SNOW BLIND WORLD - 2014/11

SNOW BLIND WORLD
カテゴリ
SNOW BLIND WORLD
SNOW BLIND WORLD/一覧 (2841)


楽天市場最大の品揃え!
ロックTシャツ専門店!?
ラスティエンジェル
ラスティエンジェル



2014年11月
           
           

新着エントリ
FRANZ FERDINAND 来日決定! (10/27)
CRADLE OF FILTH 来日決定! (10/16)
Louisiana Rain 〜 Tom Petty (10/3)
DREAM THEATER at 豊田市民文化会館 ライヴレポ (9/12)
MAYHEM at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (9/6)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(後半) (9/1)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(前半) (8/31)
ザ西院フェス2017 ライヴレポ (8/25)
MUSE 来日決定! (8/24)
MICHAEL MONROE 来日決定! (8/2)
KRANG at Hikone Cocoza ライヴレポ (7/27)
サマソニタイムテーブル発表! (7/19)
RUINS ALONE at ダンスホール紅花 ライヴレポ (7/13)
Hot Motto Gumbo 2017 at 西部講堂 ライヴレポ!? (7/4)
PRAYING MANTIS & LIONHEART at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (7/3)
PAUL SHORTINO at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (6/23)
REVELLERS at Hikone Cocoza ライヴレポ (6/20)
DREAM THEATER 来日決定!  (6/19)
MUTATION来日決定! (6/7)
MAYHEM来日決定! (6/1)
CAROUSEL KINGS at 彦根Cocoza ライヴレポ (5/25)
IZZY BIZU at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (5/24)
DEVIL SOUND MANIA Vol.4 ライヴレポ (5/2)
START AT ZERO at 彦根COCOZA ライヴレポ (5/1)
NORAH JONES at 名古屋センチュリーホール ライヴレポ (4/28)
サマソニ日割り&追加発表! (4/20)
PAUL SHORTINO 来日決定! (4/11)
PUNKSPRING 2017 FINAL KOBE ライヴレポ (4/7)
#lovefighters (3/31)

新着トラックバック/コメント





ヤングミセスの下着ショップ
「VIECET」

アーカイブ
2006年 (152)
9月 (22)
10月 (47)
11月 (29)
12月 (54)
2007年 (638)
1月 (75)
2月 (58)
3月 (76)
4月 (45)
5月 (41)
6月 (29)
7月 (76)
8月 (53)
9月 (56)
10月 (44)
11月 (43)
12月 (42)
2008年 (417)
1月 (50)
2月 (41)
3月 (36)
4月 (39)
5月 (39)
6月 (34)
7月 (41)
8月 (34)
9月 (44)
10月 (11)
11月 (21)
12月 (27)
2009年 (458)
1月 (35)
2月 (31)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (42)
6月 (43)
7月 (37)
8月 (39)
9月 (43)
10月 (44)
11月 (42)
12月 (35)
2010年 (317)
1月 (35)
2月 (28)
3月 (20)
4月 (28)
5月 (32)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (30)
12月 (23)
2011年 (238)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (14)
4月 (23)
5月 (28)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (13)
10月 (13)
11月 (9)
12月 (9)
2012年 (146)
1月 (11)
2月 (16)
3月 (15)
4月 (12)
5月 (12)
6月 (14)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (12)
11月 (13)
12月 (13)
2013年 (137)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (10)
4月 (13)
5月 (17)
6月 (11)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (12)
10月 (9)
11月 (10)
12月 (15)
2014年 (103)
1月 (16)
2月 (10)
3月 (7)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (7)
7月 (10)
8月 (9)
9月 (7)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (6)
2015年 (97)
1月 (15)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (9)
8月 (10)
9月 (3)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (5)
2016年 (93)
1月 (11)
2月 (4)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (7)
6月 (7)
7月 (8)
8月 (6)
9月 (8)
10月 (7)
11月 (7)
12月 (10)
2017年 (45)
1月 (5)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)


アクセスカウンタ
今日:380
昨日:747
累計:6,048,395


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2014年11月28日(Fri)▲ページの先頭へ
「Lullaby аnd... The Ceaseless Roar」Robert Plant

ロバート・プラント&ザ・センセーショナル・スペースシフターズ

いいバンド名だけど長すぎる。

満を持してのロバート・プラントの新譜紹介です。

Lullaby and... the../Robert Plant


9月に出た新譜「ララバイ・アンド・・・ザ・シースレス・ロアー」が

ことのほか素晴らしい!

ただ、この素晴らしさを言葉にできないもどかしさ。

言えるのはこれだけ。

ロック界のレジェンド、ロバート・プラントが実にいい声を聴かせてくれる。

その歌声を聴けるだけで幸せってもんよ。

今年のサマソニのあの感動が蘇ってくる。

私にとってロック・ヴォーカリストといえばロバート・プラント。

ルックス、歌声、身のこなし、すべてにおいてロックスター以外の何者でもない。

しかもセクシー。

理想的なロックスターなのだ。

ロック・ヴォーカリストとしてロバート・プラントを超える者はいないね。

異論は認める。

たとえハードロックでなくても、たとえブルースでなくても、ロバート・プラント

が歌っているだけでハードロックでありブルースを感じる。

前作のようにアリソン・クラウスとの共演であったとしてもね。

今回のアルバムでは西アフリカ出身の1弦楽器奏者ジュルデー・カラマを

フィーチャーした"Little Maggie"で始まる。

アフリカンなリズムだけど中東あたりのエッセンスも感じる不思議な楽曲。

"Rainbow"は少しポップでメロディアスな楽曲。

こちらも繰り返される独特のリズムがクセになる。

このアルバム冒頭2曲はサマソニでも演奏されてたね。

アルバム冒頭の掴みはOK!

そこからは怒涛のロバート・プラント・ワールド。

アーシーでオーガニック!

これは意味がわからないね。

要はワールドミュージックなんですよ。

それでいてロック!

特に良かったのは"A Stolen Kiss"と"House of Love"

"A Stolen Kiss"はジャズィーなゆったりしたリズムにロバート・プラントの

円熟味のあるセクシーな歌声が乗っかって実に心地良い。

心地良すぎて眠ってしまいそう。

"House of Love"は名曲!

愛を感じる。

胸いっぱいの愛をね。

アルバム通して全編どれもこれも歌声が素晴らしい。

ハイトーンが出なくなってきたとはいえ歌声にますます深みが増している。

老いてなおセクシー!

66歳だけどいまだにロックスターとして輝いている。

とんでもない人ですよ。

まさにレジェンドだね。

再結成レッド・ツェッペリンを観てみたい気もするけど、過去の栄光にとらわれず

現役にこだわり進化し続けるロバート・プラントは生き方もロックだね。

サマソニで言ってたSee You Coming Soonはリップサービスだったのかな。

単独での来日公演発表を心待ちにしてるんだけど・・・。



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2014年11月26日(Wed)▲ページの先頭へ
「Everything Will Be Alright In The End」 WEEZER

ウィーザーの10作目になる新譜「Everything Will Be Alright In The End」

これが久々の会心作!

ジャケットのアートワークのセンスもウィーザーらしい。

快心のヘンテコさだな。

Everything Will Be../Weezer


ここ最近はスコット&リバースの活動ばかりでウィーザーはどうなることかと

思って心配してたんだけどこんな素晴らしい作品を出してくれるなんて。

さすがウィーザーだね。

今回もまた泣き虫ロック節が炸裂している。

スコット&リバースでJ-POPを追求したのがいい結果をもたらしたのかも。

日本人の心に響くワビサビがとてもいい感じ。

メロディーがいいんだな〜。

ロックの攻撃性が限りなくマイルドに感じる。

これはリバース・クオモのルックスによるところが大きいのかな。

どう見てもオタクにしか見えない野暮ったさ。

そしてコミカルなしぐさ。

シャウトする歌声にも攻撃性は感じられない。

裏返りそうなハイトーンのフラつき加減も危なっかしい。

ヘタウマな歌声なんだけどこれがクセになる。

これがウィーザーなんだな〜。

アルバム冒頭はドカドカしたリズムの"Ain't Got Nobody"

メロディーがいきなり泣いている。

そしてシングルカットされた"Back To The Shack"

これは個人的にはそんなに気に入った曲ではない。

ちょっと地味だな〜。

ノイジーなギターソロはいい感じだけど。

そして"Eulogy For Rock Band"のポップで軽快なノリ。

これはいい曲だわ〜。

J-POPのタイトルにありそうな"Lonely Girl"はザクザクしたギターがいい感じ。

"I've Had It Up To Here"は過去に聴いたことあるような曲の出だし。

ファルセットを織り交ぜた歌メロはこれぞウィーザー節!

"The British Are Coming"はこのアルバムでベストチューン!

メランコリックなメロディーはビートルズやTHE WHOを思わせる。

これぞブリティッシュ・サウンド!

これはUKロックだね。

アメリカのバンドだけど。

"Da Vinci"はコミカルで牧歌的なイントロで始まるおもしろ曲。

こういうのもウィーザーらしさ。

アルバム最後はウィーザーにしては珍しく組曲で構成。

ビートルズの「アビーロード」のB面のような感じといえば言い過ぎだな。

今回のアルバムは初期の作品に匹敵する名作かも。

最近の作品がいまいちだっただけにね。

来年は来日公演あるかな。

サマソニで来てくれるといいんだけど。



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2014年11月24日(Mon)▲ページの先頭へ
アコギセッション in Hikone Rock City

あこぎなロックンローラーがアコギセッションやりました。

セットリストは下記の通り。

I Wanna Go Where The People Go
Sick Of Drugs
Geordie In Wonderland
29x The Pain
Weekend
The Miles Away Girl
Cheers
You Took The Sunshine From New York
Zeen Requiem
Beautiful Thing You
My Baby Is A Headfuck
Someone That Won't Le Me Go
以上 THE WiLDHEARTS

Forget About It / GiNGER WiLDHEART

Tragedy
Don't You Ever Leave Me
Oriental Beat
11th Street Kids
Dead By Xmas
A Day Late A Dollar Short
以上 HANOI ROCKS

Superpowered Superfly
Stained Glass Heart
以上 MICHAEL MONROE

Check Your Head
Everything
Sorry
Rose
以上 BUCKCHERRY

Look At You
Heaven 2.9
Brand New Hate
I Got Spades
Abandon
Saved By The Bell
Nomadic
Minus Celsius
以上 BACKYARD BABIES

Viva La Gloria
Wake Me Up When September Ends
Oh Love
American Idiot
以上 GREEN DAY

Home Sweet Home / MOTLEY CRUE

Do You Remember Rock'n Roll Radio / RAMONES

Seize The Day / Avenged Sevenfold

Wild World / MR.BIG

Starman / David Bowie

My Way / Sid Vicious

その他いろいろ。

40曲以上やってるね。

楽しかった〜。



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2014年11月15日(Sat)▲ページの先頭へ
SLASH来日決定!

ちょっくらトーキョーくんだりに出張行ってる間にスラッシュの

来日が決まってたんですね。

なかなかの困った日程がこちら。

2015/2/9(月)大阪 なんばHATCH
OPEN 18:30 / START 19:30

2015/2/10(火)東京 新木場STUDIO COAST
OPEN 18:00 / START 19:00

2015/2/12(木)東京 渋谷TSUTAYA O-EAST
OPEN 18:00 / START 19:00

今回もまた名古屋飛ばしなのはいいとして2月ですよ。

モトリークルーの来日公演と同じ週。

そして次の週にはニューファウンドグローリー。

来日ラッシュですな。

しかし行かないわけにはいきません。

なんたって4年ぶりの単独来日公演。

昨年OZZ FESTでは来てたけどね。

(ちなみにOZZ FEST 2015が来年開催されるらしいね。行きたい・・・。)

4年前の来日公演といえば2011年3月14日(月)のこと。

東日本大震災から3日後のこと。

それにもかかわらずアジアツアーのフィリピンから関西国際空港に来てくれた。

日本が大混乱してるさなかに大阪公演だけやってくれたんだよねー。

あれほど嬉しかったことはない。

いろんな意味で勇気をもらいましたよ。

個人的にも最愛の人を亡くして10日後のことだったから。

あの時はスラッシュのロックンロールに救われたね。

スラッシュにはいくら感謝してもしきれない。

感謝の気持ちを込めてスラッシュのライヴを盛り上げよう!

来年はスラッシュがライヴ始めとなりそう。

鬼が笑うかもしれないけど来年もいい年になりそうだ。



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2014年11月11日(Tue)▲ページの先頭へ
「747」 LADY ANTEBELLUM

Lady Antebellum / 747 (Deluxe Edition) (輸入盤CD)【...

¥2,490
楽天

レディアンテベラム5枚目のアルバム「747」

前作「Gold」から1年という短いサイクルで出してきました。

しかしその間にヒラリーが出産するというおめでたい出来事もあったり。

ちなみに旦那様はドラムの方。

カントリーはバンド内で家族になっていくのが恒例のようで。

そんな紅一点のヒラリーさん、出産を終えても体型が大きくなった感が否めない。

幸せ太りなのかな。

アルバムジャケットは細く写ってるけど。

これはフォトショの仕業か!?

さてさて、アルバムの内容ですが、これが相変わらずレディアンテベラム節が

炸裂していい感じ。

チャールズとヒラリーの美しいハーモニーが絶品!

特にチャールズの声が好みなんだな〜。

これぞカントリーといった歌声。

時に優しく、時に力強い。

そして深みのある歌声。

アメリカを感じるんだな〜。

そしてなにより全曲メロディーがいいね!

さすがグラミー賞の常連といったところか。

今回のアルバムは哀愁を感じる曲が多い。

こういったメロディーは日本人の心に響くね。

最もアメリカンなカントリーミュージックだけど。

日本人が最終的に演歌に行きつくようにアメリカ人は最終的にカントリーに行きつく

ということなのかな。

そんなアメリカの白人文化を感じさせるアルバム「747」

アメリカでは売れまくってるのだろうけど日本ではどうかな。

とてもいいアルバムなんだけどな〜。

いつかレディアンテベラムの来日公演を観てみたいもんですよ。

絶対無理なんだろうね。





←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2014年11月05日(Wed)▲ページの先頭へ
New Found Glory 来日決定!

毎年のことだけど来年の2月もまた来日ラッシュですな〜。

ニューファウンドグローリーの来日公演が決定しました。

2015/2/14(土)東京 渋谷CLUB QUATTRO OPEN 17:00 / START 18:00

2015/2/15(日)横浜BAY HALL OPEN 17:00 / START 18:00

2015/2/16(月)名古屋 CLUB QUATTRO OPEN 18:00 / START 19:00

2015/2/17(火)大阪 梅田CLUB QUATTRO OPEN 18:00 / START 19:00

上記すべてTICKETS ¥6,500-(税込/All standing/1Drink別)

この時期真夏のオーストラリアをまわってそのついでに日本にやって来る

というお決まりのパターン。

オーストラリアのフェスSOUNDWAVEのついでということもあるね。

SOUNDWAVE組ではLAGWAGONの来日を待ってるんだけどな〜。

まだまだいろいろ被ってきそうな気もするけどNFGは観たい!




←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)