SNOW BLIND WORLD - 2015/02

SNOW BLIND WORLD
カテゴリ
SNOW BLIND WORLD
SNOW BLIND WORLD/一覧 (2841)


楽天市場最大の品揃え!
ロックTシャツ専門店!?
ラスティエンジェル
ラスティエンジェル



2015年2月

新着エントリ
FRANZ FERDINAND 来日決定! (10/27)
CRADLE OF FILTH 来日決定! (10/16)
Louisiana Rain 〜 Tom Petty (10/3)
DREAM THEATER at 豊田市民文化会館 ライヴレポ (9/12)
MAYHEM at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (9/6)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(後半) (9/1)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(前半) (8/31)
ザ西院フェス2017 ライヴレポ (8/25)
MUSE 来日決定! (8/24)
MICHAEL MONROE 来日決定! (8/2)
KRANG at Hikone Cocoza ライヴレポ (7/27)
サマソニタイムテーブル発表! (7/19)
RUINS ALONE at ダンスホール紅花 ライヴレポ (7/13)
Hot Motto Gumbo 2017 at 西部講堂 ライヴレポ!? (7/4)
PRAYING MANTIS & LIONHEART at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (7/3)
PAUL SHORTINO at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (6/23)
REVELLERS at Hikone Cocoza ライヴレポ (6/20)
DREAM THEATER 来日決定!  (6/19)
MUTATION来日決定! (6/7)
MAYHEM来日決定! (6/1)
CAROUSEL KINGS at 彦根Cocoza ライヴレポ (5/25)
IZZY BIZU at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (5/24)
DEVIL SOUND MANIA Vol.4 ライヴレポ (5/2)
START AT ZERO at 彦根COCOZA ライヴレポ (5/1)
NORAH JONES at 名古屋センチュリーホール ライヴレポ (4/28)
サマソニ日割り&追加発表! (4/20)
PAUL SHORTINO 来日決定! (4/11)
PUNKSPRING 2017 FINAL KOBE ライヴレポ (4/7)
#lovefighters (3/31)

新着トラックバック/コメント





ヤングミセスの下着ショップ
「VIECET」

アーカイブ
2006年 (152)
9月 (22)
10月 (47)
11月 (29)
12月 (54)
2007年 (638)
1月 (75)
2月 (58)
3月 (76)
4月 (45)
5月 (41)
6月 (29)
7月 (76)
8月 (53)
9月 (56)
10月 (44)
11月 (43)
12月 (42)
2008年 (417)
1月 (50)
2月 (41)
3月 (36)
4月 (39)
5月 (39)
6月 (34)
7月 (41)
8月 (34)
9月 (44)
10月 (11)
11月 (21)
12月 (27)
2009年 (458)
1月 (35)
2月 (31)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (42)
6月 (43)
7月 (37)
8月 (39)
9月 (43)
10月 (44)
11月 (42)
12月 (35)
2010年 (317)
1月 (35)
2月 (28)
3月 (20)
4月 (28)
5月 (32)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (30)
12月 (23)
2011年 (238)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (14)
4月 (23)
5月 (28)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (13)
10月 (13)
11月 (9)
12月 (9)
2012年 (146)
1月 (11)
2月 (16)
3月 (15)
4月 (12)
5月 (12)
6月 (14)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (12)
11月 (13)
12月 (13)
2013年 (137)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (10)
4月 (13)
5月 (17)
6月 (11)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (12)
10月 (9)
11月 (10)
12月 (15)
2014年 (103)
1月 (16)
2月 (10)
3月 (7)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (7)
7月 (10)
8月 (9)
9月 (7)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (6)
2015年 (97)
1月 (15)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (9)
8月 (10)
9月 (3)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (5)
2016年 (93)
1月 (11)
2月 (4)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (7)
6月 (7)
7月 (8)
8月 (6)
9月 (8)
10月 (7)
11月 (7)
12月 (10)
2017年 (45)
1月 (5)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)


アクセスカウンタ
今日:1,564
昨日:3,056
累計:6,047,149


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2015年02月28日(Sat)▲ページの先頭へ
「Shadows in the Night」 BOB DYLAN

Shadows in the Night/Bob Dylan


ボブ・ディランの36枚目のアルバム「シャドウズ・イン・ザ・ナイト」

今回はフランク・シナトラのレパートリーをカバーするという選曲。

オリジナル曲が無いのがちょっと残念。

しかしこのカバーがどれもこれも絶品!

さすがディランと唸らされる。

フランク・シナトラを意識してか今回の歌い方はとても優しい歌声。

いつものしゃがれ声とちょっと違う。

さらに声域も広がってるような。

ディラン御大73歳にして進化してる。

リードトラックとして先に公開された"Stay With Me"がことのほか素晴らしい。

ジャズ・スタンダードの枯葉こと"Autumn Leaves"もたまらない。

ジャズィーな歌い方するディランもカッコイイね。

フランク・シナトラはオーケストラを従えて歌ってたけどディランはすべての

楽曲をバンド形式で歌っている。

そのアレンジがとても素晴らしい!

柔らかなギターサウンドが特にイイネ。

時にハワイアンのように聞こえたりするけど。

そこにディランの優しい歌い方が絶妙にマッチする。

特に音程が高いところに来ると甘い声を出すんだな〜。

それがたまらなくセクシー。

ちなみにギターはチャリ坊ことチャーリー・セクストン。

かつてのアイドル・ロッカーもこんな渋いギターを弾くようになったんだな〜。

今回のカバーでは"My Way"や"New York, New York"といったシナトラの有名曲を

あえて外してるところもいいね。

ディランこだわりの選曲なのだろう。

このアルバムは夜に聴くのが合うね。

タイトルがシャドウズ・イン・ザ・ナイトだからね。

アルバムのジャケット、裏ジャケのアートワークも素晴らしい!

古めかしさを醸し出してる。

特に裏ジャケはディランの怪しい魅力。

CD自体のアートワークはLPレコードを模したもの。

LONG PLAYER 33 1/3という表記がイイネ!

こういったこだわりは嬉しい。

かつて政治的なメッセージを含んだプロテスト・ソングを歌ってたディランがこう

やってシナトラのカバー・アルバムを作るようになったというのも不思議な気がする。

若い頃なら絶対やらなかっただろうね。

年取ったからこそディランもいろんなこと出来るようになったのかも。

次はブルースのカバー・アルバムなんてのも作って欲しいな〜。

今回はブルースが無かったからね。

ディランの歌うブルースが大好きだから。



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2015年02月27日(Fri)▲ページの先頭へ
「American Beauty/American Psycho」 FALL OUT BOY

American Beauty/American/Fall Out Boy


フォールアウトボーイの新譜「アメリカン・ビューティー/アメリカン・サイコ」

これが前作の「Save Rock and Roll」の"The Phoenix"路線でとても派手。

モダンなディスコサウンド風になってる。

ついにこの路線に行ってしまったか。

決して嫌いじゃないけどね。

でも・・・。

昔のポップパンクの感じは無くなってしまった。

これがバンドの成長ということなのかも。

モダンといっても80年代を思わせるどこか懐かしいサウンド。

エコーのかかった深みのあるドラムサウンドがそう思わせるのかな。

冒頭3曲が強烈に派手なアレンジなので印象深い。

しかし4曲目の"The Kids Aren't Alright"はしっとりとしたメロディーで

絶品の楽曲なのだ。

これもまたFOBが成長した証だね。

特にパトリックの歌唱が絶品!

この人はどんどん歌が上手くなっていくね。

"Uma Thurman"はOFFSPRINGを思わせるおもしろいアレンジ。

"Twin SKeleton's"はPET SHOP BOYSを思わせるアレンジ。

その他粒ぞろいの楽曲が並んでる。

しかしどれもこれも同じような曲に聴こえてしょうがない。

アレンジ過多になってるような・・・。

楽曲がいいだけにもったいないような。

何回か聴いてるうちにすぐに飽きてしまいそう。

あくまで個人の感想です。

決して悪いアルバムではないんだけど・・・。

パンスプではどんなライヴを見せてくれるのか。

このアルバムの楽曲もライヴで聴くと印象が変わるかも。

そこに期待することにしましょう。



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2015年02月23日(Mon)▲ページの先頭へ
サマソニ2015第2弾発表!

サマソニ2015第2弾が発表されましたね。

ARIANA GRANDE
OLLY MURS
BLEACHERS
CAST
CLEAN BANDIT
MODESTEP

この6組です。

注目はジョン・パワー率いるCAST。

ギタリストはリアム・タイソンが来てくれるのかな。

昨年のロバート・プラントのギタリストとしても来てた。

"Babe I'm Gonna Leave You"のアコギは最高だったな〜。

今年も長髪ひげ面で来るのかな。

キャストといえば3年前のマウンテン・ステージではジョンのギターが

トラブル続きでご機嫌斜めだったのが印象的。

今回はスカっとしたブリットポップをやって欲しいね。

その他の追加アーティストはよく知らない。

アリアナ・グランデとかオリー・マーズとかティーン向けの

ポップ・アーティストといったところかな。

知らんけど。

ブリーチャーズはFUN.のギタリストのサイド・プロジェクトらしい。

You TubeでPV見てみたけどこれがなかなかいい感じ。

これは期待していいかも。

しかしフジロックのメンツが豪華すぎてサマソニが霞むな〜。

やっぱモーターヘッドがフジロックに出るというのが大きいね。

サマソニのロック色が薄く感じられてしょうがないよ。

第3弾発表に期待かな。





←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2015年02月20日(Fri)▲ページの先頭へ
フジロック第3弾発表!

ついに万障繰り合わせてフジロックに初参戦するべき時が来た!

モーターヘッドがフジロックに追加発表ですよ。

これを観に行かないってのは私のロックンロール魂が許さない。

行かねばならねばでしょう。

苗場が遠いなんて言ってられません。

いろいろ調べたけど電車で向かうのはちょっと無理っぽい。

車で行くなら彦根I.C.から湯沢I.C.まで508.2km

東京行くよりもちょっと遠いぐらいだね。

これなら全然大丈夫。

行きます。

モタヘのためなら苗場行きます。



←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2015年02月18日(Wed)▲ページの先頭へ
NEW FOUND GLORY at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ

ニューファウンドグローリー大阪公演行ってきました。

覚悟してたとはいえお客さんがみんな若い!

ここのところSLASHやMOTLEY CRUEといったライヴに行ってたから客層が

40代以上というのが当たり前だったのに。

今回はどうみても20代ばかりといった感じ。

もちろん長髪なんて誰もいませんよ。

長髪おじさんの多いライヴはブルースとかサザンロック、フォークロック

さらには古き良きハードロックぐらいですかね。

かつてパンクにとって長髪は敵のように思われてたこともあるぐらいだし。

そんなことは気にせず好きなものは好き!

若いファンに交じっておじさんも楽しんできましたよ〜。

前座は東京からやってきたSEPTALUCK(セプトアラック)通称セプアラというバンド。

これが思いのほか良かった。

特にヴォーカルの子のMCが良かったね。

「オレも洋楽しか聴かないから君たちの気持ちはよ〜くわかる」

「アメリカのポップパンクが大好きなんだ」

「日本のバンドの曲なんて知らないもんね」

「でもオレの大好きなニューファウンドグローリーのために盛り上がってくれ!」

こんな自虐的とも取れるMCでハート鷲掴みにされましたよ。

そして演奏される曲がすごくメロディアスでポップでパンク。

私の好みですよ。

終演後、物販で彼らのCD買いましたよ。

そしたらドラムの子が「お客さんの顔見えてましたよ」なんてね。

やっぱ長髪おじさんは目立ってしまうんだな。

というか浮いてたんだろう。




さてさて、いい感じでセプアラが会場を熱くしてくれたところでNFGの登場!

ヴォーカルのジョーダンが「日本」と書かれたハチマキをして登場。

このベタな演出が彼らしい。

"Selfless"で激しくスタート。

そして立て続けに"Understatement"ときたもんだ。

これで会場内はマックスにヒートアップ。

サークルピットはグルグル回るしクラウドサーファーはゴロゴロ転がる。

一段高いところのバーカウンターで観させてもらってたけどおもしろいのなんのって。

若さってこういうことなんだな〜なんて思いながら観てました。

続いての"Don't Let Her Pull You Down"では会場一体となったシンガロング。

新譜からの"Resurrection"でもサビを大合唱。

キラーチューン"Hit or Miss"と前半飛ばしまくり。

"Anthem for the Unwanted"でもまたクラウドサーファー転がりまくり。

みんな疲れを知らないね〜。

バンドメンバーもそんな様子をうかがいながらとても楽しそう。

ギタリストがチャド一人になってしまったけど全然大丈夫。

分厚いギターサウンドで違和感は全く無かった。

ひげ面ベースのイアンはピック投げがお上手。

会場後方までものすごいスピードでピックを投げていた。

油断した人が口にピックが直撃したみたいで悶絶されてた。

ジョーダンの歌声もまったく衰え知らずで全力投球のライヴはいよいよ

ハイライトへと。

新譜から"Ready & Willing"、そして名曲"Failure's Not Flattering"

さらにはシックスペンスなにがしのカバーで"Kiss Me"という流れ。

個人的にここが最高!

ポップパンクの真骨頂と思える3連発ですよ。

特にカバー曲の"Kiss Me"は原曲を超えてるね。

そこから"Dressed to Kill"というのも盛り上がった。

さらには激しい"Intro"そして"My Friends Over You"で素晴らしい

メロディーに酔いしれた。

あっという間の本編終了。

そしてここからアンコール曲。

"Truck Stop Blues","Head On Collision"としっかり歌を聴かせる。

ジョーダンの歌は上手い。

ふざけてるようで意外とちゃんと歌えてるのだ。

最後はキラーチューン"All Downhill from Here"でまた大盛り上がり。

あっという間に終わった感じだけど80分ほどやってくれたみたい。

セットリストは申し分なし。

ほんと楽しいライヴだったな〜。

長髪おじさんでもポップパンク大好きだからね。

特にニューファウンドグロリーは大好きですよ。

サマソニあたりでまた来てくれないかな〜。

SETLIST
01.Selfless
02.Understatement
03.Don't Let Her Pull You Down
04.Resurrection
05.Hit or Miss
06.Something I Call Personality
07.Hold My Hand
07.Anthem for the Unwanted
09.The Worst Person
10.Truth of My Youth
11.Sincerely Me
12.Listen to Your Friends
13.Ready & Willing
14.Failure's Not Flattering
15.Kiss Me (Sixpence None the Richer cover)
16.Dressed to Kill
17.Intro
18.My Friends Over You
〜Encore〜
19.Truck Stop Blues
20.Head On Collision
21.All Downhill from Here





←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2015年02月15日(Sun)▲ページの先頭へ
MOTLEY CRUE at 神戸ワールド記念ホール ライヴレポ

モトリークルー最後の来日公演(神戸公演)行ってきました。

ついにこの日が来たかって感じ。

モトリークルーの活動停止が発表されてからワールドツアーが

発表されて、来日公演が決まって、そしてついにこの日が・・・。

ロックンローラーの高齢化にともないこういうことも増えてくるんだろうね。

とても寂しいことですよ。

バッドボーイズはいつまでも少年でいられないってことか。

なにはともあれ彼らの最後の雄姿を目に焼き付けてきました。

神戸は日本公演唯一のスタンディング会場ということでプレミアムということも

考えたけどあまりにもチケットが高いので一般のスタンディングでチケットゲット。

あまり整理番号は良くなかった。

入場してミック・マーズ側のエリアへ行けば一般エリアの最前列柵が空いてました。

ニッキー・シックス側はすでにかなりの人だかりだというのにね。

ちなみにプレミアム・エリアもミック側はかなり空きがありました。

ミックかわいそう。

確かにニッキーはかっこいいけど私はミックのギターサウンドが好き。

中学生のころ、初めてミュージック・ライフで紹介されたモトリー・クルー。

そのケバケバしい写真にド胆を抜かれた。

それから初めて聴いたアルバム「Too Fast For Love」でのチープなロックンロール。

「華麗なる激情」という邦題も素晴らしい!

メロディアスでありながらどこか毒を感じるそのサウンド。

一番衝撃を受けたのは下品なギターの音。

パンクのような"Live Wire"の激しさ、胸を焦がすようなメロディーの"Merry-Go-Round"

が印象的だったけど一番好きなのは"Take Me To The Top"

ハーモニクスを効かせたザクザクしたギターサウンドがたまらなくカッコイイ!

どんな曲でもミックのギターは下品だった。

たとえバラードでもね。

そんなミック・マーズの健康状態も良くないとのことで活動停止もやむなしか。

ライヴの方は活動停止を思わせるしんみりとしたところは微塵も感じさせない

パワフルなロックンロール・ショーそのもの。

ダイエットに失敗した巨体ヴィンス・ニールの動きもそこそこいい感じ。

声もしっかり出てました。

そしてちゃんと歌ってた。

以前はサビの部分を観客に丸投げだったけどね。

ミック・マーズも意外と動いたしね。

死神のような風貌になってるのは致し方なし。

そこがミックの魅力でもあるしね。

ニッキー・シックスは相変わらずカッコイイ!

トミー・リーは昔の長髪の頃の方が良かったかも。

髪の毛短くなってなんか普通の人に見えてしまう。

セットリストは新旧ベストセレクションといった感じで申し分なし。

特に初期の頃の曲は思い出深いからこれが聴き収めかと思うと感慨深い

ものがあったな〜。

高校の頃に下手くそバンドでカバーしてた"Live Wire"や"Looks That Kill"

今やってるバカバンドでもコピーしてる"Anarchy in the U.K."

タバコを吸うときによく口ずさんでた"Smokin' in the Boy's Room"

恋をするには若すぎるというToo〜To構文を学んだ"Too Young To Fall in Love"

"Too Fast For Love"も英語の文法問題で出てきそうだね。

中学、高校の頃によく聴いた1st,2ndアルバムは私の青春そのもの。

一番売れたであろう「Girls,Girls,Girls」や「Dr.Feelgood」はそんなに思い入れが無い。

でも"Don't Go Away Mad"は大好き。

この曲の時はいつもヴィンスがギター弾くんだけど金髪のお姉さんがギターを

手渡しに出てくる演出がおかしかった。

"Wild Side"や"Girls,Girls,Girls"でのお姉さんたちの激しいダンス。

"Looks That Kill"ではレザースーツを身に着けてセクシーダンス。

こういった演出はモトリークルーならではでとても楽しい。

ロックンロール・ショーでもありエンターテイメント・ショーでもあるからね。

今回最大の演出はトミーのドラムコースター。

遊園地のジェットコースターを思わせるレールにドラムセットがぶら下がり、

回転しながら会場中央までやって来るというもの。

こんなバカバカしい演出をするのもモトリーならでは。

バックのサウンドに最近リリースされたばかりのFall Out Boyの曲を使ったのも

良かったね。

そういえばトミーがゲスト参加してたんだね。

ミック・マーズのギターソロもなかなか良かった。

ミックがんばれー!って声援を送りたくなるね。

代表曲のオンパレードに大盛り上がりしてたらいつのまにか本編ラストの

エンジン音と共に"Kick Start My Heart"が始まった。

歌いまくってるうちにあっという間に終わった感じ。

そしてアンコールはセンターステージで"Home Sweet Home"

せり上がっていく小さなステージでヴィンス、ニール、ミック、トミーが

演奏している姿。

まるで夢を見てるみたいな光景。

こんな感動的なバラードでお別れなんて泣ける。

またいつかきっと逢える日が来るよね。

前言撤回してくれていいんだよ〜。

また復活しますなんてね。

「あれは嘘でした!」と言ってくれてもね。

ロックンローラーなんだから許される。

会場に流れるフランク・シナトラの"My Way"を聴きながら泣きそうになった。

ありがとうモトリー!

ひとまず、さよならクルー!

01.Saints of Los Angeles
02.Wild Side
03.Primal Scream
04.Same Ol' Situation (S.O.S.)
05.Looks That Kill
06.On With the Show
07.Too Fast for Love
08.Smokin' in the Boy's Room
09.Mutherfucker of the Year
10.Anarchy in the U.K.
11.Dr. Feelgood
12.Shout at the Devil
13.Don't Go Away Mad (Just Go Away)
14.Drum Solo
15.Guitar Solo
16.Live Wire
17.Too Young to Fall in Love
18.Girls, Girls, Girls
19.Kickstart My Heart
〜Encore〜
20.Home Sweet Home







←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2015年02月13日(Fri)▲ページの先頭へ
SLASH feat. MYLES KENNEDY at NAMBA HATCH ライヴレポ

スラッシュ・フィーチャーリング・マイルス・ケネディー・

アンド・ザ・コンスピレイターズの大阪公演行ってきました。

スラッシュを観るのはあの東日本大震災の3日後だった2011年以来。

あの時はよくぞ来日公演やってくれたもんだと感動しました。

東京公演はキャンセルになったんだけどね。

その後、日本中が放射能汚染されてるとかいう風評もあった。

電力不足でライヴなんて出来ないとかね。

来日公演が相次いでキャンセルされていくのはほんと悲しかった。

だからこそあの時のスラッシュの男気には勇気と感動をもらいましたよ。

あれから4年経ってのジャパンツアー。

会場のなんばハッチはほぼ満員状態。

特にスラッシュ前のエリアが埋まるのは早かったな〜。

私ももちろんスラッシュ前で待機。

開演時間をちょっと過ぎて登場してきたスラッシュとその仲間たち。

これがみんな超絶カッコイイ!

最近では珍しくなりつつある全員長髪。

やっぱりロックバンドは長髪だね。

スラッシュの髪の毛は疑惑があるとかないとか・・・。

でもそんなことは気にしない。

オープニングは前作からの"You're a Lie"

スラッシュのギターサウンドが抜群!

レスポール+マーシャルは無敵のサウンドを醸し出してくれるね。

そこにスラッシュ特有のオーソドックスなフレーズとピッキング。

なんばハッチの音響も素晴らしいね。

なによりスラッシュはギターを持ったたたずまいがカッコイイ!

ちょっと低めに構えてリフやバッキングを弾く姿、ソロではギターを

立てて右ひざの上に乗せる姿。

こんなにレスポールが絵になるギタリストは他にいないね。

時おりというか頻繁に見せてくれたダックウォークもたまらなくカッコイイ。

チャック・ベリーの時代からロックンロールはダックウォークと決まっている。

そんなスラッシュばかりに目が行ってしまうところだけどスラッシュの盟友である

マイルス・ケネディーもヴォーカリストとしては超一流。

ハイトーンを駆使した歌い方だけど涼しい顔してる。

声量もなかなかのもの。

スラッシュの大きなギターサウンドに全然負けてない。

ステージアクションやオーディエンスの煽りもこれぞロックンローラーといったとこ。

さらにはベーシストに目をやるとトッド・カーンズがまた超イケメン。

細くて長い脚を大きく開いたり、真っ黒な長髪を振り乱したり、やることなすこと

すべてが絵になるベーシスト。

なんせ長身でスタイルが抜群!

アイライナーでちょっとメイクしているところとか爪を黒く塗ってるところは

いかにもヴィジュアル系って感じがしないでもないけど。

でもそこが全然嫌味に感じない。

顔立ちがいいからね。

堀の深さがほんと羨ましいよ。

フロントマン3人が申し分ないルックス。

これがロックバンドの最大の魅力だね。

ちなみにもう一人のギタリストであるフランクもスマートな体型で悪くない。

長髪にヒゲというのがサザンロック系に見えるけどね。

さてさて、ライヴの方はGUNS N' ROSESの曲を交えながらスラッシュの最新作を

中心にしたセットリストで申し分ない。

特に新譜「World On Fire」からの楽曲が抜群にライヴ映えする。

今回のツアーで初めて演奏すると言ってやってくれた"Dirty Girl"

それと"The Dissident"と"Battleground"がことのほか良かった。

なんせこの2曲は新譜のなかでも1,2を争う好きな曲。

今までやってなかったのでまさかここでやってくれるとは。

"Battleground"のギターソロには感動したな〜。

1弦22フレットのチョーキングが今でも思い出される。

トッドがヴォーカルを取った"Doctor Alibi"も素晴らしかった。

アルバムではモーターヘッドのレミーが歌ってたけどトッドのバッドボーイ的な

歌い方もハマってた。

珍しくスラッシュがコーラスを入れる曲でもある。

1本のマイクにトッドとスラッシュが顔近づけて歌うところは絵になるんだな〜。

ガンズ&ローゼズの曲では"You Could Be Mine"が最高!

マイルスの完璧な歌唱力には恐れ入る。

高音パートも早口のパートも素晴らしかった。

ハイライトは"Rocket Queen"だね。

スラッシュのギターソロが長いのなんのって。

途中で気持ち良くなってしまったんだろうね。

ギターソロだけで20分ぐらいやってたんじゃないかな。

ドラムのブレントが大変そうだった。

ダブルネックのギターで奏でる"Anastasia"、ゴールドトップのレスポールに

持ち替えてあのフレーズを流麗に奏でてくれた"Sweet Child O' Mine"

スラッシュのギターはホント素晴らしいね。

アンコールはもちろん"Paradise City"

天国に登っていくような気持ち良さ。

最高のロックンロール・ショーを堪能させてもらいましたよ。

トータル2時間20分ぐらいだったけど長さを全然感じさせない。

もっともっと観ていたいぐらい。

ソロになってからの曲もたくさん揃ってきたしそろそろガンズ&ローゼズ時代の

曲はやらなくてもいいかな〜と思ったけどやっぱりライヴで聴くとイイネ!

ヴェルヴェットリボルバー時代の曲も聴きたいしスネイクピット時代の曲も

やって欲しい。

贅沢なことばかり言うようだけどね。

ファンとはそういうもんですよ。

このままスラッシュ&マイルスで活動を続けて欲しいな〜。

でもマイルスはAlter Bridgeのメンバーだしこの先どうなるんだろうね。

セットリストは下記の通り。

東京公演では何曲か入れ替えたみたいだから全公演観に行きたくなるってもんよ。

SETLIST
01.You're a Lie
02.Nightrain
03.Standing in the Sun
04.Dirty Girl
05.Back from Cali
06.Wicked Stone
07.Ghost
08.Double Talkin' Jive
09.Doctor Alibi
10.You Could Be Mine
11.Out Ta Get Me
12.The Dissident
13.Beneath the Savage Sun
14.Mr. Brownstone
15.Rocket Queen
16.Battleground
17.World on Fire
18.Anastasia
19.Sweet Child O' Mine
20.Slither
〜Encore〜
21.Paradise City







←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2015年02月11日(Wed)▲ページの先頭へ
サマソニ第1弾発表!

ようやくサマソニ第1弾が発表されましたね。

こんな感じ。

PHARRELL WILLIAMS
THE CHEMICAL BROTHERS
D'ANGELO AND THE VANGUARD
IMAGINE DRAGONS
MACKLEMORE & RYAN LEWIS
MANIC STREET PREACHERS
THE SCRIPT
MEW
PASSION PIT
ALL TIME LOW
ECHOSMITH
MAGIC!
MARMOZETS
NICO & VINZ
SHEPPARD
SLAVES
...and more

ヘッドライナーがファレル・ウイリアムスとケミカル・ブラザーズとのこと。

どうでしょう。

私的にはどうでしょう。

まさかのヘッドライナーまったく興味なしってことに・・・。

今年はオーシャンでエンディングを迎えられないかも。

同じブラザーズならオールマンだったらな〜。

その他に目を向けてみるとどうでしょう。

アルバム「ホーリー・バイブル」を完全再現するマニックスはいいね!

オール・タイム・ロウだとかイマジン・ドラゴンズは大歓迎。

それにしてもロック色がいまいち弱いな。

しかも16組も発表されたのに知らないアーティストだらけ。

私の勉強不足なんだけど。

アンド・モアに大いに期待せざるを得ない。

ヘッドライナーを食うようなロック系をお願いしますよ〜。




←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)