SNOW BLIND WORLD - 2016/06

SNOW BLIND WORLD
カテゴリ
SNOW BLIND WORLD
SNOW BLIND WORLD/一覧 (2841)


楽天市場最大の品揃え!
ロックTシャツ専門店!?
ラスティエンジェル
ラスティエンジェル



2016年6月
     
   

新着エントリ
FRANZ FERDINAND 来日決定! (10/27)
CRADLE OF FILTH 来日決定! (10/16)
Louisiana Rain 〜 Tom Petty (10/3)
DREAM THEATER at 豊田市民文化会館 ライヴレポ (9/12)
MAYHEM at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (9/6)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(後半) (9/1)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(前半) (8/31)
ザ西院フェス2017 ライヴレポ (8/25)
MUSE 来日決定! (8/24)
MICHAEL MONROE 来日決定! (8/2)
KRANG at Hikone Cocoza ライヴレポ (7/27)
サマソニタイムテーブル発表! (7/19)
RUINS ALONE at ダンスホール紅花 ライヴレポ (7/13)
Hot Motto Gumbo 2017 at 西部講堂 ライヴレポ!? (7/4)
PRAYING MANTIS & LIONHEART at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (7/3)
PAUL SHORTINO at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (6/23)
REVELLERS at Hikone Cocoza ライヴレポ (6/20)
DREAM THEATER 来日決定!  (6/19)
MUTATION来日決定! (6/7)
MAYHEM来日決定! (6/1)
CAROUSEL KINGS at 彦根Cocoza ライヴレポ (5/25)
IZZY BIZU at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (5/24)
DEVIL SOUND MANIA Vol.4 ライヴレポ (5/2)
START AT ZERO at 彦根COCOZA ライヴレポ (5/1)
NORAH JONES at 名古屋センチュリーホール ライヴレポ (4/28)
サマソニ日割り&追加発表! (4/20)
PAUL SHORTINO 来日決定! (4/11)
PUNKSPRING 2017 FINAL KOBE ライヴレポ (4/7)
#lovefighters (3/31)

新着トラックバック/コメント





ヤングミセスの下着ショップ
「VIECET」

アーカイブ
2006年 (152)
9月 (22)
10月 (47)
11月 (29)
12月 (54)
2007年 (638)
1月 (75)
2月 (58)
3月 (76)
4月 (45)
5月 (41)
6月 (29)
7月 (76)
8月 (53)
9月 (56)
10月 (44)
11月 (43)
12月 (42)
2008年 (417)
1月 (50)
2月 (41)
3月 (36)
4月 (39)
5月 (39)
6月 (34)
7月 (41)
8月 (34)
9月 (44)
10月 (11)
11月 (21)
12月 (27)
2009年 (458)
1月 (35)
2月 (31)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (42)
6月 (43)
7月 (37)
8月 (39)
9月 (43)
10月 (44)
11月 (42)
12月 (35)
2010年 (317)
1月 (35)
2月 (28)
3月 (20)
4月 (28)
5月 (32)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (30)
12月 (23)
2011年 (238)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (14)
4月 (23)
5月 (28)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (13)
10月 (13)
11月 (9)
12月 (9)
2012年 (146)
1月 (11)
2月 (16)
3月 (15)
4月 (12)
5月 (12)
6月 (14)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (12)
11月 (13)
12月 (13)
2013年 (137)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (10)
4月 (13)
5月 (17)
6月 (11)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (12)
10月 (9)
11月 (10)
12月 (15)
2014年 (103)
1月 (16)
2月 (10)
3月 (7)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (7)
7月 (10)
8月 (9)
9月 (7)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (6)
2015年 (97)
1月 (15)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (9)
8月 (10)
9月 (3)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (5)
2016年 (93)
1月 (11)
2月 (4)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (7)
6月 (7)
7月 (8)
8月 (6)
9月 (8)
10月 (7)
11月 (7)
12月 (10)
2017年 (45)
1月 (5)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)


アクセスカウンタ
今日:380
昨日:747
累計:6,048,395


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2016年06月24日(Fri)▲ページの先頭へ
「Fallen Angels」 BOB DYLAN

ボブ・ディランのスタジオ作品通算37枚目のアルバム「Fallen Angels」

前作「Shadows in the Night」に続いてこれまたスタンダードナンバーを

フランク・シナトラ風に歌うという企画もの。

前作と同じでとても渋い!

なんでも今回のはほとんど一発録音だとか。

そのせいか、ディランの声がとても生々しい。

ちょっと前までのダミ声から最近では枯れた優しい声に変わってきている。

心に沁みるいい歌声なのだ。

75歳というお歳を考えるとこの歌声があとどれくらい聴けるのかと思ってしまうね。

Fallen Angels/Bob Dylan


さて、そんなディランも最近ではすっかりスタンダードを歌いこなす優しい爺さん

に思われがちだけど若かりし頃は反体制のフォークシンガー。

ディランが歌ったプロテストソングは枚挙にいとまがない。

どれもこれも名曲として知られている。

ここ最近日本ではロックフェスに政治団体を参加させるとかで大きな波紋を

呼んでいるようだけど、何をかいわんやですよ。

もともとロックフェスって政治的なものだったんじゃないのかな。

ウッドストックがあれだけ伝説のフェスになってるのも政治的なメッセージが

あったからこそじゃないのかな。

実際、ウッドストックではステージ上でメッセージだけを唱える人も出演してる。

これもまたロックンロールですよ。

今も昔もロックのカッコ良さは反体制にあると思ってるんだけど・・・。

愛と平和を唱えたジョン・レノン、アメリカに生まれてしまったことを嘆いた

ブルース・スプリングスティーン、労働者階級の反抗をみせたセックスピストルズ、

アメリカ南部の保守層を批判し続けているニール・ヤング。

伝えたいメッセージがあるからこそ歌にした人たちですよ。

それがロックンロールなんだよね。

愛がどうした、悪魔がこうしたとか、ドラゴンが出てくるといったファンタジーな

歌もいいけど本当に心揺さぶられるのは伝えたいメッセージが込められた歌だよね。

それが時に政治的であったりするのはよくあること。

それに感化されて政治団体がロックフェスに参加してもいいじゃない。

なにか主張があればすればいい。

パティ・スミスは詩の朗読をしたこともある。

それが自分の思想と違うのなら耳をふさげばいいだけのこと。

ステージに向かってブーイングしてもいい。

きっと盛り上がるよ。

実際、CSN&Yがブッシュを批判したアメリカ南部のツアーでは賛成の拍手と反対の

ブーイングで異様な雰囲気にライヴ会場は包まれてた。(DVD「デジャ・ヴ」より)

こういったところもアメリカは自由でおもしろいね。

ロックは自由なものなんだから。

自由にふるまえばいい。フリーホイーリン!

すっかり枯れたディランの歌声を聴きながらそんなことを思ったりした今日この頃。

ディランの「Fallen Angels」は優しさに満ち溢れてるけどこれもまたロック。

とてもいいですよ。

Bob Dylan

2016年06月20日(Mon)▲ページの先頭へ
ソウルアサイラム・ジャパンツアー日程詳細発表!

ソウルアサイラムのの来日が発表されてからというもの、大阪&名古屋の

日程はどうなるのかとM&Iのホームページを毎日見に行くのが日課となってました。

そしてついに今日発表されました!

名古屋&大阪公演は下記の通り。

11月9日(水)名古屋クラブクアトロ
開場18:00/開演19:00

11月10日(木)梅田クラブクアトロ
開場18:00/開演19:00

先に発表されてた東京公演はこれ。

11月8日(火)渋谷・TSUTAYA O-EAST
開場18:00/開演19:00

やっぱり平日かー。

これは仕方のないことだね。

キャパの小さいクアトロとはいえ埋まるのかとても心配。

もちろん名古屋&大阪両方参加しますよー。

夢にまで見たソウルアサイラムの来日公演なんだから。

生で"Runaway Train"が聴ける日が来るなんて・・・。

彼らを呼んでくれたM&Iさんありがとう!

Soul Asylum


2016年06月16日(Thu)▲ページの先頭へ
BACKYARD BABIES 来日決定!

待ちに待ったバックヤードベイビーズの単独来日公演が決まりました!

これはなにがなんでも観に行かねばならねば。

来日公演の日程は下記の通り。

2016/9/5(月)東京 恵比寿LIQUIDROM

2016/9/6(火)大阪 梅田CLUB QUATTRO

2016/9/7(水)名古屋 CLUB QUATTRO

今回は名古屋もある!

平日だけどなんとかする。

昨年のラウパは観に行ってないから2010年以来となるBYB。

楽しみすぎて興奮状態。

9月が待ち遠しい!

Backyard Babies

2016年06月13日(Mon)▲ページの先頭へ
X-STATE RIDE at 彦根COCOZA ライヴレポ

イタリアのパンクバンド、X-STATE RIDEが彦根にライヴしに来るってことで

観に行ってきました。

彦根くんだりにブッキングしてくれたのはRNR TOURSさん。

ことあるごとに来日アーティストを彦根に呼んでくれてありがたいことです。

会場はいつものCOCOZA。

COCOZAのオーナーであるスーパーみつおさんにも感謝です。

今回の出演は前座に地元のバンドが3つ。

TENICHI、TIME PARADOX、5PM PROMISE

開演時間の6時半ごろCOCOZAに着くと、入口のところにたむろするイタリア人たち。

X-STATE RIDEのメンバーですよ。

缶ビールをすごい勢いで飲んでた。

「日本のビール美味しい!」とか片言日本語で話しかけてくる。

陽気なイタリアンでみんないい子だね。

私がモーターヘッドのTシャツ着てたもんだからみんなで"Ace of Spades"を歌いだす。

ライヴ前にこんな酔っぱらって大丈夫かと心配になりましたよ。

会場内は平日ということもあってかお客さんが超少ない。

前座のバンドがいい感じ会場を温めてくれたけどね。

なかでも5PM PROMISEが特に素晴らしかった。

X-STATE RIDEのメンバーたちも大いに盛り上がってた。

そして出番となったX-STATE RIDEだけど、みんな背負ってたリュックからエフェクター

とか取り出して各自でセッティング。

そのエフェクターもたいしたものではない。

前座の地元バンドの方がエフェクターは豊富でいいもの使ってたぐらい。

パンクはシンプルがいいね。

セッティングが終わってなんの演出も無くおもむろにライヴスタート。

ザクザクとしたツインギターのリフ、疾走するドラムとベースライン。

そしてメロディアスに歌い上げるヴォーカル。

ギターソロもメロディアス。

とてもメタリックなサウンドだけど曲はパンキッシュ。

まさにメロコア。

展開は時にプログレッシヴ。

曲は短いけどね。

ものすごく私好みなバンドですよ。

YouTubeでいろいろ音源聴いてたけど生で観るのは全然違った。

ライヴの方が100倍いいね。

疾走感がたまらない。

この日もやってくれた"1984"と"Comrade Games"が特に大好き。

終盤にやってくれた"Holy Pigs"も良かったな〜。

"Pizza Portrait"では「ピッツァ!ピッツァ!」の掛け合いもあった。

さすがイタリアって感じだね。

終始陽気で楽しくパンク。

途中でギターの5弦が切れるというアクシデントもあったけどそんな小さなことは

気にしない。(5弦はなかなか切れないよ)

それもまたパンク。

片言日本語と片言英語のMCもよくがんばってた。

今日は彦根城を観に行ってきたとかね。

最後はGARLIC BOYSのPETAさんが飛び入りでHi-STANDARDの"Maximum Overdrive"を

共演するというサプライズな演出。

メンバーはPETAさんと共演できることにとても興奮してるようだった。

そして選曲がハイスタというのもおもしろいね。

ハイスタのこともかなり好きみたい。

日本のバンドのこと詳しいね。

私が知らな過ぎるのか・・・。

1時間ほどのライヴだったけど超絶楽しかった!

終わってからすぐに後片付けを始めるメンバー。

どうやらこの日はライヴ会場で雑魚寝したみたい。

泊まるホテルも用意できない貧乏ツアーなんだろうけどそんな境遇でも楽しく

やってるバンドですよ。

陽気なことはバンドにとっていいこと。

これからも応援してあげなければ・・・。

いつか売れてビッグになって戻ってきてほしいね。

楽しいライヴを彦根でやってくれてありがとう!

プロモーターのRNR TOURSさんは今後も海外バンドをどんどん連れて来てくれるとか。

今後の彦根COCOZAでのライヴも是非参加したい。

ヒコネロックシティを盛り上げなければ。

X-STATE RIDE

X-STATE RIDE

X-STATE RIDE

2016年06月09日(Thu)▲ページの先頭へ
X-STATE RIDE 来彦

イタリア/ボローニャ出身のプログレッシヴメロディックパンク/ハードコアレジェンド、

"X-State Ride"の来日公演が遂に決定!

2001年イタリアにて結成。Fast Circle Recordsから日本盤をリリースしていることもあり、

日本での知名度は高く、ずっと来日を待ち焦がれていた人も多いだろう。

結成15周年を記念して行われるツアーの一環として、X-State Rideが長年憧れ続けてきた

ジャパンツアーを開催したいと連絡を貰い、RNR TOURSもファンだった彼らのツアーブッキングを

スタートしました。

各地熱いメロディックプロモーター様の協力の元、全5公演をタイトに駆け抜けます!

6月8日 (水曜日) : 横浜7th Avenue
6月10日 (金曜日) : 滋賀彦根COCOZA HALL
6月11日 (土曜日) : 山梨BODEGA EAST
6月12日 (日曜日) : 山形米沢ARB


ということでX-State Rideがわざわざ彦根くんだりまでやって来てくれます。

プログレッシヴメロディックパンク/ハードコアレジェンドという肩書がいいね。

いろんな要素を詰め込んでる。

とにかく凄そう。

そんな彼らのライヴがいよいよ明日!

ヒコネロックシティが盛り上がるね。

X-STATE RIDE

X-STATE RIDE

2016年06月08日(Wed)▲ページの先頭へ
「Live 1977・Live 1979」 BAD COMPANY

ロック界において最も歌が上手い人、ポール・ロジャース。

異論は認めます。

でも私が思うに一番上手いのはこの人なんだな〜。

しかも声がいい。

最近ではロック界の演歌歌手と言われてるとか・・・。

それほど貫禄のある歌い方をする。

FREE,BAD COMPANY,THE FIRM,QUEENといったバンドに加えてソロ活動や

いろんなミュージシャンとのコラボ。

どれもこれもポール・ロジャースのカラーを出しつつぴったりハマる。

特にQUEENの時なんて絶対無理だろうと思ったけどそれなりにいい感じだった。

でも一番好きなのはバッドカンパニーなんだな。

ほとんどの人がフリーの時代を支持するだろうけど。

初期のフリーはブルースが重すぎて・・・。

バドカンのようなアメリカ受けを狙ったロックが聴きやすい。

なにより楽曲がいいね。

ハードロック、サザンロック、ブルースロック、ポップロックといったいろんな

要素があって飽きない。

しかもそれらの楽曲をいい声で上手に歌いこなす。

ちなみにバドカンはポールが脱退してブライアン・ハウの時代も結構好き。

Bad Company Live In/Bad Company


そんなバドカンがどういうわけか今頃になって発売した古いライヴ盤。

1977年のヒューストン公演と1979年のロンドン公演という2枚組。

77年はアルバム「Burnin' Sky」の時のツアー。

79年はアルバム「Desolation Angels」の時のツアー。

メンバーはもちろん最強の布陣。

ヴォーカル:ポール・ロジャース
ギター:ミック・ラルフス
ベース:ボブ・バレル
ドラム:サイモン・カーク

オーバーダブはいっさい無いとのふれこみ。

これがもう最高のライヴアルバムに仕上がってる。

なにより音質が最高!

なぜ今まで日の目を見なかったのか。

「アルバカーキ 1976」が発売中止になってもうバドカンの全盛期のライヴは

聴けないのかと思ってたところにこのライヴ盤ですよ。

嬉しいね。

収録曲は2つのツアーから選曲されてるのに被りは"Shooting Star"と

"Feel Like Makin' Love"2曲だけ。

Disc-1のヒューストン公演の"Shooting Star"でのポールのヴォーカルが秀逸。

アメリカ公演ということで気合が入ってるのか後半のサビではファルセット

まで交えて歌い上げてる。

逆にロンドン公演は地元ということなのかリラックス・ムード。

ほんの2年違いのライヴだけど聴き比べてみるのもおもしろいね。

その他ほとんどの有名曲は網羅されているのは当たり前のこと。

アルバムのマイナー曲が聴けるのも嬉しいね。

こうなったらアーカイヴとしてすべての年のツアーからライヴ盤出ないかな。

ファンなら全部聴きたいもの。

当時のポール・ロジャースは20代後半から30歳といったところ。

この歳でこんなに完成されてたのかと驚かされる。

ということはフリーの頃は20代前半なんだね。

それであんな渋いブルースロックをやってたのか。

今さらだけど驚かされます。

しかしよくよく考えたら当時は若者たちがこぞってブルースロックやってたんだね。

クリーム然り、レッドツェッペリン然り、フリートウッドマック然り。

それが流行ってたんだからね。

いい時代だったんだな〜。

そんなバドカンは現在も何度目かの再結成を経て現役で活動中。

現在は元イーグルスのジョー・ウォルシュと一緒にアメリカ・ツアーしてる。

最高の組み合わせじゃないですか。

ウドーさんがカップリングで呼びそうな組み合わせ。

是非ともこのまま日本に来て欲しいもんだね。

チケットはお高いことになるだろうけど。

CD 1
01. Burnin' Sky
02. Too Bad
03. Ready For Love
04. Heartbeat
05. Morning Sun
06. Man Needs Woman
07. Leaving You
08. Shooting Star
09. Simple Man
10. Movin' On
11. Like Water
12. Live For The Music
13. Drum Solo
14. Good Lovin' Gone Bad
15. Feel Like Makin' Love

CD 2
01. Bad Company
02. Gone, Gone, Gone
03. Shooting Star
04. Rhythm Machine
05. Oh, Atlanta
06. She Brings Me Love
07. Run With The Pack
08. Evil Wind
09. Drum Solo
10. Honey Child
11. Rock Steady
12. Rock 'n' Roll Fantasy
13. Hey Joe
14. Feel Like Makin' Love
15. Can't Get Enough

Bad Company

2016年06月06日(Mon)▲ページの先頭へ
SOUL ASYLUM 来日決定!

ソウルアサイラム21年ぶりの来日が決まりました。

このニュースには何度も目を疑いましたよ。

ソウルアサイラムの来日公演なんてもうあきらめてたところ。

最近ではアルバムが出ても日本発売が全然無い。

そんな状況なのに来日公演をやってもらえるなんて。

まるで夢のよう。

生のデイヴ・パーナーに会えるなんて。

この喜びは言葉にならない。

もう嬉しくて嬉しくて・・・。

このバンドのことが好き過ぎて好き過ぎて・・・。

プロモーターのM&Iカンパニーになんてお礼を言っていいことやら。

本当にありがとうございます!

来日日程は東京のみ詳細が発表されてます。

11月8日(火)渋谷・TSUTAYA O-EAST

大阪と愛知の公演は近日発表とのこと。

大阪と名古屋公演参加ですね。

東京も行きたいけど・・・。

ソウルアサイラムのために秋の予定を万障繰り合わせる。

秋まで生きる喜びをもらった。

SOUL ASYLUM