SNOW BLIND WORLD - 2014/12

SNOW BLIND WORLD
カテゴリ
SNOW BLIND WORLD
SNOW BLIND WORLD/一覧 (2841)


楽天市場最大の品揃え!
ロックTシャツ専門店!?
ラスティエンジェル
ラスティエンジェル



2014年12月
 
     

新着エントリ
FRANZ FERDINAND 来日決定! (10/27)
CRADLE OF FILTH 来日決定! (10/16)
Louisiana Rain 〜 Tom Petty (10/3)
DREAM THEATER at 豊田市民文化会館 ライヴレポ (9/12)
MAYHEM at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (9/6)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(後半) (9/1)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(前半) (8/31)
ザ西院フェス2017 ライヴレポ (8/25)
MUSE 来日決定! (8/24)
MICHAEL MONROE 来日決定! (8/2)
KRANG at Hikone Cocoza ライヴレポ (7/27)
サマソニタイムテーブル発表! (7/19)
RUINS ALONE at ダンスホール紅花 ライヴレポ (7/13)
Hot Motto Gumbo 2017 at 西部講堂 ライヴレポ!? (7/4)
PRAYING MANTIS & LIONHEART at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (7/3)
PAUL SHORTINO at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (6/23)
REVELLERS at Hikone Cocoza ライヴレポ (6/20)
DREAM THEATER 来日決定!  (6/19)
MUTATION来日決定! (6/7)
MAYHEM来日決定! (6/1)
CAROUSEL KINGS at 彦根Cocoza ライヴレポ (5/25)
IZZY BIZU at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (5/24)
DEVIL SOUND MANIA Vol.4 ライヴレポ (5/2)
START AT ZERO at 彦根COCOZA ライヴレポ (5/1)
NORAH JONES at 名古屋センチュリーホール ライヴレポ (4/28)
サマソニ日割り&追加発表! (4/20)
PAUL SHORTINO 来日決定! (4/11)
PUNKSPRING 2017 FINAL KOBE ライヴレポ (4/7)
#lovefighters (3/31)

新着トラックバック/コメント





ヤングミセスの下着ショップ
「VIECET」

アーカイブ
2006年 (152)
9月 (22)
10月 (47)
11月 (29)
12月 (54)
2007年 (638)
1月 (75)
2月 (58)
3月 (76)
4月 (45)
5月 (41)
6月 (29)
7月 (76)
8月 (53)
9月 (56)
10月 (44)
11月 (43)
12月 (42)
2008年 (417)
1月 (50)
2月 (41)
3月 (36)
4月 (39)
5月 (39)
6月 (34)
7月 (41)
8月 (34)
9月 (44)
10月 (11)
11月 (21)
12月 (27)
2009年 (458)
1月 (35)
2月 (31)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (42)
6月 (43)
7月 (37)
8月 (39)
9月 (43)
10月 (44)
11月 (42)
12月 (35)
2010年 (317)
1月 (35)
2月 (28)
3月 (20)
4月 (28)
5月 (32)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (30)
12月 (23)
2011年 (238)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (14)
4月 (23)
5月 (28)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (13)
10月 (13)
11月 (9)
12月 (9)
2012年 (146)
1月 (11)
2月 (16)
3月 (15)
4月 (12)
5月 (12)
6月 (14)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (12)
11月 (13)
12月 (13)
2013年 (137)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (10)
4月 (13)
5月 (17)
6月 (11)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (12)
10月 (9)
11月 (10)
12月 (15)
2014年 (103)
1月 (16)
2月 (10)
3月 (7)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (7)
7月 (10)
8月 (9)
9月 (7)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (6)
2015年 (97)
1月 (15)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (9)
8月 (10)
9月 (3)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (5)
2016年 (93)
1月 (11)
2月 (4)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (7)
6月 (7)
7月 (8)
8月 (6)
9月 (8)
10月 (7)
11月 (7)
12月 (10)
2017年 (45)
1月 (5)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)


アクセスカウンタ
今日:1,564
昨日:3,056
累計:6,047,149


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2014年12月16日(Tue)▲ページの先頭へ
BUCKCHERRY at 名古屋クラブクアトロ ライヴレポ

バックチェリー2Daysの名古屋公演です。

この日も前座は札幌のJake Stone Garage

大阪よりも演奏がタイトになりこの日の方が好印象。

ラス前の曲で(間奏でベース&ドラムがどんどん速くなる曲)でのグルーヴが

とても気持ち良かった。

ギターの音も大阪の時より断然良かった。

札幌の純朴そうな青年たちのロックンロールに熱くさせられましたよ。

バッドボーイズロックンロールというより好青年ロックンロールだね。

そんなことを思いながら、さてバックチェリーの登場ですよ。

この日もオープニングは"Lit Up"

コケイン!って叫びながらジャンピング。

楽しすぎる。

そしてさすが名古屋クアトロ、サウンドバランスが抜群にいい。

この会場はいつも音がいいから大好き。

2曲目には隠れた名盤「Time Bomb」から"Fall"

このスピードナンバーでさらにヒートアップ。

たたみかけるようにオナローこと"All Night Long"とファック連呼の

"Somebody Fuck With Me"

前半飛ばしまくりの今回のセトリは本当にいいね!

ここで聴かせるタイプの"Everything"と"Sorry"を並べてブレイクダウンする

のもいい感じ。

ちなみにこの2曲は先日のアコギセッションで自分たちでもやってた曲だけど

本家との違いをまざまざと見せつけられた。

さすがに上手いね。(当たり前のこと)

特に"Everything"のサビに向けて盛り上げていくところなんか何回聴いても

ゾクゾクくる。

"Sorry"のサビ後の「エヴリーシングルデイ〜♪」と歌うとこから「ソーリー♪」

のシャウトに持っていくところは超絶感動ポイント。

ジョシュの表現力がたまりません。

そしてこの日もここでシャツを脱いで上半身裸になるジョシュ。

ここから歓声の大きさが倍に膨れ上がるね。

この肉体美こそがロックンロールですよ。

私も見習わないといけません。

そして脱いでからの曲がぴったりの"Porno Star"

風俗の街、名古屋にぴったりの選曲ですな。

2ndからやってくれるのはとても嬉しい!

ちなみに大阪はなぜかいつも"Dirty Mind"

何か意味があるのかな!?

そして日替わりセットリストのここは"Tired of You"という流れ。

バックチェリーのようにセットリストが日替わりなバンドは複数公演観に行き

たくなるってものですよ。

ちなみに東京では"Next 2 You"と"Sunshine"になってる。

それもまたイイネ!

"I Don't Give A Fuck"でまたまたファックを連発してスピードナンバーの

"Gluttony"、そして「Confessions」から続けて"Greed"

東京では"Wrath"で大阪では"Water"だったところ。

やはり全公演観なくてはいけないのかな〜。

でも今回名古屋のセットリストが一番だと思えることがあった。

キースがおもむろにローコードでGを押さえたとき。

これは来たんじゃないかと。

そう、やはり"Check Your Head"ですよ。

バックチェリーで一番好きな曲。

でも、最近セットリストから外れることが多くなってた。

これが聴けるのは2005年の心斎橋クアトロ公演以来かも。

"Check Your Head"もアコギセッションで自分で歌ってみたけどやはり本家は

全然違う。

ジョシュの表現力がたまりません。

13歳でヌードを撮ったジェシーが今日死んだ。

ニックがアシッド(LSD)で死んだのは18歳だった。

なんていう退廃的な歌詞がいいね。

そして盛り上がるサビのところでBe happy with nothingですよ。

ジョシュのシャウトに心打たれる。

そしてキースのメロディーを奏でるだけのギターソロ。

これもまた超感動ポイント。

この1曲のためだけでも名古屋に来た甲斐があるってもの。

本編ラストは今日もまた"Crazy Bitch"

掛け合いの「ヘイ、ユー・クレイジービッチほにゃららほにゃらら」のところ、

大阪の時よりはちゃんと歌えるようにしていったんだけどな〜。

やっぱり難しい。

歌詞覚えても舌が回らない。

バックチェリーのライヴは超絶楽しいのにこのあたりからもう終わりなんだという

一抹の寂しさが押し寄せてくる。

アンコールは1曲目は"Say Fuck It"

この日もアイ・ドン・ケアー、セイ・ファック・イット!と大声でシャウト。

これで完全に声が枯れてしまった。

そして最後は"Too Drunk..."

ジョシュの酔っぱらい演技を目に焼き付けましたよ。

本当に2日間素晴らしいライヴを堪能させてもらいました。

バックチェリーのライヴにハズレは無いね。

いつも全力投球でやってくれる。

それがたとえエアロスミスの前座(大阪ドームのミレニアム・カウントダウン)や

モトリークルーの前座(2005年、2008年)でお客さんが全然立ち上がらなくても。

デビューしたころはいつかスタジアム級の会場でトリを務めるバンドになるんだろう

と予測したのに今でもライヴハウスでやってくれている。

これは悲しむべきなのか喜ぶべきなのか。

バックチェリーが売れようが売れまいが応援し続けていくことに変わりはないけどね。

これで3年連続来日してくれているバックチェリー。

来年も来てくれるかな!?

早くも次の来日公演が待ち遠しい。


バックチェリー名古屋公演のセットリスト。

01. Lit Up
02. Fall
03. All Night Long
04. Somebody Fucked With Me
05. Everything
06. Sorry
07. Porno Star
08. Tired of You
09. I Don't Give A Fuck
10. Gluttony
11. Greed
12. Check Your Head
13. Crazy Bitch
〜Encore〜
14. Say Fuck It
15. Too Drunk...







←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2014年12月15日(Mon)▲ページの先頭へ
BUCKCHERRY at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ

バックチェリーの来日公演、大阪&名古屋の2Days行ってきました。

バックチェリーは私にとって特別なバンド。

なんたって90年代のロック離れから引き戻してくれたバンドですからね。

99年のデビューは衝撃的だった。

それからというもの来日するたびに出来るだけ観に行くようにしている。

思い入れ指数が非常に高い。

だから今回も2Days!

ジンジャー関連以外では一番多く観てるんじゃないかな。

まずは大阪公演のライヴレポ行ってみよう!

前座には札幌からお越しのJake Stone Garageというバンド。

最初はギタートラブルでどうなることかと思ったけど2曲目から立て直して

活きのいいロックンロールをぶちかましてくれた。

リズム隊がとてもグルーヴィー。

MCでは「帰れ!とか言われるのかと思ったけどみなさん温かくて嬉しいです。」

なんてコメントも。

札幌出身というだけで無条件に応援しますよ。

なんたって日本ハムファイターズの本拠地ですからね。

終演後、物販におられたバンドメンバーにファイターズのリストバンドを

見せたら喜んでおられた。

やはり札幌はファイターズタウンですな。

さてさて、そんなこんなでJake Stone Garageがいい感じに盛り上げてくれた

ところでいよいよバックチェリーの登場。

いきなり"Lit Up"で始まる。

キラーチューンをいきなり持ってくるとはもったいない。

フロアの床が抜けるんじゃないかと思えるほどのタテノリ。

これがめっちゃ楽しい!

アイ・ラヴ・コケイン〜♪って歌ってたらサーファー出現。

バックチェリーでサーフするとは珍しいね。

それだけ大阪のお客さんはノリノリ。

2曲目にはこれまたキラーチューンの"Broken Glass"

ジョシュの「ブロークン・グラース!」ってサビの声も良く出てる。

クアトロが梅田に移転して初めてのバックチェリーだけど音が素晴らしい!

心斎橋の時は音がイマイチでジョシュの声がよく聞き取れなかったからね。

さらに「オナロー!」でお馴染みの"All Night Long"

新曲からは"Somebody Fuck With Me"

ファック・ウィズ・ミー!という大合唱は壮絶だった。

しっとりと"Everything"〜"Sorry"と聴かせる曲も大合唱。

めっちゃ歌ったな〜。

"Sorry"が終わったところでジョシュお約束の裸になる時間。

見事な細マッチョを披露してくれる。

無駄な贅肉が一切ない。

これで44歳とは到底思えない。

ストイックな人なんだな〜。

ほとんど隙間なく入れられたタトゥーがお見事。

それに引き替えギターのキースはジョシュの3倍ぐらいあろうかという巨体。

どんどんお太りなさってる。

ヒゲもたくわえてまるで木こりのよう。

もう一人のギター、スティーヴィーもいつのまにか上半身裸で見事な細マッチョ。

お腹のタトゥー「春」が印象的。

細マッチョを見ながらの"Dirty Mind"〜"Ridin'"はこの日のハイライト。

めちゃくちゃ盛り上がった。

特に"Ridin'"は好きなんだな〜。

ジョシュのバイクのアクセルをふかせるアクションがかっこいい。

ゆったりしたテンポでグルーヴィーな"I Don't Give A Fuck"からの

キラーチューン"Gluttony"もお見事。

ちょいと地味目な曲"Water"を挟んでしっとりとバラード"Carousel"

ダンサブルにストーンズの"Miss You"を導入に持って来てお馴染みの

"Crazy Bitch"と来たもんだ。

盛り上がらないわけがない。

またまたサーファーの嵐。

この曲はいつも掛け合いさせられるんだけど歌詞が難しい。

結構グダグダになってしまうんだな〜。

アンコールではIcona Popのカバーで"Say Fuck It"

これがものすごい盛り上がり。

アイ・ドン・ケアー、セイ・ファック・イット♪

バックチェリーはファックって言葉が似合うね。

最後は"Too Drunk..."

ジョシュが酔っぱらいの真似をしながらフラフラと歌う。

なかなかいい演技してた。

ジョシュのようなストイックな人がそんなに酔っぱらうことは無いんだろうけど。

ライヴはあっという間の80分。

怒涛のロックンロールで満足なんだけどもっともっと聴きたい曲がある。

80分じゃ物足りないよ〜。

これ以上やられるとこっちの体力がもたないかもだけど。

ということで次の日の名古屋公演に続く。

バックチェリー大阪公演セットリストは下記の通り。

01. Lit Up
02. Broken Glass
03. All Night Long
04. Somebody Fucked With Me
05. Everything
06. Sorry
07. Dirty Mind
08. Ridin'
09. I Don't Give A Fuck
10. Gluttony
11. Water
12. Carousel
13. Crazy Bitch
〜Encore〜
14. Say Fuck It
15. Too Drunk...







←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2014年12月09日(Tue)▲ページの先頭へ
Summer Sonic 2015 開催発表!

早くもサマソニ2015の開催が発表されましたね。

日程は下記の通り。

サマーソニック2015:2015年8月15日(土)、16日(日)
東京会場 QVCマリンフィールド&幕張メッセ 
大阪会場 舞洲サマーソニック大阪特設会場

ソニックマニア2015:2015年8月14日(金) 幕張メッセ

千葉ロッテマリーンズの試合日程が先に発表されてたからおそらく

この日程になるだろうとは予想していたけど。

お盆の真っただ中、終戦記念日のサマソニですね。

これはラヴ&ピースなサマソニになりそう。

ウッドストックのようにね。

ヘッドライナーは誰になるのかな。

あれこれ予想するのもまた楽しい。

そろそろ毎年噂されてるブルース・スプリングスティーンとかU2とか。

AC/DCやGUNS N' ROSESといったハードロック勢も期待したい。

レジェンドならデヴィッド・ボウイとかニール・ヤングとか。

早くもワクワクが止まらない。

私の夏が始まりました!



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2014年12月08日(Mon)▲ページの先頭へ
「FUCK」 BUCKCHERRY

バックチェリーの最新EPはタイトルがイイネ!

何度でも声に出して言いたくなるタイトル。

その名も「ファック」。

\ファック!/

バックチェリーらしさが出てる。

収録曲もすべてファック絡み。

Fuck/Buckcherry


1. Somebody Fucked With Me
2. Say Fuck It
3. Motherfucker
4. I Don't Give A Fuck
5. It's A Fucking Disaster
6. Fist Fuck

これぞロックンロールですよ。

ファッキン・ロックンロール!

一番のお気に入りは"Say Fuck It"

まるでAC/DCの"Thunderstruck"を思わせるバッキングリフ。

ライヴでも定番でやってるみたい。

今日からの来日公演でもやってくれるかな。

明日からの大阪&名古屋が楽しみ!

ただ、この曲はIcona Popのカバー曲とのこと。

原曲を知らないんだけどね。

カバーといえばPledgeの「Singles Club」で6曲のカバー曲が出揃いました。

これがなかなか素晴らしい!

Beast of Burden (The Rolling Stones)
Small Man, Big Mouth (Minor Threat)
I've Done Everything For You (Rick Springfield)
Rock'n Roll Damnation (AC/DC)
Hot Legs (Rod Stewart)
Devil Inside (Inxs)

AC/DCはバックチェリーらしい選曲だけどインエクセスとかリック・スプリングフィールド

が意外な選曲。

でもハマってる。

この中からもライヴでやってくれると嬉しいんだけど。

サムバディ・ファッキン・ウイズ・ミ〜♪



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2014年12月06日(Sat)▲ページの先頭へ
「Storytone」 NEIL YOUNG

ニール・ヤングの新譜がまたまた出ました!

ニール・ヤングが新譜を出すたびにサミエル・ウルマンの詩を思い出す。

青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、

安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。

理想を失う時に初めて老いがくる。

Storytone -Deluxe-/Neil Young


ニール・ヤング69歳。

今もなお現役バリバリ!

理想を失ってないから創造力があるんだね。

「ア・レター・ホーム」に続いて今年2枚目。

しかも今回の「ストーリートーン」は2枚組。

といっても1枚目は弾き語り形式で10曲。

そして2枚目はその10曲をオーケストラヴァージョンで収録といったもの。

どっちも甲乙付けがたい。

でも1枚目の地味なアレンジの方が好きかな。

アルバム1曲目は"Plastic Flowers"で始まる。

これが名曲"After The Gold Rush"を思わせる哀愁に満ちた楽曲。

ニール・ヤング特有の音程の不安定な歌い方がよりいっそう悲しい。

続いての"Who's Gonna Stand Up?"は化学燃料依存に警鐘を鳴らすといった

メッセージソング。

生態系の保護なんかも訴えている。

こういったところがニール・ヤングの魅力だね。

ちなみに最近ではスターバックスのコーヒー不買運動も展開している。

なんでも遺伝子組み換えの農薬メーカーと手を組んだからだとか。

スタバのコーヒーなんて高くてなかなか買えません。

ブルジョアの飲むコーヒーだね。

私のような労働者階級のロックンローラーはコンビニのコーヒーでじゅうぶん。

"I Want to Drive My Car"はファズの効いたギター1本で奏でられるブルース。

なかなか地味なんだけどカッコイイ。

ピアノ弾き語りの"Glimmer"は哀愁漂うバラードでニールの歌声が沁みる。

一転して"Say Hello to Chicago"は冒頭のハーモニカがいい感じ。

しかしそこから一転してジャズバラードな感じでとても優雅。

これのオーケストラヴァージョンはゴージャスでまた違った魅力が味わえる。

ウクレレっぽい伴奏が牧歌的な"Tumbleweed"、ブルージーな"Like you Used To Do"、

静かなピアノ弾き語りの"I'm Glad I Found You"、ギター&ハーモニカで

フォーキーな"When I Watch You Sleeping"と地味な感じで展開していく。

アルバム最後はギター弾き語りの"All Those Dreams"で静かに終わっていく。

ダイナミックな盛り上がりに欠けるアルバムかもしれないけどこれもまた

ニール・ヤングの一面。

熱いメッセージは静かに歌に込めるというスタンス。

カッコイイじゃないですか。

奇しくもただいま衆議院選挙まっただ中。

大きな声で叫んでいる立候補者の方々とは全然違うね。

どちらを信じるかといえば私はニール・ヤングだね。

ニール・ヤングは69歳だけどまだまだ青春まっただ中。

理想を失っていない。

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、

安易を振り捨てる冒険心を感じる。



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2014年12月05日(Fri)▲ページの先頭へ
「Hang」 LAGWAGON

メロディックパンクバンド、ラグワゴンの8枚目のアルバム「Hang」

これが最高に気持ちいいメロディーが満載で嬉しくなる。

Hang/Lagwagon


ラグワゴンはカリフォルニア出身ということで能天気な明るさを

持ったパンクバンド。

その明るさのなかにときおり見せるウェットなメロディー。

これが日本人の琴線を震わせるんだな〜。

アコースティックな小曲"Burden of Proof"でゆっくり始まって、一転して

疾走する"Reign"へと流れ込むアルバム冒頭。

間奏でスローダウンして再び疾走。

サビはさすがラグワゴンと思わせる素晴らしいメロディー。

これだけでラグワゴンの魅力に取りつかれる。

ジョーイ・ケイプの歌メロの作り方は天才だな。

アルバム全編どれもこれも粒ぞろいの素晴らしい楽曲が並んでるんだけど、

後半に行くほどに楽曲が良い。

特に秀逸なのは"One More Song"

これは起承転結のあるドラマティックな楽曲。

静かに始まって疾走していくとこ、そして胸がキュンキュンするメロディー。

青春ロックンロールだね。

これは名曲!

アルバム後半にはウェットなメロディーが沁みる"You Know Me"

サビの盛り上げ方が特に素晴らしい。

そして最後に哀愁を帯びて疾走する"In Your Wake"

トータル40分に満たないアルバムだけどパンクにはちょうどいい長さ。

アルバム全体が完璧な流れでまとめられている。

これは傑作ですぞ。

パンクだからといって敬遠されてるとしたらもったいないこと。

ラグワゴンはメロディーメイカーとして天才!

来年はサウンドウェーヴに合わせてオセアニア・ツアーが組まれてるようだけど

是非とも来日公演を組み込んでもらいたい。

できたら単独公演でたっぷり観てみたいな〜。



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)