SNOW BLIND WORLD - 2017/01

SNOW BLIND WORLD
カテゴリ
SNOW BLIND WORLD
SNOW BLIND WORLD/一覧 (2841)


楽天市場最大の品揃え!
ロックTシャツ専門店!?
ラスティエンジェル
ラスティエンジェル



2017年1月
       

新着エントリ
FRANZ FERDINAND 来日決定! (10/27)
CRADLE OF FILTH 来日決定! (10/16)
Louisiana Rain 〜 Tom Petty (10/3)
DREAM THEATER at 豊田市民文化会館 ライヴレポ (9/12)
MAYHEM at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (9/6)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(後半) (9/1)
SUMMER SONIC OSAKA 2017.8.19 ライヴレポ(前半) (8/31)
ザ西院フェス2017 ライヴレポ (8/25)
MUSE 来日決定! (8/24)
MICHAEL MONROE 来日決定! (8/2)
KRANG at Hikone Cocoza ライヴレポ (7/27)
サマソニタイムテーブル発表! (7/19)
RUINS ALONE at ダンスホール紅花 ライヴレポ (7/13)
Hot Motto Gumbo 2017 at 西部講堂 ライヴレポ!? (7/4)
PRAYING MANTIS & LIONHEART at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (7/3)
PAUL SHORTINO at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (6/23)
REVELLERS at Hikone Cocoza ライヴレポ (6/20)
DREAM THEATER 来日決定!  (6/19)
MUTATION来日決定! (6/7)
MAYHEM来日決定! (6/1)
CAROUSEL KINGS at 彦根Cocoza ライヴレポ (5/25)
IZZY BIZU at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ (5/24)
DEVIL SOUND MANIA Vol.4 ライヴレポ (5/2)
START AT ZERO at 彦根COCOZA ライヴレポ (5/1)
NORAH JONES at 名古屋センチュリーホール ライヴレポ (4/28)
サマソニ日割り&追加発表! (4/20)
PAUL SHORTINO 来日決定! (4/11)
PUNKSPRING 2017 FINAL KOBE ライヴレポ (4/7)
#lovefighters (3/31)

新着トラックバック/コメント





ヤングミセスの下着ショップ
「VIECET」

アーカイブ
2006年 (152)
9月 (22)
10月 (47)
11月 (29)
12月 (54)
2007年 (638)
1月 (75)
2月 (58)
3月 (76)
4月 (45)
5月 (41)
6月 (29)
7月 (76)
8月 (53)
9月 (56)
10月 (44)
11月 (43)
12月 (42)
2008年 (417)
1月 (50)
2月 (41)
3月 (36)
4月 (39)
5月 (39)
6月 (34)
7月 (41)
8月 (34)
9月 (44)
10月 (11)
11月 (21)
12月 (27)
2009年 (458)
1月 (35)
2月 (31)
3月 (31)
4月 (36)
5月 (42)
6月 (43)
7月 (37)
8月 (39)
9月 (43)
10月 (44)
11月 (42)
12月 (35)
2010年 (317)
1月 (35)
2月 (28)
3月 (20)
4月 (28)
5月 (32)
6月 (29)
7月 (29)
8月 (23)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (30)
12月 (23)
2011年 (238)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (14)
4月 (23)
5月 (28)
6月 (24)
7月 (26)
8月 (20)
9月 (13)
10月 (13)
11月 (9)
12月 (9)
2012年 (146)
1月 (11)
2月 (16)
3月 (15)
4月 (12)
5月 (12)
6月 (14)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (12)
11月 (13)
12月 (13)
2013年 (137)
1月 (14)
2月 (9)
3月 (10)
4月 (13)
5月 (17)
6月 (11)
7月 (7)
8月 (10)
9月 (12)
10月 (9)
11月 (10)
12月 (15)
2014年 (103)
1月 (16)
2月 (10)
3月 (7)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (7)
7月 (10)
8月 (9)
9月 (7)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (6)
2015年 (97)
1月 (15)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (9)
8月 (10)
9月 (3)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (5)
2016年 (93)
1月 (11)
2月 (4)
3月 (9)
4月 (9)
5月 (7)
6月 (7)
7月 (8)
8月 (6)
9月 (8)
10月 (7)
11月 (7)
12月 (10)
2017年 (45)
1月 (5)
2月 (6)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (3)


アクセスカウンタ
今日:380
昨日:747
累計:6,048,395


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2017年01月24日(Tue)▲ページの先頭へ
GUNS N' ROSES at 京セラドーム大阪 ライヴレポ

ガンズ&ローゼズ(以下GNR)の大阪公演行ってきました!

とにかく素晴らしかった!

終始コーフンしっぱなしだった。

アクセル、スラッシュ、ダフが揃うというGNR、そりゃコーフンするってもの。



会場は京セラドーム大阪。

ファンの多くはライダースの革ジャンというのがいいね。

バンダナ巻いたアクセルコスプレも多数。

とてもいい光景。

13時過ぎに会場到着したのに物販は長い列。

先頭集団にお友達を見つけてTシャツ頼みました。

けぇさんありがとう!

私の座席の方はというとS席の座席指定。

開場から2時間後の開演というタイムスケジュール、さらには前座が付くということで

椅子が無いと耐えられないと思ってね。

指定席はアリーナの最前ブロックど真ん中ですごく見やすい位置。

サウンドバランスも抜群!

18時になって前座のBABYMETALが登場。

重低音の響くメタルサウンドに女の子3人のお遊戯が可愛いね。

しかし会場の反応はすこぶる鈍い。

GNRのファンにアイドルのブッキングは無茶だったかもね。



ベビメタちゃんたちは30分そこそこでサクっと終わっていよいよGNRの登場。

ここからどれだけ待たされるのかとまったり座って待つことに。

しかし19時をまわったところでスクリーンにGNRのロゴが浮かび上がって始まりそう

な感じになってきた。

こんなに早く始まってしまうのかと戸惑いましたよ。

そして19時過ぎに会場が暗転してスラッシュ、ダフが登場。

ちょっと遅れてアクセルも出てきた。

時間通りに始めるなんてアクセルも丸くなったもんだな〜。

体型も丸くなったけど。

でも2007年の来日時よりはちょっと痩せたかな。

オープニングは"It's So Easy"と来たもんだ。

大盛り上がり。

「ファックオフ!」の掛け声もめちゃくちゃ楽しい。

ステージの両脇にスラッシュとダフがいてその真ん中にアクセルがいる。

こんな光景を観られるなんて幸せの絶頂ですよ。

そして間髪入れずに"Mr. Brownstone"

横揺れしながらリズムを取るアクセルのステージアクションは昔と同じ。

ライダースジャケットによれよれのジーンズという出で立ちがカッコイイ。

昔のアクセルの奇抜なファッションは好きになれなかったから今の方がいい。

スラッシュは革パンにカットオフしたTシャツ。

You Complete Meという文字が入ってた。

トレードマークのシルクハットは新調したのかな!?

質感がフェルトっぽく見えた。

ダフはというと相変わらず細マッチョ。

体系が昔と全然変わってないところが素晴らしい!

一挙手一投足、その立ち居振る舞いがロックンローラー以外の何者でもない。

見惚れてしまいましたよ。

そして"Chinese Democracy"が演奏される。

この曲をついにスラッシュとダフが弾くことになるとはね。

いろいろ感慨深いものがありましたよ。

「ジャングルオーサカ!」とアクセルの煽りで始まったのはもちろん名曲中の名曲

"Welcome To The Jungle"

ここで早くも最高潮の大盛り上がり。

「シャナナナナ、ニー、ニー!」

アクセルの声も良く出てる。

オーディエンスの声も良く出てる。

"Double Talkin' Jive"はスラッシュの見せ場がたっぷり。

このスピードナンバーに合わせてダッグウォークを決めるところがカッコイイ。

スラッシュはまさにギタリストの理想形ですな。

"Better","Estranged"とクールダウンさせてしっとり歌うアクセルもいい。

そしてポール・マッカートニーのカバーで定番の"Live and Let Die"

この曲の途中で速くなる部分でアクセルが走り回るのを期待したけど昔のような

動きはもう無かったね。

それは仕方ないこと。

あの体型だからね。

でもこの曲大好きだから大いに楽しめた。

そして私の一番好きな曲"Rocket Queen"

横揺れしながら歌うアクセル、そしてスラッシュのかっこいいギターリフ、

腰に来るリズムを醸し出すダフたち。

スラッシュの長めのギターソロもいいね。

スクリーンには骸骨がいろんな体位で絡み合うエロ映像。

このお下品さこそロックンロールですよ。

ベビメタの子たちもこれぐらいエロくてお下品なことやって欲しいね。

立て続けにこれまた人気曲の"You Could Be Mine"

ダフがリードヴォーカルを取るパンクソング"Attitude"はミスフィッツのカバー。

"This I Love"ではスラッシュが官能的なギターソロを聴かせてくれた。

"Civil War","Coma"と長尺曲を立て続けにやってくれたけどこれらはライヴ映えするね。

CDで聴くより数倍カッコ良かった。

そしてスラッシュのギターソロのお時間。

もちろんゴッドファーザー愛のテーマですよ。

我々世代には暴走族のクラクションでお馴染み。

しかしスラッシュのレスポールで奏でられる愛のテーマがとても感動的。

こんな風にギター弾かれたら男の私でも惚れてしまいそうになる。

そして名曲"Sweet Child O' Mine"のあのイントロを奏でだすスラッシュ。

もう完全に惚れた。

この名曲にサビではアクセルに合わせて会場大合唱。

アクセルの声が後半出にくそうだったけどそんなことは関係ない。

みんなで歌えばいいんだからね。

ドラムの上に組まれた2階のステージでツインギターで奏でられるのはピンクフロイドの

カバーで"Wish You Were Here"(邦題:あなたがここにいて欲しい)

いやいや、あなたたちがここにいてくれるおかげで私は幸せですよ。

ギターの音色にうっとりしてるあいだにステージ中央にグランドピアノが設置された。

もちろん"November Rain"

アクセルのピアノ弾き語りで歌われるこの曲がとても美しい。

そして途中から加わるスラッシュのギター、そして泣きのソロ。

もう最高!

後半の部分で流れるようなパイロの滝は今回無かったのが残念だけど。

パイロはドームで使わせてもらえないからね。

ディランのカバーで"Knockin' on Heaven's Door"

本家がディランがほとんどライヴでやらないこの曲だからGNRがやってくれるのは

とても嬉しいこと。

サビの掛け合いでは会場大合唱、そしてスクリーンには巨乳の女性を映し出してくれた。

これには会場がザワついたね。

カメラマングッジョブ!



ステージ最前に供えられたラッパの合図で「ポッポー!」という汽笛。

大好きな"Nightrain"ですよ。

飛び跳ねて大盛り上がりでした。

京セラドームはジャンピング禁止だけどここは辛抱できなかった。

アンコールはそんな辛抱たまらん"Patience"

その前にストーンズの"Angie"を奏でてくれたのも良かった。

つい歌ってしまったね。

アクセルの口笛から始まるこの切ないバラードが胸に沁みる。

この頃になるとアクセルのハイトーンはボロボロだけどそれもまた味があっていい。

ザ・フーの"The Seeker"を挟んで最後はもちろんこの曲"Paradise City"

何回も言うけどアクセル、スラッシュ、ダフが揃ってこの曲をやってくれるなんて、

まるで夢のよう。

あれだけケンカしてた彼らがこうやって一緒にステージ立ってるなんて数年前は

考えられなかったことだからね。

変なところでアクセルが笛を吹こうがもう関係ない。

最後は紙吹雪が炸裂してまさに天国のような光景。

オーサカがパラダイスシティになりましたよ。



メンバー全員で一礼して夢のような時間はあっという間に終わりました。

あちこちに笑顔で手を振るアクセル。

こんな愛想いい人だったっけ・・・。

世界で一番危険なロックンローラーだったはずなんだけど。

風貌も丸くなったけど性格も丸くなったんだね。

楽しい楽しい2時間半でした。

こうやってこのメンバーで来てくれたGNRに感謝です。

ロックンロールの楽しさ、カッコ良さ、すべての魅力が凝縮されたライヴでした。

次は何年も待たせずにまた近いうちに来て欲しいもです。

SETLIST
01. It's So Easy
02. Mr. Brownstone
03. Chinese Democracy
04. Welcome to the Jungle
05. Double Talkin' Jive
06. Better
07. Estranged
08. Live and Let Die (Wings cover)
09. Rocket Queen
10. You Could Be Mine
11. Attitude (Misfits cover)
12. This I Love
13. Civil War
14. Coma
15. Speak Softly Love (Love Theme From The Godfather)
16. Sweet Child O' Mine
17. Wish You Were Here (Pink Floyd cover)
18. November Rain
19. Knockin' on Heaven's Door (Bob Dylan cover)
20. Nightrain
〜Encore〜
21. Patience
22. The Seeker (The Who cover)
23. Paradise City


2017年01月11日(Wed)▲ページの先頭へ
「Blue & Lonesome」 THE ROLLING STONES

ローリングストーンズが久しぶりに新譜を出したと思ったら全曲ブルースの

カバーアルバムで、なんと3日間でレコーディングを済ませたとか。

さすがストーンズですな。

ブルースは一発録りに限る。

音質も一発録りらしくどこか古めかしさを感じる。

こういうところがブルースの良さだね。

ストーンズもブルースも大好きな私にはお気に入りの一枚になりました。

しかし、今頃になって何故ブルースのカバーアルバムなんだろう。

本当は50年前にこれをやりたかったんじゃないだろうか。

ストーンズがブルースに傾倒したのはブライアン・ジョーンズの影響だから。

当時は彼が一番ブルースを愛してたと思う。

彼が在籍してるときにこんなブルースアルバム作ったら良かったのにな〜

なんてことを思ってしまうね。

これはブライアン・ジョーンズに捧げたアルバムなんだろうか。

Blue & Lonesome (Standard Jewel Case)/The Rolling Stones


アルバムの内容はというとこってりしたブルースばかり。

普通ならやるであろうロバート・ジョンソンのカバーはまったく無い。

なぜかリトル・ウォルターのカバーが多い。

そのせいかミック・ジャガーのブルースハープがフィーチャーされてる楽曲が多い。

ミックのハープは迫力あって凄くいい。

それ以上に凄いのがミックのヴォーカル。

とても70歳を過ぎた爺さんが歌ってるとは思えない。

全編力強いブルースになってる。

そしてミックの声はスタンダードなブルースにも合うね。

しかしギターは何故かとても控え目。

ギターソロが少ないんだなー。

キースもロニーもブルースギター得意なはずなのに。

特にロニーのスライドは入れて欲しかったなー。

その代わりこのアルバム流しながら一緒にギターを弾くのがとても気持ちいい。

ストーンズの演奏をバックにギターソロを弾けるからね。

といっても私は下手だからペンタトニックでコードをなぞるようなソロしか弾けないけど。

ギターやってる人は試してみるといい。

これが結構楽しい。

一応楽曲のリストとカバー元のアーティスト、そしてギターコードのKeyを書いときます。

2曲目と8曲目なんてワンコードで押し切るブルース。

それ以外はすべてスリーコード。

ミックの歌に合わせてオブリガードを入れたりするのも楽しい。

01. Just Your Fool (A) リトル・ウォルター
02. Commit a Crime (A) ハウリン・ウルフ
03. Blue and Lonesome (Dm) リトル・ウォルター
04. All of Your Love (A) マジック・サム
05. I Gotta Go (A) リトル・ウォルター
06. Everybody Knows About My Good Thing (G) リトル・ジョニー・テイラー
07. Ride 'Em On Down (B) エディ・テイラー
08. Hate to See You Go (G) リトル・ウォルター
09. Hoo Doo Blues (D) ライトニン・スリム
10. Little Rain (A) ジミー・リード
11. Just Like I Treat You (G) ハウリン・ウルフ
12. I Can't Quit You Baby (A) オーティス・ラッシュ




2017年01月09日(Mon)▲ページの先頭へ
ベストチューン2016

darko.jpg

昨年の私のお気に入り曲をPVで適当に並べてみました。

PVの無いのもいくつかあったりするけど・・・。


ジンジャーの変態的な作曲能力が炸裂!

PVも素晴らしい!

Ginger Wildheart "Don't Lose Your Tail Girl"



往年のボンジョヴィらしいフックの効いたメロディアスな楽曲。

大人が遊園地で楽しく遊んでるPVも最高!

Bon Jovi "Roller Coaster"



グリーンデイのポップでメロディアスな楽曲もまた素晴らしい。

Green Day "Still Breathing"



哀愁のメロディーはウィーザーの得意とするところ。

PVも作って欲しいな〜。

Weezer "Do You Wanna Get High?"



NOFXらしい爽やかなポップパンク。

これもPVをちゃんと作って欲しい。

NOFX "California Drought"



ノラ・ジョーンズのアップテンポな曲。

こんな曲でもノラちゃんらしいスモーキーヴォイスが合うね。

Norah Jones "Flipside"



ソウルアサイラムはデイヴ・パーナーの声が最高。

ファンが作ったこのPVも最高!

Soul Asylum "Don't Bother Me"



これぞヴォルビート節といった楽曲。
どこかで聴いたことあるような感じだけどそれもまた良し。

Volbeat "For Evigt" ft. Johan Olsen



ジンジャーの配信のみで発表された楽曲。

ドラムもベースもジンジャーが担当してる。さすが天才!

Ginger Wildheart & Ryan Hamilton "Fuck You Brain"



これは私がちょこっと映ってるPV

Darko "Canthus Viewpoints"

2017年01月06日(Fri)▲ページの先頭へ
ベストアルバム2016



毎年恒例のこれをやってみますか。

個人的に今の気分で選んだベストアルバム2016

でも昨年はあまり新譜を買わなかったなー。

ということで選ぶのが簡単だった。

1位 DREAM THEATER 「The Astonishing」

ドリームシアターの新譜は賛否両論あるみたいだけど私は大好き!
2枚組の超大作はコンセプトアルバムということでとてもドラマチックな内容。
演奏力の凄さをゴリ押しせずラブリエの歌を前面に出したのが良かった。
アルバム完全再現で来日公演をしてくれなかったのがとても残念。


2位 BETH HART 「Fire On The Floor」

ベス・ハートの声が大好き。
ソウルフルなヴォーカルは聴き手の魂まで揺さぶるね。
アップテンポからスローバラードまですべての楽曲が素晴らしいアルバム。


3位 GREEN DAY 「Revolution Radio」

グリーンデイの新譜は安定のグリーンデイ節。
楽曲の良さはさすがポップパンクのベテランといったところ。
初期の荒々しさも忘れてないところがいいね。


4位 TEDESCHI TRUCKS BAND 「Let Me Get By」

あらゆるジャンルを取り込んでテデスキトラックス風に昇華したアルバム。
どこか懐かしさと温かみを感じるサウンド。
スーザンとデレクの仲睦まじさが音に現れてるのかも。


5位 BON JOVI 「This House Is Not For Sale」

盟友リッチー・サンボラが脱退して本格的に作ったアルバムがこんなに素晴らしいとは。
良い意味一番期待を裏切ったアルバムかも。
楽曲がどれもこれも素晴らしくてジョンの歌声も力強い。


6位 NOFX 「First Ditch Effort」

ポップパンクの大ベテランNOFXがここにきて素晴らしいアルバムを出してくれました。
ポップなメロディーが爽やかなカリフォルニアの風を感じるね。
パンクなのに爽やかなのはさすがNOFXといったところ。


7位 WEEZER 「Weezer(White Album)」

こちらも爽やかなアルバムを出してくれたウィーザー。
サマソニも素晴らしかったしこれは夏に聴きまくったな〜。
哀愁のメロディーを含んだ青春ロックンロールは大好物。


8位 MUDCRUTCH 「2」

トム・ペティが突然マッドクラッチとして2枚目のアルバムを出してきました。
リラックスムードで楽しくやってるのが聴き手にも伝わってくる作品。
大ベテランの余裕がなせる業ですな。


9位 SOUL ASYLUM 「Change Of Fortune」

久しぶりに来日してくれたソウルアサイラムは新譜の日本盤も発売された。
こんな嬉しいことは他に無いね。
デイヴ・パーナーのハスキーヴォイスはますます磨きが掛かってセクシー。


10位 VOLBEAT 「Seal The Deal & Let's Boogie」

ヴォルビートらしいロックンロールがたっぷり詰まったアルバム。
カントリーやフォークといったアメリカーナを吸収してポップなメロディーに仕上げ、
そこにザクザクしたギターが絡み合って独特の雰囲気を醸し出すところがいいね。


11位 THE STRUTS 「Everybody Wants」

ストラッツのデビューはフレディー・マーキュリーの後継者現るといった感じ。
ルークの存在感、歌唱力はまさにフレディー2世。
メンバーのルックスも愛らしくてロックスターに駆け上がる要素をすべて備えている。


12位 NORAH JONES 「Day Breaks」

2児の母親になって作られたノラ・ジョーンズの新譜は優しさに包まれたアルバム。
スモーキーヴォイスにますます癒される。
ニール・ヤングのカバーも秀逸。


というわけで12枚を選んでみたけど他にもいろいろ素晴らしいアルバムがあった。

ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランの新譜も良かったし、ニール・ヤングは2枚も

アルバムを出してくれた。

キングクリムゾンは先の日本公演から3枚組のアルバムを出してくれた。

ローリングストーンズもブルースカバーアルバムを出したりベテラン健在を印象付ける

年だったかな。

我らがGiNGERはHEY!HELLO!とGiNGER WiLDHEARTとして2枚のアルバムを出してくれた。

WiLDHEARTSとしてはPHUQ完全再現のライヴアルバムも出してくれた。

GiNGERの精力的な活動はファンにとっては一番嬉しいこと。

その他、2016年に出たアルバムでまだまだ紹介漏れがあるし、まだ買えてないものも

あったり、もう買うのやめようかというものもあったり・・・。

これから不定期でぼちぼち紹介していきます。

拙いアルバムレビューを今後ともよろしくお願いします。

2017年01月04日(Wed)▲ページの先頭へ
ライヴレポまとめ2016

あけましておめでとうございます。

最近はブログ更新が滞りがちになっておりますが今年もゆる〜くやっていきます。

どうぞよろしくお願い致します。

さてさっそくですが、今年のブログ更新第1弾は昨年の振り返りでライヴレポを

ざっとまとめてみました。


NATE RUESS at 大阪BIG CAT ライヴレポ



FRIENDS WITH THE ENEMY at 彦根COCOZA ライヴレポ



BUCKCHERRY at Umeda Akaso ライヴレポ



IMPERIAL STATE ELECTRIC at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ



THE DATSUNS at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ



TEDESCHI TRUCKS BAND at 名古屋市公会堂 ライヴレポ



VINTAGE TROUBLE at 大阪BIG CAT ライヴレポ



STRYPER at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ



祝春一番2016 5月5日 ライヴレポ



是巨人 at ダンスホール紅花 ライヴレポ



MICHAEL MONROE at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ



BLACK EARTH at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ



いつまでも世界は・・・2016 at 都雅都雅 ライヴレポ的なもの



X-STATE RIDE at 彦根COCOZA ライヴレポ



HOT MOTTO GUMBO 2016 ライヴレポ!?



西院MUSIC FES ライヴレポ



SUMMER SONIC OSAKA 2016 ライヴレポ 8/21(日)その1



SUMMER SONIC OSAKA 2016 ライヴレポ 8/21(日)その2



SUMMER SONIC OSAKA 2016 ライヴレポ 8/21(日)その3



BACKYARD BABIES at 梅田クラブクアトロ ライヴレポ


タイトルに拙いライヴレポがリンクしてます。

こうやってまとめてみるといろいろ行ってるなー。

印象的だったのは久しぶりに大阪に来てくれたストライパー。(27年ぶり)

初めて生で聴いた"Always There For You"にはものすごく感動した。

久しぶりといえばソウルアサイラムもそう。

こちらは21年ぶりの来日。

名曲"Runaway Train"はいろんなものがこみあげてきて本当に涙出た。

一番盛り上がったのはヴィンテージトラブル。

タイ・テイラーの盛り上げ上手!

とても楽しかったな〜。

楽しかったのはバックチェリー、インペリアルステイトエレクトリック、マイケル・モンロー、

バックヤードベイビーズといったバッドボーイズロックンロールたちもそう。

何回も観てるバンドばかりだけど毎回楽しい。

凄かったのはサマソニで初めて観た上原ひろみさん。

演奏が凄いとは聞いてたけどここまで凄いとは・・・。

笑顔(顔芸!?)も素敵でした。

吉田達也さん率いる是巨人も凄かった。

ポリリズムをふんだんに取り入れたとんでもない演奏技術で唖然とさせられた。

こんな凄いバンドが彦根に来てくれたことがなによりうれしいね。

彦根といえばCOCOZAで観たフレンズウイズジエネミー、Xステイトライド、ダルコ、ラス

といったパンクバンドたち。

海外からわざわざ彦根くんだりまでライヴやりに来てくれるんだから嬉しいね。

お礼として大いに盛り上げてやりましたよ。

これからも海外バンドどんどん呼んでください。(RNRさん宜しく!)

昨年は日本のアーティストもいろいろ観ました。

祝春一番やホットモットガンボは毎年恒例だけど、昨年は「いつまでも世界は・・・」や

西院ミュージックフェスといった京都のイベントにも出かけました。

どれもカサスリムさん目当てで観に行ってるんだけど、他にも関西のおもしろミュージシャンを

たくさん観れるのがいいね。

「朝起きたら・・・」でお馴染みのあの小林万里子さんが観れたこと。

小学校の頃からの念願が叶いました。

昨年観たライヴでどれが一番かというとどれもこれも甲乙つけがたいけど、

やっぱりソウルアサイラムかな。

なんせこれだけは個人的な思い入れが違うバンド。

私の中で別格なんですよ。(ワイルドハーツもそうだけど)

ソウルアサイラムを観れたことが一番幸せなことだったな〜。

そして今年はどんなライヴを楽しませてもらえるのか。

今月はついにアクセル、スラッシュ、ダフが揃うガンズ&ローゼズが観れる。

それとワイルドハーツ1夜限りの東京公演。

2月には昨年のサマソニに続いて今回は単独来日してくれるザ・ストラッツ。

3月は最後になるパンクスプリング。

4月はノラ・ジョーンズ、といったところまで予定が決まってる。

もちろんサマソニも行きたいしハルイチも行く。

やっぱライヴがいいんですよ。

panic09.jpg