SNOW BLIND WORLD - 2015/12

SNOW BLIND WORLD
カテゴリ
SNOW BLIND WORLD
SNOW BLIND WORLD/一覧 (2841)


楽天市場最大の品揃え!
ロックTシャツ専門店!?
ラスティエンジェル
ラスティエンジェル



2015年12月
   
   

新着エントリ
FRANZ FERDINAND 来日決定! (10/27)
CRADLE OF FILTH 来日決定! (10/16)
Louisiana Rain 〜 Tom Petty (10/3)
DREAM THEATER at 豊田市民文化会館 ライヴレポ (9/12)
MAYHEM at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (9/6)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(後半) (9/1)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(前半) (8/31)
ザ西院フェス2017 ライヴレポ (8/25)
MUSE 来日決定! (8/24)
MICHAEL MONROE 来日決定! (8/2)
KRANG at Hikone Cocoza ライヴレポ (7/27)
サマソニタイムテーブル発表! (7/19)
RUINS ALONE at ダンスホール紅花 ライヴレポ (7/13)
Hot Motto Gumbo 2017 at 西部講堂 ライヴレポ!? (7/4)
PRAYING MANTIS & LIONHEART at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (7/3)
PAUL SHORTINO at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (6/23)
REVELLERS at Hikone Cocoza ライヴレポ (6/20)
DREAM THEATER 来日決定!  (6/19)
MUTATION来日決定! (6/7)
MAYHEM来日決定! (6/1)
CAROUSEL KINGS at 彦根Cocoza ライヴレポ (5/25)
IZZY BIZU at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (5/24)
DEVIL SOUND MANIA Vol.4 ライヴレポ (5/2)
START AT ZERO at 彦根COCOZA ライヴレポ (5/1)
NORAH JONES at 名古屋センチュリーホール ライヴレポ (4/28)
サマソニ日割り&追加発表! (4/20)
PAUL SHORTINO 来日決定! (4/11)
PUNKSPRING 2017 FINAL KOBE ライヴレポ (4/7)
#lovefighters (3/31)

新着トラックバック/コメント





ヤングミセスの下着ショップ
「VIECET」

アーカイブ
2006年 (152)
9月 (22)
10月 (47)
11月 (29)
12月 (54)
2007年 (638)
1月 (75)
2月 (58)
3月 (76)
4月 (45)
5月 (41)
6月 (29)
7月 (76)
8月 (53)
9月 (56)
10月 (44)
11月 (43)
12月 (42)
2008年 (417)
1月 (50)
2月 (41)
3月 (36)
4月 (39)
5月 (39)
6月 (34)
7月 (41)
8月 (34)
9月 (44)
10月 (11)
11月 (21)
12月 (27)
2009年 (458)
1月 (35)
2月 (31)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (42)
6月 (43)
7月 (37)
8月 (39)
9月 (43)
10月 (44)
11月 (42)
12月 (35)
2010年 (317)
1月 (35)
2月 (28)
3月 (20)
4月 (28)
5月 (32)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (30)
12月 (23)
2011年 (238)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (14)
4月 (23)
5月 (28)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (13)
10月 (13)
11月 (9)
12月 (9)
2012年 (146)
1月 (11)
2月 (16)
3月 (15)
4月 (12)
5月 (12)
6月 (14)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (12)
11月 (13)
12月 (13)
2013年 (137)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (10)
4月 (13)
5月 (17)
6月 (11)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (12)
10月 (9)
11月 (10)
12月 (15)
2014年 (103)
1月 (16)
2月 (10)
3月 (7)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (7)
7月 (10)
8月 (9)
9月 (7)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (6)
2015年 (97)
1月 (15)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (9)
8月 (10)
9月 (3)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (5)
2016年 (93)
1月 (11)
2月 (4)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (7)
6月 (7)
7月 (8)
8月 (6)
9月 (8)
10月 (7)
11月 (7)
12月 (10)
2017年 (45)
1月 (5)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)


アクセスカウンタ
今日:382
昨日:747
累計:6,048,397


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2015年12月29日(Tue)▲ページの先頭へ
レミー・キルミスター追悼

まさかこんな日が来るなんて・・・。

私の愛してやまない人、モーターヘッドのレミー・キルミスター。

本日、癌のため亡くなられました。

レミーだけは不死身だと信じてたのに・・・。

今年は体調不良のため何度かステージ出演をキャンセルしたり、

ステージに上がっても途中でやめたりとか、調子が思わしくないことが

あったようでとても心配してました。

しかしフジロックでは元気な姿を観ることができ、やっぱレミーは不死身だな〜

って思ってたところ。

パワフルな演奏を1時間以上やってくれたし、まだまだやれると信じてた。

そして夏の終わりにはニューアルバムも出してくれた。

まだまだやってくれると思ってたのに・・・。

フジロックが最後のレミーになってしまいました。

サマソニ大阪が舞洲に移転した2007年、砂埃舞う野外ステージで観たレミー、

ラウドパークが関西でも開催された2010年、神戸ワールド記念ホールで観たレミー、

翌日には埼玉まで追いかけてさいたまスーパーアリーナでも観たレミー。

もっともっと観たかったな〜。

でもレミーの残してくれたロックンロールは永遠です。

今日はとても悲しい。

モーターヘッド聴きながら追悼です。

悲しいのにモーターヘッドのロックンロールで元気になれる。

これがレミーの凄いところ。

映画「極悪レミー」のなかで人生の終わり方についてこんなことを言ってた。

「死ぬときはカミナリにうたれて山から転げ落ちる。

そして最後にこう言われるんだ『またダマされたな』って」

きっとこんな感じで亡くなっていったんだろうね。

ロックンロールな死に方ですよ。


今も耳に残るレミーのフレーズ。

We Are Motorhead, We Play Rock'n Roll!

レミーありがとう!

MOTORHEAD

2015年12月24日(Thu)▲ページの先頭へ
サマソニ2016開催発表!

サマーソニック2016の開催が発表されました。

日程:2016年8月20日(土)・21日(日)

東京会場:QVCマリンフィールド&幕張メッセ

大阪会場:舞洲サマーソニック大阪特設会場

いつもより1週間遅い日程。

千葉ロッテの試合の都合があるからね。

それよりも大阪が例年通り舞洲で開催できるとのことでひと安心。

なんでもオリックス・バファローズが2軍の施設を舞洲に作るとかで

場所もそのものずばりオーシャンステージのところが地図で示されてた。

しかも天然芝の球場を作るとのこと。

これではコンサート会場としては使用出来ない。

でも来年はまだ舞洲使えるんだね。

良かった良かった。

さあ、来年はどんなアーティストが来てくれるのかな。

今年のようなEDMやJ-POP、アイドルばかりのラインナップじゃなく

ロックンロール多めでお願いしたいところ。

サマソニは洋楽フェスのはずだったんだからね。

もう一度基本に返って欲しいなー。

来年こそロックンロールで暑い夏にしたい。

なにはともあれサマソニ開催発表で夏が一歩近づきました。

夏が待ち遠しい!

Summer Sonic 2016

←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2015年12月21日(Mon)▲ページの先頭へ
BOB DYLAN 来日決定!

ボブ・ディランの来日が決定しました。

最近よく来るね。

今回はホールツアーとのこと。

前回、前々回がZEPPツアーだったので観に行ったけど今回はどうかな・・・。

ツアー日程は下記の通り

【東京公演】
2016年4月4日(月)・5日(火)・6日(水)・18日(月)・19日(火)・25日(月)・26日(火)
Bunkamura オーチャードホール 18:30 open/19:00 start
SS ¥25,000(1階席中通路前[座席指定]/税込、特典付)
S ¥16,000(1階席中通路後・2階席・3階席[座席指定]/税込)
A ¥13,000(3階席後方数列[座席指定]/税込)

【横浜公演】
2016年4月28日(木) パシフィコ横浜 18:00 open/19:00 start
SS ¥25,000(1階席中通路前中央[座席指定]/税込、特典付)
S ¥16,000(1階席・2階席・3階席[座席指定]/税込)
A ¥13,000(3階席後方数列[座席指定]/税込)

【仙台公演】
2016年4月9日(土) 東京エレクトロンホール宮城 17:00 open/17:30 start
SS ¥25,000(1階席中通路前[座席指定]/税込、特典付)
S ¥16,000(1階席中通路後・2階席・3階席[座席指定]/税込)
A ¥13,000(3階席後方数列[座席指定]/税込)

【大阪公演】
2016年4月11日(月)・12日(火) フェスティバルホール 18:00 open/19:00 start
SS ¥25,000(1階席中通路前[座席指定]/税込、特典付)
S ¥16,000(1階席・2階席・3階席[座席指定]/税込)
A ¥13,000(3階席後方数列[座席指定]/税込)

【名古屋公演】
2016年4月15日(金) センチュリーホール 18:30 open/19:00 start
SS ¥25,000(1階席後方の中通路前[座席指定]/税込、特典付)
S ¥16,000(1階席・2階席・3階席[座席指定]/税込)
A ¥13,000(3階席後方数列[座席指定]/税込)

チケット高いね。

特にSS席は・・・。

SS席には限定ポスターが付くとか。

しかもそのデザインは初来日時のポスターの復刻版らしい。

それにしても高い。

ZEPPツアーで間近に観れたことがお得感満載だったからな〜。

今回のは割高に感じるよ。

ウドーさんの告知文句がいいね。

「ときめき。新しいディランとの出会い。劇場でボブに会える。

夢かなうプレミアム・コンサート。」

たしかにときめく。

新しいディランってどんなのか気にもなる。

しかしチケットがプレミアム過ぎて手が出ないよ。

でも、74歳になったディランがこうやって来日してくれることは嬉しいことだね。

いつまでも長生きして歌い続けて欲しい。

BOB DYLAN

←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2015年12月15日(Tue)▲ページの先頭へ
KING CRIMSON at 大阪フェスティバルホール 2015.12.12

待望のキングクリムゾン来日公演行ってきました。

12年ぶりとなる来日公演だけど私にとっては人生初のクリムゾン体験。

初めて観ることが出来る生のロバート・フリップ。

もう開場前から胸が高まりすぎてドキドキが止まらない。

こんな興奮するライヴは久しぶりだね。

会場のフェスティバルホールも新装されてから初めて。

改装前は92年のアイアンメイデンのFear of the Darkツアー以来だから

23年ぶりですよ。

赤絨毯でものすごく高級感のある会場に変わってた。

これがまた興奮させられるね。

会場に集まったクリムゾンのファンはなかなかのおじさん率。

コアな空気が漂ってましたよ。

そういった雰囲気も含めてクリムゾンのライヴらしいね。

開演前に写真撮影や録音についての注意事項がアナウンスされる。

ベースのトニー・レヴィンがカメラを持ったら撮影可能といったことが

アナウンスされてちょっとした笑いが起こるのも緊張を緩和していい感じ。

開演時間を10分ほど押したところでクリムゾンのメンバーが登場。

みんなビシっとスーツを着込んでまさに英国紳士といった風貌。

フロントにドラムの3人が座ってトリプルドラムの不思議な光景。

後ろの右端にロバートフリップが座る。

おもむろにヘッドフォンをかけるロバート・フリップ。

雰囲気というかオーラがある。

初めて観る生フリップに本当に実在する人物なんだねって思ったり・・・。

また緊張感に包まれる。

メル・コリンズがフルートを吹き始めてじわじわとライヴがスタート。

小曲を終わらせると今度はヴォーカルのジャッコ・ジャクスジクがギター弾き語りで

「ポセイドンのめざめ」収録の小曲"Peace - An End"をしっとりと聴かせてくれる。

歌いだしのところでエフェクター踏み誤って即座に歌い直すってことが起きた。

ロバート・フリップは表情ひとつ変えず見つめるだけ。

なんかこっちまでどんどん緊張してきましたよ。

でもジャッコの美声が素晴らしい!

まるでグレッグ・レイクを思わせる。

曲間のフルートではメル・コリンズが君が代を披露してくれた。

サービス精神旺盛だね。

この曲が終わるやいなやようやくロバートフリップのギターがかき鳴らされる。

しかし音はヴォリュームペダルでじわじわと大きくなってくる感じ。

これはまさしくあの名曲"太陽と戦慄パート1"

長年聴いてきたこの名曲を生で聴けるなんて感動しまくり。

複雑なギターリフとそこに絡むドラム&ベースのリズム隊。

このリズム隊のお仕事も素晴らしいのなんのって。

ドラム3人が見事に役割が分けられていて完璧なアンサンブルを構築している。

リズム隊による音圧がとにかく凄い。

そのぶんトニー・レヴィンのベースがいまいち目立ってなかったかな。

太陽と戦慄パート1が静かに終わっていくと間髪入れず演奏されたのは"冷たい街の情景"

ジャッコのヴォーカルがこれまたグレッグ・レイクに勝るとも劣らない素晴らしい

歌いっぷり。

さらには1stアルバム「クリムゾンキングの宮殿」から"Epitaph"ですよ。

46年前の名曲がまさか生で聴けるなんて・・・。

もう感動の嵐が収まらない。

自分自身が混乱しかけてる。

まさに歌詞通り混乱は我が墓碑銘、明日が怖い、叫び続けるだろうって感じ。

墓碑銘を刻み込んだあとは新曲のお時間。

1stの曲のあとなのにこれが全然違和感のない流れだった。

それほどしっくりくるいい感じの曲。

"Meltdown"の歌メロもまさにクリムゾンといったところ。

是非とも新譜を聴きたいと思いましたよ。

その流れで今度は2000年代クリムゾンの代表曲である"Level Five"

これもまったく違和感の無い流れ。

今回のツアーではセットリストに80年代エイドリアン・ブリュー在籍のあの3部作からは

選曲されていない。

これが良かったのかもね。

再び70年代のアルバム「太陽と戦慄」に戻って"Easy Money"

このややこしいリズムを3人のリズム隊がいとも簡単にこなし、サビ歌い終わりの

「ピヨヨヨ〜ン」というヘンテコな効果音もちゃんと入れてくれた。

この変なところにも感動しまくり。

「Islands」からジャッコのヴォーカルが冴えわたる"The Letters"そしてそのあと

"The ConstruKction of Light"を挟んでついにあの名曲のギターリフが・・・。

そう"Red"ですよ。

昔から聴き慣れたあのギターサウンドがまったく同じ音でここで再現されている。

座って聴かなければならないライヴだけど立ち上がりたくなった。

そこをじっと我慢するのが大変。

曲中で3人のドラミングがまるでQueenの"We Will Rock You"みたいなリズムになった

のも影響したかな。

"Hell Hounds of Krim"というちょっとしたドラムソロを挟んでまたまたキラーチューン

"21世紀の精神異常者"のあの印象的なギターリフが鳴り響く。

ロバート・フリップは相変わらず座ってたんたんと弾いてるだけなんだけどそこが

かえって狂気じみた光景に思える。

ジャッコのエフェクトかけたシャウトも素晴らしい。

そして一番素晴らしかったのがメル・コリンズの狂ったようなサックスプレイ。

客席からの大歓声におどけて応えるメル・コリンズ。

お茶目でいい人そう。

そしてまたギター&サックスのユニゾンで複雑なリズムの間奏を完璧にやってのけた。

もうため息しか出ませんよ。

凄すぎる!

"21世紀の精神異常者"が終わって興奮冷めやらぬままに今度は"Starless"ですよ。

なにこの凄すぎる流れは・・・。

ロバート・フリップのギターがあの独特の甘いトーンを鳴り響かせて、ジャッコが

静かに歌い始める。

そしてサビでは力強く「バイブル・ブラッーク!」のシャウト。

ジョン・ウェットンの歌いまわしとまったく同じ。

ジャッコは時にグレッグ・レイクだったり時にジョン・ウェットンだったり器用に

どちらも歌えるところがいいね。

そしてこの曲で初めて照明の色が赤に変わる。

今までずっと照明は変わり無しという演出だった。

どうせ照明を赤に変えるなら"Red"の時だろうとみんな思ったはず。

真っ赤な照明でもいいから永久にこの曲が続いてくれたらいいのになんて思った。

しかし終わりの時はやってくるもんだね。

これが本編のラストだった。

メンバー全員が立ち上がるとおもむろにカメラを取り出すトニー・レヴィン。

ここからが撮影タイムの始まり。

ステージ上からと客席からとカメラを向け合うなんか変な光景だったなー。

ゆっくりとステージから去って行くけど当然アンコールが鳴り止まない。

再びステージに登場したメンバーはとても機嫌が良さそう。

これはアンコールの曲にも期待できると思いましたよ。

そして演奏されたのはドラムをフィーチャーした"Talking Drum"

当然この流れはあれが来るだろうと予想したらやっぱりその通り

"太陽と戦慄パート2"来ました!

この曲大好き。

やっぱパート2が最高だね。

最初のギターフレーズが鳴ったところで思わず「うぉおお」という声にならない

声が出てしまいましたよ。

なんか急き立てられるようなこのギターリフとリズム。

不思議な高揚感がある。

静と動の対比が素晴らしい!

そして完璧なクライマックスを迎えてのエンディング。

これで終わりじゃない。

最後の最後にやってくれたのは"The Court of the Crimson King"

この荘厳な感動曲がまだ残ってたかー。

ここでもまたグレッグ・レイクを彷彿とさせるジャッコの歌声。

そして印象的なギターフレーズはジャッコがメインで弾いて途中からフリップに

バトンタッチする鮮やかな連係プレー。

そのタイミングが絶妙なステレオ効果を生んで唸らされました。

この人たちの演奏技術は素晴らしすぎる。

それにメンバー全員まったく合図無しに演奏をピタッと合わせられるのだ。

どんんだけ練習を積んできたことだろうと考えさせられる。

さすがプロ集団ですよ。

さすがクリムゾンですよ。

あっという間に感じた2時間ちょっとのステージ。

最後はまたまたトニー・レヴィンがカメラを持っての撮影タイム。

そして誰もひと言も喋らずにただ観客席に優しい目を向けて去っていくメンバー。

ロバート・フリップが一人残って最後にちょこっと頭を下げて去っていく。

カッコイイ!

69歳でこんなカッコイイ人が他にいるだろうか。

ルックスはカッコ良くないけど存在がカッコイイのだ。

惚れ直したね。

今回のツアーではベストセレクション的なセットリストになってるけどこの日の

大阪公演はその中でも選りすぐりのベスト選曲だったように思う。

今までクリムゾンはファンの望む曲をあえて外してくるようなところがあったけど

今回はどうしてなんだろう。

こんなことは逆にクリムゾンらしくないと思ったりして・・・。

なんかこれが最後のツアーのような気がしてくる。

そうでないことを祈るだけだけど。

今回初めて生のクリムゾンを観たけどとんでもないライヴを観てしまったというのが

率直な感想。

こんなライヴを観てしまったらもう思い残すことは無い。

一生の思い出になった。

ロバート・フリップはじめとするクリムゾンのメンバーに感謝しかない。

それと音響が素晴らしかったフェスティバルホール。

クリムゾンの紡ぎだす細やかな音まで忠実に鳴り響かせてくれたこの

会場にも感謝したいね。


The Elements of King Crimson Tour in Japan 2015
Setlist
01. Peace - An End
02. Larks' Tongues In Aspic Part I
03. Pictures Of A City
04. Epitaph
05. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind)
06. Meltdown
07. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind II)
08. Level Five
09. Easy Money
10. The Letters
11. The ConstruKction of Light
12. Red
13. Hell Hounds of Krim
14. 21st Century Schizoid Man
15. Starless
---ecnore---
16. The Talking Drum
17. Larks' Tongues In Aspic Part II
18. The Court of the Crimson King

King Crimson

King Crimson

King Crimson

ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)

2015年12月08日(Tue)▲ページの先頭へ
IMPERIAL STATE ELECTRIC 来日決定!

インペリアルステイトエレクトリックとザ・タットサンズがカップリングで

来日決定!

ということで喜んでたら日程が喜べない。

●大阪 2016年3月29日(火) 梅田CLUB QUATTRO
OPEN18:00/START19:00
前売¥6,500(スタンディング・税込・ドリンク代別途)

●東京 2016年3月30日(水) 渋谷CLUB QUATTRO
OPEN18:00/START19:00
前売¥6,500(スタンディング・税込・ドリンク代別途)

なんですか、この年度末の日程は・・・。

しかも名古屋飛ばし・・・。

この時期のバックチェリーとかテデスキトラックスとかヴィンテージトラブルの

チケットをもう取ってるからな〜。

キビシイやん。

でも観たい!

Imperial State Electric

←くだらないことつぶやいてます

←お目汚し


ミニスカート&ショートパンツ
ハードダメージデニム★マイクロミニスカートブラックストレッチコットン★マイクロミニスカートストレッチデニム★マイクロミニスカートラインアクセサリー★ホワイト★スーパーローライズショートパンツ
ハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★パープルブラックフェイクレザー★スーパーローライズショートパンツ★フロントファスナーブラックコットンスタッズ★スーパーローライズショートパンツブラックコットンフリルレース★スーパーローライズショートパンツ
ブラックコットンラインストーン★スーパーローライズショートパンツブラックコットンサイドファスナー★スーパーローライズショートパンツブラックコットンハトメ★スーパーローライズショートパンツハトメリング★スーパーローライズセクシーショートパンツ★迷彩アーミー#1
ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★サイドボタンサイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★ブラック サイドオープン★スーパーローライズセクシーショートパンツ★オレンジ ワイルドデニム★スーパーローライズショートパンツ★ハトメ


Tバック水着・マイクロビキニ
マイクロビキニ★ブラック★Tバック水着マイクロビキニ★レッド★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックシルバー★Tバック水着マイクロビキニ★メタリックゴールド★Tバック水着
マイクロビキニ★ホワイト★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着マイクロビキニ★オレンジ★Tバック水着マイクロビキニ★イエロー★Tバック水着


ラスティエンジェル 
川崎優フォトギャラリー(PART 5) 西音寺蓮フォトギャラリー(PART 3) 綺羅マイクロビキニフォトギャラリー(PART 1)