデビューしたライオンヴィル。

ライオンハート、ライオンズハート、ライオンズシェアさらには

ホワイトライオン、ライオンなんてのもいる。

ライオン系のバンド名が多すぎてややこしいものだ。

ライオンヴィル/ライオンヴィル

¥2,500
Amazon.co.jp

このライオンヴィルは典型的メロディアスハードロック。

これが驚くほどレベルが高い。

本当にこいつらイタリアンかと思うぐらいアメリカン。

同じイタリアで昨年デビューしたWHEELS OF FIREもビックリするほど

アメリカンなバンドだったけど、ライオンヴィルもかなりのもの。

今、イタリアはアメリカブームなのか!?

楽曲はジャーニー、TOTO、リチャード・マークスを思わせるものばかり。

どこかで聴いたことあるようなメロディだな〜といった感じだけど悪くない。

こういうメロディは大歓迎。

安心して聴ける。

BGMにもピッタリだからね。

分厚いコーラス、適度にオーヴァードライヴしたギターサウンド、情感たっぷりに

歌いあげるヴォーカル、あっさりした泣きを散りばめたギターソロ。

理想的なハードロックと言っていい。

夏にピッタリの爽やかなサウンドが心地良い。

気に入りましたよ!

今年はメロディアスハードロックの当たり年だな。

まだ半年あまりだというのにお気に入りのバンド、アルバムが多い。

JOURNEY,JOHN WAITE,TENといったベテランの新譜も良かったし、

VEGA,SHADOWMAN,DEGREEDといった新しいバンドも良かった。

それらに勝るとも劣らないLIONVILLEのこの作品。

ライオンなにがしというややこしいバンド名が玉に瑕だけど。



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月20日(Wed)▲ページの先頭へ
「Pressure & Time」RIVAL SONS

アメリカはロスアンゼルスからとんでもない新人バンドがデビューした。

ライヴァルサンズという若者達。

これが新人バンドなのか!?と思えるほど古臭い

オールド・ファッションド・グッド・ロックンロール!

Pressure & Time/Rival Sons

¥1,079
Amazon.co.jp

ロスアンゼルス出身というわりにブリティッシュな香りを感じさせる。

60年代〜70年代のブルースロックそのものといった感じなのだ。

LED ZEPPELINやCREAMのサウンドとそっくり。

BEATLES,ROLLING STONES,KINKS,THE WHOを思わせるところもある。

どれもこれもブリティッシュロックだな。

音作りも徹底した古臭さを表現している。

ヴォーカルには絶妙なディレイというかエコーがかけられている。

ギターの歪みはディストーションというよりファズといった感じ。

バックに流れるキーボードもオルガンの音色。

ドラムもシンプルなセットで叩いていそう。

楽曲はダイナミックなハードロックからブギー調のロックンロール、

さらにはパワーバラード、プログレ風のものまで多種多様。

ロックの美味しいところを全部入れ込んでいる。

新人なのに器用すぎるんじゃないのか。

これは是非とも生で観てみたいバンドだな。

それがサマソニ東京の2日目だけに来るというんだから東京羨ましい!

なぜ大阪には来てくれないんだ!?

なんなら単独で来てくれてもいいんだよ。

というか単独で来て欲しい!

アルバム1枚で30分そこそこの収録時間だからライヴで全曲やっても

時間が余るだろうけど。

そこはインプロヴィゼーションで1曲を延々と演奏してもらってもいい。

かつてのツェッペリン、パープル、フロイドのようにね。

きっとそれが出来るバンドだと思う。

マリファナの香り漂うライヴハウスで観られたら最高だろうな〜。




←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月19日(Tue)▲ページの先頭へ
DISCHARGE来日決定!

ハードコアパンクの大ベテラン、ディスチャージの来日が決定した。

今はほとんど聴くこともなくなったハードコアパンクだけど、

ディスチャージがデビューアルバムを出した頃はあまりの衝撃に

結構はまって聴いたもんですよ。

ディスチャージの他にもエクスプロイテッド、GBH、ディスオーダー

といったところもね。

モーターヘッドより速いということに驚いた。

その後ハードコアパンクの影響でスラッシュメタルなるものが生まれる

わけだけど、SLAYERを初めて聴いた時はハードコアパンクバンドだと

てっきり勘違いしたことを思い出す。

中学から高校という多感な時期には激しい音楽を欲するものなんですよ。

今でも時々欲するけどね。

でもさすがにディスチャージを聴くことはなくなってしまったな〜。

さてさて、そんなディスチャージのツアースケジュールは下記の通り。

ジンジャーのジャパンツアーの後でDOJOと丸被りという日程。

観てみたい気もするけど今回はパスだな。

とんでもない激しいライヴというのを遠目に観てみたいけど。


9/24(土)横浜 FAD
w/ 鉄アレイ、PILE DRIVER、九狼吽(NCHC)、THINK AGAIN

9/25(日)浜松 MESCALINE DRIVE
w/ZONE、SO WHAT、HK、902、BEYOND HATE、SHADY GRIMPSE

9/26(月)新宿 ANTIKNOCK
w/JABARA、SUPER FRISKY、SLOWMOTIONS

6/28(水)福岡 EARLY BELIEVERS
w/惡AI意、End of Pollution、URBAN HEAD RAW、狢、NEMESIS

9/29(木)広島 QUATRO
w/ORIGIN OF (M)、PERSEVERE、CONTRAST ATTITUDE、NEVER AGAIN

9/30(金)高知 CHAOTIC NOISE
w/CONTRAST ATTITUDE、AGGRESSION、CONCEPTION

10/1(土)大阪 KING COBRA
w/FRAMTID、WARHEAD、MASTER PEACE、ORGANISM

10/2(日)名古屋 HUCK FINN
w/SYSTEMFUCKER、D-CLONE、DISGUST、REALITY CRISIS、ACROSTIX

10/3(月)仙台 BIRD LAND
※ベネフィット・ライヴ。出演者は追ってアナウンスされる予定。

10/4(火)札幌 KLUB COUNTER ACTION
w/SLANG、ANGER、STAGNATION、CRUDE、MUSTANG、RAPPA ほか

10/5(水)新宿 LOFT
w/FINAL BOMBS、LIFE、ISTERISMO、EXTINCT GOVERNMENT、HAT TRICKERS





   

←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月17日(Sun)▲ページの先頭へ
サマソニ行くことに・・・。

結局、なんやかんや言いながらもサマソニ行くことにした。

しかもツアーバスで・・・。

今年は新大阪から舞洲の会場までバスで行ける。

ツアーバス専用の入り口だからリストバンド交換の長蛇の列に並ばなくても

いいというのが嬉しいね。

帰りも新大阪までバスで帰れる。

昨年は舞洲から桜島の駅まで歩かされるというヒドイ目にあったからな〜。

こういうところが改善されたのはいいことだ。

あと心配なのは食事スペースのオアシスだな。

昨年はショボかった。

その昨年よりも全体に規模縮小気味の今年はどうなんだろう。

あまり期待しない方が良さそうだな。

それに引き替え出演アーティストはだんだん期待感が膨らんできた。

楽しみなところを映像でも貼っておこう。


THE PRETTY RECKLESSのビッチな女ヴォーカルがたまらなく好き!

Taylor Momsenは好みのタイプなんだな〜。




青春ロックンロールが胸にキュンキュン突き刺さるSIMPLE PLAN

これぞサマソニといった盛り上がりが期待できる。




シンプルプランに続いて同じカナダからAVRIL LAVIGNE

このカナディアンな流れは共演があってもいいんじゃないのか。





ロックTシャツ♪バンドTシャツ アヴリル・ラヴィーンレディースTシャツ#2


ロックTシャツ♪バンドTシャツ アヴリル・ラヴィーンレディースTシャツ#1


←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月16日(Sat)▲ページの先頭へ
サマソニ行こうかと・・・。

ついにタイムテーブルまで発表になったサマーソニック。

もう大きな変更・追加は無いのだろうな〜。

う〜ん、サマソニ大阪のショボいこと。

ステージが3つしかないなんて・・・。

でもタイムテーブルを見てたら行きたくてたまらなくなってきた。

なんだろう?

このムズムズする感覚は。

絶対観たいというアーティストはいないのに。

夏男、お祭り男の血が騒ぐってやつか。

観に行くならもちろん大阪日曜日の方。

大阪土曜日のレッチリは観てみたいけどサマソニの雰囲気を楽しむのなら

断然大阪日曜日だな。

あくまで雰囲気の問題ね。

それで言いたいことを察してくだされ。

観たいのはKORN、AVRIL LAVIGNE、THE STROKES、THE MARS VOLTA

といったところなんだけど後半は全部重なっている。

それぞれのステージのトリだから仕方ないか。

KORNのサウンドはちょっと苦手だけどサマソニの雰囲気ならいいかも。

アヴリルのステージは華やかで楽しいだろうな〜。

ストロークスのポップなロックンロール、これぞサマソニだろう。

しかもイケメン揃い。

最後の締めにマーズヴォルタの不思議な世界観というのもいい感じ。

あら、完全に観に行くつもりになってしまっている。

やっぱり行くか・・・。

ちなみに今回のサマソニで最も観たいのは東京日曜日に出るRIVAL SONS

このほどデビューアルバムの日本盤がようやく発売されるバンド。

LED ZEPPELINを彷彿とさせるダイナミックなハードロックバンドなのだ。

なぜ東京だけなんだ・・・。

ああ、もったいない。

是非ともラウドパークにブッキングして欲しいものだ。





←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月15日(Fri)▲ページの先頭へ
高校野球滋賀大会

今年も胸が熱くなる季節がやってきました。

全国高校野球選手権大会です。

昨日から滋賀県大会も始まり、今日は我が母校の第1回戦。

昨年は決勝戦で惜敗という悔しい思いをしたから今年こそ

甲子園出場と夢を託したいところ。

今日の初戦は野洲高校に7回コールド勝ち。

彦根東高校順調な滑り出しだな。

でもね、勝っても負けてもどっちでもいいんです。

高校生が暑い中、一生懸命野球してる姿を観てるだけで胸がいっぱいになる。

これが青春なんだな〜。

目頭が熱くなったよ。

3年生はこれが終わると受験勉強を必死にやらなければならない。

進学校の宿命というやつ。

我が後輩達には野球に勉強にどちらもがんばって欲しいね。

私のような出来の悪かった先輩が言うことでもないけど・・・。

















←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月14日(Thu)▲ページの先頭へ
「Dedicated To Chaos」QUEENSRYCHE

アルバムを出すたびに進化し続けるクイーンズライク。

もはやヘヴィーメタルとかハードロックという範疇に収まりきらない

バンドになったのだろうね。

古いファンはいつまでも「Operation Mindcrime」や「Empire」のような

作品を彼らに求めてしまうんだな〜。

常にファンを裏切り続けるクイーンズライク。

私なんて"Queen Of The Ryche"での衝撃的なデビューから知ってるだけに

1stアルバムの「Warning」から裏切られた感がある。

それでも聴き続けると「なるほど、これはいいかも!」という風に納得。

デジタルサウンドのような2ndアルバムの「Rage For Order」でまたまた

裏切られたと感じたけどね。

これもまたいつしか「なかなかいいじゃないか!」と納得。

こんな感じで裏切られたようで後からジワジワ良くなるのが彼らのサウンド。

その繰り返しなのだ。

どうやら彼らの進化に私がついていけないだけなのだろう。

そして今回も問題作「Dedicated To Chaos」と来たもんだ。


デディケイティッド・トゥー・ケイオス/クイーンズライク

¥2,580
Amazon.co.jp

これもなかなか手強い作品。

前作の「American Soldiers」が戦争をテーマにしたコンセプトアルバムで

ストレートなサウンドが比較的聴きやすかった。

歌詞の内容も戦争体験者のインタビューから引用したもので、生々しくて

それでいて感動的だった。

それに比べるとどうだろう・・・。

今回のアルバムは非常に分かりにくい。

サウンドの作りは過剰なデジタル処理が施されている。

ジェフ・テイトの持ち味であるハイトーンがかなり封印されているのも

もったいない気がしないでもない。

楽曲はミディアムからスローテンポのものが多い。

彼らの持ち味であるドラマティックな楽曲はあまり無い。

ギターソロもほとんど印象に残らない。

曲自体が比較的シンプルでコンパクトにまとまっている、というかフックの無い

メロディにちょっと退屈に感じるものが多い。

ジェフ・テイトいわく、「今回のアルバムはコンセプトは無い」とのこと。

「楽曲ごとに楽しんでくれたらいい」とも仰っている。

そのためか、ボーナストラックがアルバムの中程にパラパラと4曲も

散りばめられている。

曲順に重要性は無いようだ。

1曲目の"Get Started"はノリが良くていい感じ。

4曲目の"Around The World"は比較的ドラマティックに盛り上がる曲。

それ以外に楽しめる楽曲が今のところ見当たらない。

まだまだ聴き込みが足りないのか。

このアルバムを駄作と判断するのは簡単だけど、それでは彼らのファンを

自認する私として納得できない。

今はまだ私の修行が足りないということにしておきたい。

クイーンズライクの行き着いた先に私はまだまだ到達できていないのだ。

ロックの奥深さに目眩がする思いで今日もこのアルバムを聴いている。


←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月13日(Wed)▲ページの先頭へ
VADER来日決定!

ポーランドからデスメタルの大ベテラン、ヴェーダーがやって来る。

単独じゃないというのがもったいないことだけど・・・。

それでも来てくれるというだけで嬉しいね!

ピーター以外はどんなメンバーがいるのだろう。

メンバーチェンジが激しいバンドだからな〜。

超絶ドラマーを連れてきてくれることを願いたい。

さて、そんなヴェーダーの来日はDOJOとのこと。

下記の通りExtreme The Dojo.Vol28 & 29が決定した模様。

Extreme The Dojo.Vol28
"10th Anniversary Series"
VADER/WATAIN/and more

10/5(水) 名古屋 CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 START 18:45
7,500円 (ドリンク代別途)

10/6(木) 大阪 BIG CAT
OPEN 18:00 START 18:45
7,500円 (ドリンク代別途)

10/7(金) 東京 CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 START 18:45
7,500円 (ドリンク代別途)



Extreme The Dojo.Vol29
"10th Anniversary Series"
UNEARTH/EVERY TIME I DIE/THE ACACIA STRAIN

10/10(月・祝) 名古屋 BOTTOM LINE
OPEN 18:00 START 18:45
7,500円 (ドリンク代別途)

10/11(火) 東京 O-EAST
OPEN 18:00 START 18:45
7,500円 (ドリンク代別途)

10/12(水) 大阪 BIG CAT
OPEN 18:00 START 18:45
7,500円 (ドリンク代別途)


どちらもDOJO10周年ということで記念開催とのこと。

なんといってもVol.28のヴェーダーとワテインが超目玉ですな。

ヴェーダーを観るのはおそらく2000年以来じゃないかな。

あの頃はまだドラムのDOCが元気だった。

超絶テクニックとブラストの速さと重さにド胆抜かれた思い出がある。

惜しい人を亡くしたもんだな〜。

その後も何回か来日してるけどタイミングが合わずに観られなかったから

今回の来日公演は待ちに待ったという感じ。

迫力満点のデスメタルを期待していいだろう。

それからもうひとつがワテイン。

スウェーデンのブラックメタルバンド。

こちらもなかなか個性的なバンド。

邪悪な風貌がいかにもという感じだけどそこそこメロディもある。

これはどちらもとんでもない激しいライヴになることが予想される。

それにまだand moreとかなってるから何が来るんだろう。

強烈な2バンドなのでこれ以上は要らないぐらいだけどね。

とにかく楽しみなDOJO Vol.28なのだ。

Vol.29はメタルコア勢なのでパスかな。

アンアースも何度か観てるし。

それでも強力なメンツを揃えた今回のDOJOはSMASHのグッジョブだな。





←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月11日(Mon)▲ページの先頭へ
CHTHONIC大阪公演レポ

うだるような暑さの中、ソニックの大阪公演行ってきました。

会場の大阪CLUB DROPには開場1時間半ぐらい前に着いてしまって、

さてどうしようかと思ってたところに見覚えのある綺麗な女の子。

あれ!?

いきなりドリスちゃんですよ。

あまりの美しさと暑さに頭がボ〜として見過ごしてしまいました。

またすぐに戻ってくるだろうと会場前で待つことに。

そしたら遠くからお笑いタレントのジャルジャルがカメラクルーを引き連れて

私の方に向かってくるじゃないですか。

そしていきなり取り囲まれてテレビ取材を受けることに。

この長髪はお手入れが大変でしょうとか、お母さんに髪の毛切ってもらった

ことありますかとか、なんか怪しい取材。

要はお母さんに髪の毛を切ってもらおうという企画らしい。

それだけは勘弁してと丁重にお断りしましたよ。

髪はロックンローラーの命ですから。

関西テレビの深夜放送「ジャルやるっ!」という番組らしい。

この日の取材は7月29日の深夜1:05から放映されるとのこと。

映像を使ってもOKという承諾書にサインさせられて開放された。

カットされることを祈る!




そんなこんなでドリスちゃんどころじゃなかったんですよ。

しかし、神は見捨てなかった。

その後ちょっとしてからドリスちゃんが戻ってきた。

会場に入っていこうとするところ肩をちょんちょんと叩いて

「写真いいですか!?」とおもっきり日本語で言ってしまった。

そしてツーショット写真。

握手した時も小さくて華奢な手で可愛いかった〜。

お人形さんのようなドリスちゃんの美しさにニヤケてしまったな〜。




ライヴは残念ながらセンターの最前2列目しかキープできなかった。

みんな左側のドリスちゃん前に陣取るんだもん。

仕方なしにヴォーカルのフレディの真ん前。

ステージが近すぎるぐらい。

ライヴの方はオープニングから大盛り上がりですよ。

曲が終わるたびに、

「ドリス〜!」

「アイ・ラブ・ユー、ドリス〜!」

「ウォー・アイ・ニー、ドリス〜!」

と大声で愛を叫びまくり。

会場内の失笑をかってたけどね。

でもドリスちゃんは笑顔で手を振り返してくれたり、投げキッスで

応えてくれた。

そりゃこっちもさらに投げキッスでお返しですよ。

もうね、胸キュン!(古いか!?)

すっかり恋に堕ちてしまいました。

あまりに愛を叫ぶもんだからフレディが「愛してる」の台湾語をレクチャー

してくれる場面も。

ドリスちゃんが目の前に来てくれた時なんかはアイコンタクトで

微笑みかけてくれる。

それにヘドバンしながら髪の毛を私の手にバサバサと当ててくるんですよ。

思わず抱きしめようかと思った。

しかし、そこは理性あるロックンローラー。

グッと堪えましたよ。

オレってマジ紳士!

はち切れてはみ出しそうな美乳!

すらりと伸びた美脚!

これぞ最高のロックンロールだ!

大盛り上がりのドリスちゃんのライヴでした。

って、全然ライヴレポになってない!

しかもソニックのライヴだった。

えーっと、サウンドバランスは最初ジェシーのギターが聞こえにくかったけど

途中で改善されて良くなった。

ヴォーカルのフレディは低音デス声とヒステリックな高音を見事に歌い分けていた。

新譜のテーマが戦争なだけにしんみりしたMCを聞かせるところも良かった。

それから、フレディの奏でる二胡もなかなか良かった。

ドラムのダニーはワンバスのセットでありながらツインペダルでドコドコと

力強いドラミングを頑張っていた。

キーボードのCJはフレディによくからかわれていたな〜。

ドリスちゃんのベースはビューティフル!プリティ!ワンダフル!ファンタスティック!

安定した演奏力は本場ヨーロッパのシンフォニックブラックメタル勢に負けてない。

新譜の「Takasago Army」を中心としたセットリストも良かった。

渾身の力作だからね。

最後は玉音放送で締めくくられるところが一風変わった凄い演出。

そんなことはともかく、とにもかくにもドリスちゃんが最高でした。

親日家で知られるソニックのこと。

これからもどんどん来日して欲しい。

Facebookでも食べ物が美味しいと絶賛してくれた大阪での公演は欠かさないで欲しい。

Love Doris!


←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月10日(Sun)▲ページの先頭へ
ソニック行ってきます。

ついに梅雨明けして夏本番!

サマーソニックの季節がやってきました。

だけど今年はサマソニ観に行かない。

メンツが私的にはイマイチでして・・・。

そのかわりソニックはソニックでもこっちのソニック。

今日は台湾のブラックメタルバンドCHTHONICを観に行ってきます。

場所はミナミのアメリカ村にある大阪CLUB DROP

ここは初めて行く会場なんだな〜。

しかも初めて観る台湾のバンド。

初めて尽くしでとても楽しみ!

いい汗かいてきますよ。







←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月09日(Sat)▲ページの先頭へ
ヨーロッパ軒ソースカツ丼

福井県の名物と言えば誰がなんと言おうとヨーロッパ軒のソースカツ丼。

これを食べずして福井は語れない。

福井へ行ったらとりあえず食えということ。

今日は野暮用で敦賀へ行く用事があって、もちろんヨーロッパ軒に行ってきましたよ。



このヨーロッパ調の建物。




このヨーロッパ調の車。





そしてヨーロッパ調の暖簾。




何もかもがヨーロッパだな。

そして肝心のソースカツ丼。



これはソースが胆。

ドイツ仕込みのウスターソースなのだ。

カツの下のご飯にもたっぷり染み込んだウスターソース。

これが美味いの美味くないのって・・・。

庶民の味!

カツはたっぷり3枚!

これがハンパない。

2枚でじゅうぶんだ!

お腹いっぱいになること間違いなし。

ソースカツ丼セット1050円なり。

福井県へ行ったら是非お試しあれ。


←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月07日(Thu)▲ページの先頭へ
「Takasago Army」CHTHONIC

台湾のシンフォニックブラックメタルバンド、ソニックの新作。

タイトルは「高砂軍」という邦題というか台湾題。

第二次世界大戦に巻き込まれた高砂民族の不幸な歴史がテーマなのだ。

Takasago Army/ソニック

¥2,300
Amazon.co.jp

日本の占領下だった台湾では、第二次世界大戦において戦地に送り込まれる

ことが多々あったとか。

そんな中、ジャングルに住み勇敢なことで知られる高砂民族が日本兵と

共に高砂義勇隊として東南アジアへの侵略に向かわされている。

神風特攻隊として悲運の最期を遂げている者も少なくないとか・・・。

ここら辺りの歴史は日本の教育ではあまり教えられていないような。

私もソニックのこのアルバムで初めて教えられた。

サウンドの方はオリエンタルな楽器をふんだんに取り入れながらも

シンフォニックなメタルサウンドに上手く溶けこんでいる。

疾走感とメロディのバランスが絶妙。

ヴォーカルはヒステリックなシャウトと低音デス声を使い分けて

まるでCradle Of Filthのような感じ。

表現力はクレイドル〜のダニに負けるとも劣らない。

高砂軍の悲哀に満ちた運命を見事に表現している。

ゲストヴォーカルに台湾では有名な演歌歌手を招いているとか。

たしかにコブシを効かせた歌も入っている。

琴や二胡は今までも多用してきた彼らだけど、ついに演歌歌手まで

投入するとは参りました。

ところどころ台湾語で歌われる部分があるけど、そこはちょっと違和感あり。

ソニックならではの独特な世界観はノルウェーのブラックメタルバンドに

まったくひけを取らない。

私はこっちの方が好きかもしれない。

ちなみに特攻隊をテーマにした"Broken Jade"では終戦を告げる玉音放送が

バックに流れる。

これは凄い。

玉音放送というものは日本人にとっては特別のものだからね。

日本の占領下におかれたことで悲惨な戦争に巻き込まれ、また戦後は蒋介石

率いる国民党に占領され、そして後に中国共産党に統治されるというなんとも

不幸な歴史を持つ台湾。

歴史上酷いことをしてきたにも関わらず台湾人の親日ぶりにはいつも感心させられる。

今回の震災の時でも莫大な義捐金と救助隊をいち早く対応してくれた。

台湾にはいくら感謝してもしきれないよ。

今度の日曜日(7/10)にはソニックが大阪で単独公演をやってくれる。

もちろん観に行きますよ。

感謝の気持ちと不幸な戦争に巻き込んだ謝罪の意味を込めたヘッドバンギングで

大いに盛り上げたいと思う。

それとなにより紅一点ベースのDorisちゃんの美脚と美乳を楽しませてもらいますよ。

我愛你、Doris




←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月06日(Wed)▲ページの先頭へ
GiNGER来日決定!

GiNGERの来日が決定!

今年3度目の来日。

今回もまたアコースティックセットとのこと。

仙台、東京、名古屋、大阪、福岡と日本列島縦断ツアー。

これは行くしかない!

最低でも名古屋&大阪参戦だな。


[GiNGER w/WILLIE DOWLING ACOUSTIC JAPAN TOUR 2011]

ACT : GiNGER (THE WiLDHEARTS) with WILLIE DOWLING (JACKDAW4/ex-HONEYCRACK)
SPECIAL GUEST BAND : JACKDAW4

●2011年9月11日(日)
仙台・定禅寺ストリートジャズフェスティバル http://www.j-streetjazz.com/

● 2011年9月12日(月)
仙台・PARK SQUARE http://sendai.park-square.net/
開場/ 開演 :19:00 / 19:30

●2011年9月13日(火)
東京・渋谷 O-NEST http://shibuya-o.com/
開場/ 開演 :19:30 / 20:00

●2011年9月14日(水)
名古屋・APOLLO THEATER http://www.diamond-hall.com/apollotheater/
開場/ 開演 : 19:00 / 19:30

●2011年9月15日(木)
大阪・鰻谷Sunsui
http://www.sunsui.net/
開場/ 開演 : 19:00 / 19:30

●日程 : 2011年9月16日(金)
福岡・Rooms http://saito-kikaku.co.jp/rooms/
開場/ 開演 : 19:00 / 19:30

全公演/前売:4,800円/当日:5,300円
(All Standing with 1drink charge)

尚、仙台定禅寺ストリートジャズフェスティバルの観覧は無料


←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月05日(Tue)▲ページの先頭へ
「Rockaholic」WARRANT

ウォレントがまだやってたとは嬉しいことだ。

ヴォーカリストに元リンチモブのロバート・メイソンを迎えて

新生ウォレントが復活!

彼らのニューアルバム「ロッカホリック」がなかなかの好盤。

ROCKAHOLIC/WARRANT

¥2,100
Amazon.co.jp

まずアルバムタイトルの「ロッカホリック」というのがいいね。

まさに私のこと。

ロック中毒患者ですよ。

そんな私も納得のウォレントのニューアルバム。

楽曲がとにかく素晴らしい。

「いけないチェリーパイ」で一世を風靡した80年代後半から90年代前半よりも

格段に楽曲が良くなっている。

キャッチーなロックンロールはもちろんことこ、ルーズなブルースロック、

しっとりしたバラードもいい感じ。

メロディーラインが非常に洗練されている。

これぞアメリカンロックの理想型だな。

彼らはデビューの時期が悪かった。

LAメタルブームの終焉と同時にデビューして、すぐさまグランジロックの

時代がやってきてしまった。

グランジ勢から格好の標的にされたようなもの。

デビューと同時にオールドロックの烙印を押されてしまった。

本来ならもっと売れても良かったのにね〜。

でも、2011年になってもこうして素晴らしアルバムを出してくれるんだから

彼らはやっぱりホンモノだったということ。

グランジロックはほとんど消えてしまったけどね。

こうなったら是非とも来日公演をしてもらいたいね。

ラウパに来てくれてもいいんじゃないかな。

ロッカホリック達を唸らせるライヴを見せて欲しい。





←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月04日(Mon)▲ページの先頭へ
ラウドパーク第1弾発表雑感

先週はラウドパーク出演バンド第1弾が発表されて夏本番を前に

すでに秋が待ち遠しいことになってますがいかがでしょうか。

いつだって賛否両論あーだこーだと言われるラウパの出演バンド。

私的にはすでに大満足ですぞ。

なんたってKROKUSとSTRYPERが出てくれるんだから。

ストライパーは22年ぶり、クロークスにいたっては初来日。

よくぞブッキングしてくれたものだ。

クリマンのグッジョブ!

この2バンドは我が青春のロックンロール!

高校生の頃、学校行く前の景気づけに朝から爆音で聴いたものだ。

とくにクロークスの"Ballroom Blitz"は最も元気が出る1曲。

SWEETのカバーだけどこっちの方が数倍カッコイイ!

ストライパーは"Winter Wonderland"が好きだった。

これもクリスマスのスタンダードナンバーだけどストライパーらしく

楽しくロックンロールしているのだ。

クリスマスに関係なくよく聴いたな〜。

この2バンドだけでも埼玉遠征の価値有り!

青春のロックンロールに胸躍らせることになるだろう。









それ以外では再結成したTHE DARKNESSも楽しみ。

あのヘンテコなファルセットはきっと盛り上がるはず。

UNISONICはよく知らなかったんだけど、なんでもカイ・ハンセンと

マイケル・キスクのプロジェクトだとか。

そりゃ黄金期HELLOWEENを期待できるだろう。

キスクに往年のハイトーンが出ればのことだけど・・・。

それから今日追加発表された新進気鋭のAMARANTHE。

ヴォーカルのエリースが巨乳だとか。

これはこれで楽しみ!

WHITESNAKEは尼崎の単独公演も観に行くつもりだけど、何度観ても

いいバンドだからね。

TRIVIUM,ARCH ENEMYも大好きというわけではないけど、出てくれるんだから

ちゃんと観たいと思う。

この2バンドは何回も観すぎて正直ちょっと飽きてるんだけどね〜。

セーソク情報によれば全部で11バンド、または13〜14バンドとのこと。

ギャラ交渉でなかなかまとまらないとも言っていた。

噂のTWISTED SISTERは交渉決裂したのだろう。(残念無念)

リンプなにがし、オーガストなにがしもギャラ交渉が難航してるのかな。

「ホワイトスネイクはトリではない!」と何度もセーソクが仰っていた。

ホワイトスネイクを抑えてトリを取れるような現役バンドはなかなか無いぞ!

DEEP PURPLEかSTATUS QUOか、はたまたAC/DCぐらいのものだろう。

キャリアからいってね。

まあ、この後何が追加になってもEVERYTHING OK!

ラウドパークが楽しみでしかたないや!


←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月02日(Sat)▲ページの先頭へ
AEROSMITH来日決定!

ジョー・ペリーがかねてから今年中に来日公演したいと言ってたのが

ついに実現した〜!

スティーヴン・タイラーと仲違いしなければいいけど。

もういい歳なんだから喧嘩ばかりしてんじゃないよ。

日程は下記の通り。

11/22(火)金沢 いしかわ総合スポーツセンター
19:00開演
S¥10,500 A¥9,500 B¥8,500(座席指定/税込)

11/25(金)広島 広島グリーンアリーナ 
19:00開演
S¥10,500 A¥9,500 B¥8,500(座席指定/税込)

11/28(月)東京 東京ドーム 
11/30(水)東京 東京ドーム  
19:00開演
S¥10,500 A¥9,500 B¥8,500(座席指定/税込)

12/2(金)福岡 マリンメッセ福岡 
19:00開演
S¥10,500 A¥9,500 B¥8,500(座席指定/税込)

12/6(火)大阪 京セラドーム大阪
19:00開演
S¥10,500 A¥9,500 B¥8,500(座席指定/税込)

12/8(木)名古屋 愛知県体育館 
19:00開演
S¥10,500 A¥9,500 B¥8,500(座席指定/税込)

12/10(土)札幌 札幌ドーム 17:00開演
S¥10,500 A¥9,500 B¥8,500(座席指定/税込)

プロモーターはウドーさん。

地方公演もやってくれるのがいいね。

チケットがちょっとお高いけど・・・。

しかし今回嬉しいのはドーム以外の公演もあるということ。

これは名古屋の愛知県体育館に行くしかないね。

12月8日といえばジョン・レノンの命日。

"Come Together"を期待したいところ。






   


←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

2011年07月01日(Fri)▲ページの先頭へ
マイケル・モンロー再来日決定!だけど・・・

ジンジャーが脱退してドレゲンが加入したマイケル・モンロー・バンド。

早くも再来日が決定した!

来日してくれることはとても嬉しいことなんだけど・・・。

それがV-ROCKフェスだというから困ったもんだ。

私にとって未知の世界であるヴィジュアル系のフェス。

なぜそんなフェスにモンちゃんを呼んでしまうのだ。

これはクリマンのバッドジョブ!

モンちゃんの名阪単独公演を激しく希望する。



V-ROCK FESTIVAL’11
2011年10月23日(日)
さいたまスーパーアリーナ
9:30/11:00(20:30終演予定)
キョードー東京 0570-064-708
一般発売日 2011年9月3日(土)

←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


来日アーティスト特集
ロックバンドTシャツ 川崎優 official site ++with ZX-10R

ラスティエンジェル SNOW BLIND
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ